2019年9月23日  -  観光施設 / 史跡・遺跡

観光施設 / 史跡・遺跡

【三瓶小豆原埋没林 /大田市】まるで小人になったみたい! 4,000年前の巨木の森にタイムスリップ

島根県のほぼ中央にそびえる「三瓶山(さんべさん)」の麓で発見された、縄文時代の杉の巨木の林。三瓶山の火山活動によって埋もれ、約4,000年の時を経て発掘された。
直径1m超の巨木が地下の神秘的な空間に立ち並んでいる姿は、壮観の一言! 世界的にも類を見ない規模と保存状態の“埋没林”で、国の天然記念物に指定されている。

歴史的にも、地質学的にも貴重な世界有数の“埋没林”。

「縄文時代の森を見る」――この言葉を耳にしたあなたは、一体どんな光景を思い浮かべるでしょうか?

ここ『三瓶小豆原埋没林(さんべあずきはら・まいぼつりん)』は、杉と少数の広葉樹からなる約4,000年前の森です。大きなものは直径2mを超える巨大な幹を持つ木々が立ち並び 、縄文時代の日本列島に存在した森をほうふつとさせてくれます。

悠久の時に育まれた、古代の森の姿――それは現代人が知る自然とは対照的なスケールで、我々を圧倒してくれます。連綿と築き上げられてきた、人と自然との歴史。それを無言で物語る貴重な遺産です。

三瓶山は約10万年前から7回の活動期を経ており、『三瓶小豆原埋没林』は7回目の噴火活動によって形成された。その当時の森が生きていた頃のままに根を張り、長い幹を残したままで直立している。

三瓶山の遠景。噴火によって北側の斜面が大きく崩れ、それが土石流となって流れ出し、豊かな縄文の森を一瞬にして地中に封じ込めた。
三瓶山は「国引き神話」にも登場する独立峰で、中国地方で最も新しい火山。『三瓶小豆原埋没林』を埋めた約4,000年前の噴火が、最新の活動と見られている。

このような“埋没林”は、日本国内に約40ヶ所確認されています。そして世界各地でも見つかっていますが、そのほとんどは根株だけを残したもの。『三瓶小豆原埋没林』のように、長さ10mを超える幹がいくつも林立している景観は極めて稀だそうです。

少なくとも国内では、海からの飛び砂に覆われた青森県の「猿ヶ森ヒバ埋没林」を除いて例がなく、世界でも報告例がありません。

巨木の森を地中に埋もれさせた火山活動の凄まじさと、約4,000年もの時を経て姿を留めている不思議に、驚きを感じてみましょう。

「縄文の森」を見て、触れて、感じよう!

『三瓶小豆原埋没林』の特徴は、近づくといまだに濃く漂ってくる木の香りと、悠久の歳月をかけて育ったことを示す無数の年輪です。
それらに注目しながら、2つの展示棟を巡ってみましょう。

●縄文の森 発掘保存展示棟 (大展示棟)

『三瓶小豆原埋没林』を発掘されたままの状態で展示している、迫力満点の施設です。
直径30m・深さ13.5mの地下展示室で、らせん状の階段とスロープで降りていく構造は、古代への旅を思わせます。

地上部分は低い平屋建てにしか見えず、屋上も緑化されているので、ここを見ただけでは地下に広大な展示場があることは想像もつきません。気づかずに通り過ぎてしまう人もいるので、ご注意ください。
それでは、いよいよ驚きの地下空間にもぐってみましょう。

いざ地下に降りていくと、目もくらむほどの巨木たちが現れます。
高さ12m・根元の直径が2.5mにも達する巨大杉をはじめ、7本の立木と11本以上の流木を展示。立木の樹種はスギの巨木が3本と、トチノキ・カシ・ムクロジ・ケヤキです。

立木は床面から約50cm下にある縄文時代の地盤に根を張ったままで保存されており、かつての姿をそのまま見せてくれます。

さらにコース内の「見学デッキ」からは、立木に触れられるほどの近さで見学できます。樹皮を残したままで立つ巨木は、まるで今も生きているかのような迫力!

その足元には倒木も展示されており、これらは埋没林を作り出した土石流に流されて、この地まで運ばれてきたものです。発掘当時はさらに多数の倒木が折り重なって埋もれていました。

こちらは断面に直接触れられる倒木で、間近で見ることができる年輪は非常に緻密。細かい部分は幅1mmにも満たず、『三瓶小豆原埋没林』の巨木たちが暗い古代の森の中でゆっくり時間をかけて育っていったことを示しています。

これらの巨木の樹齢は、計測できたもので大きな木は650年程度。樹種は杉を主体として、トチノキ・カシ・ケヤキなどの広葉樹が若干混じっているそうです。

これらが埋もれた年代は、“放射性炭素年代測定”という技術で測定。結果は3,500~3,700年前で、この年代測定法固有の誤差を暦の年代に補正すると、約4000年前という結論が出ました。

●根株展示棟 (小展示棟)

『縄文の森 発掘保存展示棟』を出て敷地の奥に進むと、『根株展示棟(小展示棟)』が現れます。
こちらは三瓶山の自然を総合的に紹介している施設・『三瓶自然館サヒメル』に展示されている立木を発掘した場所で、その“発掘抗”を立木を伐りだした後に保存して、残された根株を展示しています。

『根株展示棟』の扉をくぐると、地下に降りられるらせん階段が現れます。上からのぞくと13mもの深さにびっくり! 底には根元が二股に分かれた「根株」が鎮座しており、切断面には年輪の中心が3個も見られます。

というのも、この木は別の倒木の上で芽生えたものの、約400年もの歳月をかけて育つうちに、土台となっていた倒木が朽ちてしまいました。そのため倒木の上に張っていた根が、1本の幹のようになって融合したのです。二股になっている部分は、2本の木が融合しきれなかった名残りです。

自然の不思議を感じられる、貴重な二股の根株。

『三瓶自然館サヒメル』に展示されている、2本の立木と1つの根株。山の斜面に張り付くように根を張っていた根株には、太古の森に生きていた力強さが漂っている。

同じく『三瓶自然館サヒメル』で見られる、立木を切断した「輪切り標本」。443本の年輪を持ち、それらの幅も測定されていて、“年輪年代法”という年代を測定する技術の基礎資料ともなっている。

地元の教師が導いた歴史的な発見。

『三瓶小豆原埋没林』を発見したのは、ひとりの高校教師でした。
地元・大田市の「大田高校」などに勤め、「三瓶火山」の研究者でもあった松井整司氏が、1990年に水田の地下で見つかった巨木の写真を目にして、「三瓶山の地底には森が埋もれているのかも知れない」と気づいたのです。

そのきっかけとなった写真は、1983年に水田の工事が行われた際のものでした。
立派な巨木が立った状態で埋もれている写真を見て、松井氏は「これらの木々は、森のままの状態で埋もれているのかもしれない」と直感。そして定年退職後に独自に調査に取り組み、1998年の『三瓶小豆原埋没林』の発見につなげたのです。

こちらは発掘直後に切断された「埋もれ木」の写真です。切ると生木と変わらない色が現れましたが、見る間に変色して黒っぽくなってしまったそうです。

こうして発見された『三瓶小豆原埋没林』は、縄文の森を今に甦らせたタイムカプセルとして、世に知られるようになりました。世界的にも貴重な存在で、多くの研究者に注目されています。

発掘作業の様子。『三瓶自然館サヒメル』に展示することを目的に、1999年から約2年がかりで行われた。発掘抗の中にこつ然と現れた立木は、展示で見られる立木とはひと味違った迫力!

高さ12m超の立木の発掘作業の様子。見つかった中でも最長クラスのこの立木は、通常の建物の3~4階分に相当する深さだった。それを傷つけずに掘り出すために、周囲を強固な鋼管を組み合わせた「連続地中壁」で囲ってから掘り進め、巨大な幹を発掘した。

古代から連綿と続く自然の営みを感じよう。

古代の壮大な自然と、歴史の驚異を目の当たりにできる『三瓶小豆原埋没林』。その敷地内には、他にも千葉県の約2,000年前の地層から発見された「古代ハス」が咲く池や、ゲンジホタルが舞い飛ぶ小川などがあります。

「古代ハス」の花は6~7月頃、ゲンジボタルは6月の夜に見られるので、これらにもぜひ立ち寄ってみましょう。

「古代ハス」の花。発見者の大賀一郎博士から大田市が直接譲り受けたハスの子孫で、市の天然記念物に指定されている。

毎年6月には、敷地内を流れる「小豆原川」にゲンジボタルが飛び交う。人工の灯りがなかった頃の原初の森の風景をほうふつとさせる。

『三瓶小豆原埋没林』の近くにある「稚児滝」。
長い幹を多数残した『三瓶小豆原埋没林』が現代まで朽ちなかった最大の理由は、木々を埋もれさせた土砂が川の水などに浸食されなかったこと。この「稚児滝」の硬い岩盤で川の流れがせき止められて、浸食が防がれた。そのため『三瓶小豆原埋没林』の発見者の松井氏は、この「稚児滝」を「埋没林の守り神」と呼んだ。

周辺にも見どころが多数! 「国立公園」の大自然を巡る旅。

さらに全域が「国立公園」に指定されている三瓶山の周辺には、ダイナミックな景観が多々見られます。

放牧牛が行き交う草原・「西の原」をはじめ、最後の噴火口と見られている「室ノ内(むろのうち)」、標高1,126mを誇る主峰・「男三瓶山」など、爽快な展望の中で気持ちの良い散策が楽しめます。
いずれも『三瓶小豆原埋没林』の近くなので、これらにもぜひ立ち寄ってみましょう。

※三瓶山への登山ルートは6つあり
※そのうちの1つ「三瓶観光リフト(三瓶山「東の原」より運行)は、設備の更新のため2020年3月末まで運休)

紅葉の「室ノ内」。「三瓶山」には複数の峰があり、その中心に「室ノ内」と呼ばれてるくぼ地がある。ここは「三瓶山」の最後の噴火口と見られており、10月下旬~11月初旬にかけては素晴らしい紅葉に彩られる。

「西の原」の草原。三瓶山の特徴は、雄大な草原に囲まれた爽快な景観。なだらかな斜面は古代の大噴火でできたカルデラの範囲と重なっており、火山としての長い歴史を示している。

「三瓶山」の主峰・「男三瓶山」の山頂。広々としたスペースから360度の大展望が望める。北は日本海・南は中国山地の山並み・東は大山・そして西は石見銀山を生み出した「大江高山火山群」を見下ろすことができる。

『三瓶小豆原埋没林』の全景。「三瓶山」の北麓の谷にあり、現在30本の立木が確認されている。未発掘の谷には100本以上の立木が残存していると推定されており、その規模は実に広大。

- DATA
三瓶小豆原埋没林

HP:http://www.nature-sanbe.jp/azukihara/
住所:島根県大田市三瓶町多根ロ58-2

電話:0854-86-9500
営業時間:9:00~17:00(最終受付16:30)
休日:12月第1月曜~金曜までの5日間 / 年末年始
料金:大人300円、小中高生100円、幼児無料

※写真提供:三瓶小豆原埋没林/無断転載禁止

- 関連記事 -

【モニュメント・ミュージアム 来待ストーン/松江市宍道町】「出雲の国」を支え、発展させてきた貴重な石材『来待石』を知る!

宍道町(しんじちょう)来待(きまち)地区の周辺で採れる「来待石(きまちいし)」の歴史と文化を、実物を含めた展示と資料で…

 

【茶三代一/出雲市】出雲ならではのお茶で「心のゆとり」を提案。

企業スローガンは「ゆとりある生活は一杯のお茶から」。バラエティ豊かなお茶を取り揃え、暮らしのゆとりを一杯のお茶でケアす…

 

【紅茶専門店ロンネフェルトティーブティック・ティーハウス松江/松江市】茶の湯文化が香る城下町で、ドイツの本格紅茶によるティータイムを愉しむ。

ドイツの紅茶専門店『ロンネフェルト』の、日本初の認定ティーハウス&ティーブティック。 国内に6店舗しかない『ロンネフェ…

 
page top