menu menu menu menu

2022年1月20日  -  

お取り寄せで大人気! 島根の高級魚3種類のご当地缶詰。【どんちっち缶詰/島根県浜田市】

どんちっち缶詰 「どんちっち」とは、日本海の上質な魚が集まる島根県の「浜田漁港」でとれる、美味しいお魚のブランド。
「のどぐろ」「あじ」「かれい」の3種類で、これらがいつでも美味しく食べられる缶詰になりました!

漁港で水揚げしたてのフレッシュな高級魚を、自然海塩だけでヘルシーに味付け♪
産地でしか味わえなかった旬のお魚を、グルメな味わいのままお取り寄せできます。

その丁寧な作り方と美味しさで、2020年の「日本ギフト大賞 島根賞」を受賞!
有名百貨店のギフトや、婦人画報などのお取り寄せでも評判です。

「のどぐろ」「あじ」「かれい」

ふつうの缶詰とはフレッシュさが違う! 生の魚から丁寧に手作り。

最近、話題の‟ご当地缶詰”。
シーフードやジビエ、郷土料理など、
「その土地の名物がいつでもどこでも味わえる!」
と人気です。

もちろん島根にも、人気の‟ご当地缶詰”があります。
そのひとつが、この『どんちっち缶詰』。

名高い高級魚の「のどぐろ」をはじめ、島根県の浜田漁港でとれる自慢のお魚を、3種類えりすぐっています。

ご当地缶詰

『どんちっち缶詰』の美味しさの秘密は、浜田漁港で水揚げしたての鮮魚を使っていること!

ふつうの缶詰は、味や品質を一定に保つために冷凍した魚を使うことがほとんど。
ですが港のすぐそばに工場があるため、フレッシュなお魚をすぐに加工できます。

だから魚本来のみずみずしさと旨味がしっかり!
さらに大手メーカーの缶詰工場と違い、魚をさばくところから丁寧に手作りしています。

工程をすべて1社で完結! 魚をさばく、味つけする、缶に詰める、それを閉じる、などの工程をすべて1社で完結!

これはとても珍しい作り方で、ほとんどの魚の缶詰は、複数の工程を別々の会社で分担している。
原料の魚も、冷凍して遠くの工場に運ぶことが多いのだとか。

ほぼ手作り ほぼ手作りなので1日に200缶~300缶しか作れないけど、そのぶん美味しさと新鮮さは段違い!

選りすぐった浜田漁港の魚を自然海塩だけでヘルシーに味付けしているので、そのまま食べても美味しく、いろんな料理にもアレンジしてもOK♪

ギフトやお土産にもピッタリ 可愛いイラストと高級感あふれるパッケージは、ギフトやお土産にもピッタリ。
コロナ禍の‟おうち時間”も楽しくしてくれそう。

そのまま食べても料理に使ってもデリシャス! 個性あふれる3種類のお魚。

3種類ある『どんちっち缶詰』は、どれも個性的な美味しさ。
魚の缶詰に多いサバやツナとは、まったく違う味わいです。

「のどぐろ」「あじ」「かれい」それぞれの美味しさとオススメのレシピを、製造元の株式会社シーライフの河上清貴専務にきいてみました。

●どんちっち のどぐろ 水煮缶

どんちっち のどぐろ 水煮缶

西日本を代表する高級魚で、有名テニス選手の大好物としても有名!
その美味しさの秘密は、脂がしっかり乗った「白身のトロ」であること。

これをしっかり味わえるように、鮮魚としても干物の原料としてもハイグレードな、200グラムの大きな「ノドグロ」を贅沢に使っています。

もともと干物を作っていた株式会社シーライフは、その主力商品だった「ノドグロ」のプロ!
だから良質な「ノドグロ」を厳選できるのです。

<おすすめレシピ>

のどぐろのカリフォルニアロール

「ノドグロ」の旨味がしっかりしみ出たスープを活かして、豪勢にアクアパッツァに!
野菜を一緒に煮込めば、ノドグロの旨味を余すところなくいただけます。
(写真は「のどぐろのカリフォルニアロール」)

●どんちっち あじ 水煮缶

どんちっち あじ 水煮缶

サバに似ていると思われがちですが、サバよりも青魚独特のクセが無く、しっとりとした身質が特徴。
特に『どんちっち缶詰』の原料の「どんちっちアジ」は、全国的に名高い「ブランドアジ」として料亭やギフトなどにひっぱりだこです。

夏の一時期しか水揚げがないため、実は3種類の『どんちっち缶詰』の中で1番希少!

<おすすめレシピ>

アジ缶と梅のサラダ

ほど良い脂ノリとしっかりした旨みを楽しむために、サラダに和えて!
(写真は「アジ缶と梅のサラダ」)

●どんちっち かれい 水煮缶

どんちっち かれい 水煮缶

浜田漁港の代表的な地魚で、上品な白身と和食・洋食・なんにでも合う味わいが人気です。

浜田市では煮付けにして食べることが多く、『どんちっち缶詰』もそれに習い、しっかり蒸してカレイ特有の甘さを引き出しています。

カルシウムが豊富に含まれているので、お子さんや年配の方に特におススメ。

<おすすめレシピ>

カレイのぎゅうぎゅう焼き

炊飯器でお米・野菜と一緒に炊いて、炊き込みご飯に!
美味しさと一緒に栄養もとれる、うれしい一品になります。
(写真は「カレイのぎゅうぎゅう焼き」)

お手軽・美味しい缶詰で浜田漁港の地魚をアピール!

『どんちっち缶詰』を作っている株式会社シーライフは、

「今まで作っていた干物よりもお手軽に食べられる商品を作って、浜田漁港の魚の美味しさをたくさんの人に伝えたい!」

と、『どんちっち缶詰』を開発しました。さらに

「魚ばなれが進む若者や子どもたちにも、魚をもっと食べてもらいたい!」

と、ヘルシーで安全な無添加・自然海塩だけの味付けにしたそうです。

「鮮度の良い魚は、調味料や添加物で味をごまかさなくても、美味しく加工できるんです」

と、専務の河上清貴さん。
浜田漁港の地魚の美味しさを実感できる、贅沢な缶詰です。

浜田漁港名物・のどぐろの干物 「お手軽に食べられる缶詰で、『どんちっち』ブランドと浜田漁港のお魚の美味しさを感じてほしい!」 と開発。

気に入ったら、ぜひ浜田漁港の干物などもお取り寄せしてみて。
(浜田漁港名物・のどぐろの干物)

お手軽・便利な缶詰で浜田漁港の『どんちっち三魚』を広めたい!

『どんちっち缶詰』を作っている株式会社シーライフは、もとは干物や冷凍の魚製品を作る会社でした。
それが缶詰を作り始めたのは、お土産を買いに来た観光客から、

「干物は冷凍だから持って帰れない」
と残念がられてしまったこと。そこで

「常温で持ち帰られる特産品を開発しよう!」
と、缶詰の開発に取り組み始めたのだそうです。

さらに浜田漁港の『どんちっち』ブランドが、魚業界、地元スーパー、通な飲食店くらいにしか知られていなかったことも後押しに。

「この美味しい魚たちを、もっと多くの人に食べてもらいたい!」
という想いで奮闘しました。

カレイ

「弊社にとっては缶詰づくりは初めての経験で、まったくのゼロからのスタートでした。当初は失敗を繰り返し、廃品ばかり出してしまいましたけれど、地元の水産業の仲間たちや漁師さん、島根県の職員さんたちなどのサポートもあって、約1年の試作期間でようやく商品化できました」

開発途中に

「昔は浜田市に缶詰工場がたくさんあったんだ」

というお年寄りの話も聞いて、干物と一緒に浜田漁港の水産業を支えてきた商品を、約27年振りに再開する意義も感じたそうです。

そんなストーリーと情熱がギュッと詰まった、グルメな‟ご当地缶詰”です!

3種類の美味しい缶詰

「株式会社シーライフは、地元・漁港・仲間たちを良くする活動にどんどんチャレンジして、次世代の水産加工業を形づくっていきたいと強く考えています」

と河上さん。
30代の跡継ぎ息子の河上さんを中心に、浜田漁港のお魚の普及に日々奮闘しています。

「2020年には、そんな活動の広報もかねて東京オリンピックの聖火ランナーを務めさせていただきました。浜田市だけでなく、島根県内や県外の企業さんとも連携して、仲間を増やしてさらに大きなチャレンジを目指します。
浜田漁港の水産業を発展させて、全国の食卓に美味しい魚をお届けしたい――そんな我が社にご興味を持っていただけたら、お気軽にお問い合わせやSNSのフォローをお願いいたします!」

‟魚ばなれ”の時代に挑戦して、
「もっと魚を食べて好きになってもらいたい!」
と奮戦。

「こんな魚商品があればいいな」
「こんな魚商品を食べてみたい!」

といったご意見も大歓迎だそうです。

洋風干物 2021年には、干物の常識を覆す『洋風干物』を誕生させるなど、今のライフスタイルに合う商品を開発。

2022年も世間をあっと驚かせるような‟業界初!”の干物や缶詰の開発を進めて、「魚を美味しくお手軽に食べられる食生活」の実現へ突き進む。

今朝の浜 毎朝かわる旬魚缶 もうひとつの人気ご当地缶詰、『今朝の浜 毎朝かわる旬魚缶』。
『どんちっち缶詰』とは真逆のコンセプトで、水揚げ量や知名度がネックで市場に出回りにくい「未利用魚」を使用。

浜田漁港には『どんちっち三魚』以外にもたくさんの魚が水揚げされるけど、その全部に「のどぐろ」のような高値や人気はつかない。
大きさ・市場の状況・水揚げされた時期などによっては、余ったり廃棄されてしまう。

そこで浜田漁港で唯1社缶詰を作れる株式会社シーライフが、これらを保存や持ち帰りのしやすい缶詰にアレンジ。
SDGs(持続可能な開発目標)も意識した取り組みで、全国の食卓にお届け。

浜田漁港 『今朝の浜 毎朝かわる旬魚缶』
のネーミングどおり、産地に行かないと食べられなかった地魚が届く!

約50種類の魚を約5万缶もリリースしていて、今後も浜田漁港でしか作れない珍しい‟ご当地缶詰”が登場予定♪

浜田漁港

- DATA
どんちっち缶詰
(株式会社シーライフ)

HPhttps://sealife-hamada.net/
オンラインショップhttps://ec-sealife.net/
Instagramhttps://www.instagram.com/nodoguro.sealife/
Facebookhttps://www.facebook.com/95-159628864511067/

住所:島根県浜田市原井町907-2

電話:0855-23-3105
営業時間:9:00~17:00
休日:土曜・日曜・祝日

※写真提供:株式会社シーライフ/無断転載禁止

- 関連記事 -

島根の匠の器で、日々の暮らしをより豊かに! 鮮やかな焼き物で心も明るく。【石州亀山焼/島根県浜田市】

「島根県ふるさと工芸品」に指定されている、島根県西部の窯元(かまもと)。 創業49年の老舗ながらも、その作風はモダンで…

 

古民家の囲炉裏で百年以上もいぶされた竹がお箸になった! 丈夫でしなやか、美しくて食べやすい「百年煤竹箸」。【煤竹工房奥出雲/島根県雲南市】

「煤竹(すすたけ)」とは、茅ぶきの古民家で、天井や屋根の骨組などに使われていた竹のこと。 囲炉裏の煙で百年、二百年単位…

 

イチゴは「農園の直売」が美味しい! 採れたての甘さとジューシーさにびっくり♪ 【8farm/島根県安来市】

みんな大好き、可愛いくて美味しいイチゴ。 フルーティーで香り高い味わいは、そのまま食べてもスイーツにしても、春の訪れを…

 
page top