2020年3月2日  -  観光施設 / 美術館・博物館

観光施設 / 美術館・博物館

【島根県芸術文化センター「グラントワ」/益田市】地方にも一流の芸術を! “芸術基地”が人々の情操と才能を育む。

美術館と劇場が完全バリアフリー構造で1体となった、国内でも珍しい複合施設。
美術展や芸術展、コンサートや演劇といった2施設それぞれの催し物を楽しめるほか、島根県西部の地場産業である「石州瓦(せきしゅうがわら)」がふんだんに使われた、日本を代表する建築家・内藤廣氏の設計による建築も素晴らしい。

美術館×劇場という“芸術基地”の意義。

絵画をはじめとする様々な美術作品に出会える美術館と、伝統芸能から流行の音楽まで多彩なパフォーマンスに生で触れられる劇場。
これらは人々の心を潤わせてくれるだけでなく、地域の才能を目覚めさせたり、情操を育んだりする機能も担っています。

その2つを兼ね備えた石見地方の芸術文化の拠点として創られたのが、ここ島根県芸術文化センター「グラントワ」(以下「グラントワ」)。

「島根県立石見美術館」と「島根県立いわみ芸術劇場」が一体となった施設で、石見地方にアートの風を吹きこんでいます。

2005年のオープニングイベントでは、「小澤征爾 音楽塾 オペラプロジェクト」や「エルミタージュ美術館展」など、世界レベルのアートやアーティストたちを招聘した。
さらに2020年初春の現在は、美術館では幅広い世代に熱狂的な人気を誇るアニメ監督「富野由悠季の世界」展を開催するなど、充実した事業を次々と行っている。

石見地方の風土をあらわす、シックで格調高い建築。

「グラントワ」の名の由来は、「大きな屋根」と言う意味のフランス語 (Grand Toit) です。
それを象徴するかのように、傾斜のゆるやかな切妻屋根がなだらかに連なる構造が見事。石見地方の地場産業「石州瓦(せきしゅうがわら)」がなんと約28万枚も使われた赤茶色のシックな色彩も、落ち着きと風格を醸し出しています。

石見で見られる赤瓦の屋根を、芸術の域にまで高めた建築。それは日本を代表する建築家・内藤廣(ひろし)氏の設計によるもので、自然の風雨で汚れが落ちるエコなメンテナンスフリーの機能をも備えています。

石見の地に今後100年そびえ続ける美しいランドマーク――そんなモニュメント的な存在をも目指して造られています。

外壁にも「石州瓦」を使用。釉薬の調合を変えた全6色は、光の当たり具合で全体が波打って見えるように配置されている。

美術館と劇場の2施設を繋ぐ「中庭広場」には、空を鏡のように映しだす25メートル四方の「水盤」を設置。涼感あふれるここは、誰もがふらりと訪れてくつろいだり、静かに思索しながら散歩できる場となっている。

「水盤」は水を抜くこともでき、様々なイベントの会場ともなっている。

“芸術基地”にふさわしい優れた構造。

こうした優れた外観に見合うように、内部の構造もまた、機能的に設計されています。
中央の「中庭広場」を囲むように、美術館を構成するA~D4つの展示室と、劇場を構成する大・小2つのホール、そして2つのスタジオを配置。さらに多目的ギャラリー・レストラン・ミュージアムショップなどが、利用しやすいように配置されています。

劇場のメインとなる「大ホール」は、世界的な指揮者・小澤征爾氏が絶賛した国内屈指の音響と設備を誇っています。客席は全1,500席で、オペラ・バレエ・ミュージカル・コンサートなど、多彩な舞台芸術を楽しめます。

また「大ホール」の壁面には、三次元的な複雑な形状の「コンクリート折版構造」を採用しています。これにより、約1.8秒(500Hz/空席時)の残響時間が確保されて、より深みのある音と響きを楽しめます。

大ホールの舞台と客席。どの位置からも臨場感あふれる音響と視界を楽しめる。

さらに美術館部分は、大きさや内装の色が異なるA~D4つの展示室を備えており、それぞれの性格を活かした個性豊かな展覧会を開催しています。

絵画・彫刻・工芸品などをシックに引き立たせる「展示室A」。

服飾コレクションをファッションショーの舞台のように輝かせる「展示室C」。

そして美術館ロビーにある「アートライブラリー」では、美術・音楽・演劇・映画・ファッション・建築などの入門書や雑誌を自由に閲覧することができます。さらにDVDなどの映像も楽しむことができ、展示や公演が行われていない時でも、気軽に美術や舞台芸術に触れることができます。

芸術への興味を高めてくれる「アートライブラリー」。

「大ホールホワイエ」(劇場の入り口から観客席までの通路/社交場と休憩場を兼ねたスペース)。空間全体に温かな雰囲気が漂っており、公演の魅力をさらに高めている。

ハイレベルかつ地域色豊かな催し。

そんな「グラントワ」では、全国に通じるクオリティの展覧会や、石見の風土を反映させた意欲的なイベントを行っています。

たとえば美術館では、「森鷗外ゆかりの美術家の作品」「石見の作家」「ファッション」という3つの収集テーマを柱に、“石見の美術館”ならではのコレクションを展示。
さらに日本洋画界の巨匠・黒田清輝や、20世紀を代表するフランス近代絵画家・ラウル・デュフィ、世界に名だたるファッションデザイナー・森英恵らの作品など、美術史、ファッション史を語る上で欠かせない作家の作品をコレクションしています。

黒田清輝《ポプラの黄葉》1891年 島根県立石見美術館蔵

ラウル・デュフィ《水上の祭》1920~22年頃 島根県立石見美術館蔵

マドレーヌ・ヴィオネ《イブニング・ドレス》1938年 島根県立石見美術館蔵

森英恵《ジャンプ・スーツ、カフタン》1966年 島根県立石見美術館蔵

さらに美術館では、年に4回大きな企画展を開催しています。これも学芸員が趣向をこらした『グラントワ』ならではの展示で、“石見”という地にこだわりながらも、都市部や海外からも観客を集めるクオリティとなっています。

例えば開館10周年を記念して開かれた企画展「祈りの仏像-石見の地より-」は、中国5県の貴重な仏像を一堂に集め、石見の内外から好評を博しました。
さらにどの企画展でも多彩な「関連イベント」を開催し、全国各地を巡る展示でも、他の会場とは違った切り口で見せています。

一方、劇場では、日本が生んだ世界的バレエ団・「東京バレエ団」が総力を挙げて公演したブルメイステル版『白鳥の湖』や、「NHK交響楽団」のフルオーケストラ、世界最高峰の弦楽器・ストラディバリウスと世界最高峰のオーケストラ・ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のトップメンバーたちによる夢の共演「ストラディバリウス・サミット・コンサート」など、首都圏レベルのコンサートや公演も行なっています。

「東京バレエ団」によるブルメイステル版『白鳥の湖』。ロシアの振付家ウラジーミル・ブルメイステルが、チャイコフスキーの原曲にたちかえって再構成したドラマティックな演出が好評を博した。

地域の才能を育む様々な取り組み。

一方、「グラントワ」は、親しみやすい「市民ホール」でもあります。地域の人々の芸術活動を支援する役割も担い、その発表の場ともなっています。

その代表的な取り組みが、4つの団体からなる「グラントワ・フランチャイズ芸術団体」。
島根邦楽集団(和楽器の合奏団)、グラントワ合唱団、グラントワ弦楽合奏団、グラントワ・ユース・コール(子どもの合唱団)で構成されていて、年に数回、都市部から一流の講師を呼んで指導や共演を行なっています。

たとえばウィーン少年合唱団と共に歌を披露するなど、他ではめったにできない体験を実現。地方でも一流の芸術に触れられる機会を提供しながら、石見の芸術活動を支援しています。

「グラントワ・フランチャイズ芸術団体4団体」が一堂に会した演奏会の様子。

美術館ロビーなどで開催している無料のコンサート「いつでもどこでも音楽祭」。

「地方の芸術基地」の、さらなる挑戦。

こうして石見の人々と共に歩んできた「グラントワ」は、昨年2019年5月、ついに入館者500万人を達成しました。

小澤征爾氏が絶賛した劇場「大ホール」の音響は、開館から15年を経て、より円熟味を増したものに進化。そして内藤廣氏による建物は、多くの人々を今なお惹きつけています。

そして、グラントワは今年開館15周年を迎えます。
美術館では、「竹久夢二と乙女たち あこがれの美人、ときめきのモダンライフ」、「生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜」、国立新美術館と共同で開催する「ファッション インジャパン1945‐2020 流行と社会」、「北斎―永田コレクション名品展」の4つの企画展を開催します。

一方、劇場では、松竹大歌舞伎や劇団四季ファミリーミュージカル、ポップスコンサートの他、島根県内のホールと連携し、島根の伝統芸能を全国に発信する「しまね伝統芸能祭」を開催。
美術館・劇場ともに多彩なラインナップで15周年を彩ります。

グラントワはこれからも、石見の地から、一流の芸術と、地域の芸術活動を発信し続けます。

格調高いレストランも併設されており、アートをじっくり鑑賞しながら滞在できる。

ミュージアムショップでは、ここでしか手に入らないミュージアム・グッズなどを販売。

- DATA
島根県芸術文化センター 「グラントワ」

HP:http://www.grandtoit.jp/
住所:島根県益田市有明町5-15

電話:
0856-31-1860(代表)
0856-31-1871(総合案内カウンター/チケット対応窓口)

開館時間:8:45~22:00

全館休館日:毎月第2火曜・第4火曜・年末年始
(火曜が祝日の場合は、その翌日以降の最初の休日でない日が休館日)

石見美術館
開館時間:
2020年3月30日まで 10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
2020年4月1日から 9:30~18:00(展示室への入場は17:30まで)

休館日:毎週火曜・年末年始

いわみ芸術劇場
開館時間:9:00~22:00
休館日:毎月第2火曜・第4火曜・年末年始
(火曜日が祝日の場合は、その翌日以降の最初の休日でない日が休館日)

※グラントワ・石見美術館・いわみ芸術劇場の休館日は催し等にあわせて変更する場合あり

- 関連記事 -

【茶三代一/出雲市】出雲ならではのお茶で「心のゆとり」を提案。

企業スローガンは「ゆとりある生活は一杯のお茶から」。バラエティ豊かなお茶を取り揃え、暮らしのゆとりを一杯のお茶でケアす…

 

【紅茶専門店ロンネフェルトティーブティック・ティーハウス松江/松江市】茶の湯文化が香る城下町で、ドイツの本格紅茶によるティータイムを愉しむ。

ドイツの紅茶専門店『ロンネフェルト』の、日本初の認定ティーハウス&ティーブティック。 国内に6店舗しかない『ロンネフェ…

 

【美保神社/松江市】漁師・商家・音楽家などの厚い信仰を集める「えびす様の総本宮」。

全国に3,385社ある、えびす様をお祀りする神社の総本宮。創建された年が定かでないほど長い歴史を持つ。 ~ 目次 ~ …

 
page top