menu menu menu menu

2021年1月23日  -  

お腹もボディも大満足! 奥出雲の山峡の温泉地の洋食レストラン&ボディケアに癒される。【森のVillage はぁてぃすと&ボディケアサロンHug Hands/島根県雲南市】

豊かな自然が息づく奥出雲の秘湯・「出雲湯村温泉」。
この地にたたずむのが、洋食レストラン&カフェ「森のVillage はぁてぃすと」と、ボディケアサロン「Hug Hands(ハグハンズ)」が一体となった古民家です。

吹き抜けが開放的な和モダンな建物と、目の前を流れるヤマタノオロチ神話の舞台・斐伊川(ひいかわ)のせせらぎがとてものどか!
地産地消のランチやディナーでお腹は満たされ、身体はゆるゆるリラックスできます。

出雲神話の温泉地に、洋食レストラン&ボディケアサロンが登場! のどかな山里でハイクオリティな食とケアを。

奈良時代に記された書物・「出雲國風土記」にて、「薬湯」とたたえられている「出雲湯村温泉」。
この歴史ある温泉地に、モダンな洋食レストランのお店と、癒しのボディケアサロンがあります。

キッチン&リラクゼーション『森のVillage はぁてぃすと』では、“からだにやさしい”をコンセプトに地産地消の創作料理を。

そしてボディケアサロン『Hug Hands(ハグハンズ)』では、その名のとおりお母さんの手に包まれているような優しいボディケアを提供。

豊かな食とボディケア、そして1300年以上の歴史を誇る名湯に、身も心も癒されます。

四季折々、豊かに移ろう自然に囲まれた出雲湯村温泉。
古民家をモダンにリノベーションした建物と、食事やボディケアの前後に立ち寄れる日帰り温泉のそばという、抜群のロケーション!

壁一面がガラス窓になっている明るい店内からは、絵に描いたような美しい里山を一望!
2階のボディケアサロンと、すぐそばの日帰り温泉「漆仁の湯」をはしごすれば、お腹はもちろん全身が満足!

この爽快なロケーションで供されるのは、イタリアンとフレンチの技法をミックスさせたランチ・カフェ・ディナー。
カフェメニューも豊富なので、お一人様でも気軽に立ち寄れる。
(コース料理は2名以上/要予約)

テーブル席のほかに、古民家ならではの小上がり(お座敷席)もあり。
人数やシーンにあわせて思い思いにくつろげる。

「丁寧な手作り」と「手間ひまかけること」の大切さを伝えるために、食事はもちろんお店の看板やBGMまでスタッフが手作り!
食材もできる限り奥出雲と島根の物を使っている。

森のVillage はぁてぃすと ~ ”丁寧な食事とゆったりとした時間”を大切にする、食材から自家製にこだわるレストラン&カフェ。

『森のVillage はぁてぃすと』の魅力は、メニューのひとつひとつが手作りなこと。
これは一見当たり前に聞こえますが、実は一部のレストランやホテルでは、既製の冷凍食材なども使われているのです。

でも『はぁてぃすと』では、パンやサラダのドレッシングなどはもちろん、ベーコン、ソーセージ、燻製などに至るまで全てを手作り!
「出来ることは全部自ら手掛けたい」という、シェフのポリシーだそうです。

こうして‟身体に優しい美味しさ”を追求した創作料理は、「こんな山奥でこんなにオシャレなメニューが食べられるの!?」と評判に。
シーズンイベントの特別コースなどは、早々に予約が埋まるほどです。

そんなイタリアンとフレンチの技法をミックスさせた創作料理は、ぜひコースで味わってみたいもの。とはいえランチメニューもたくさんあるので、気軽に立ち寄れます。

コースは日変わりの前菜2種類から始まって、野菜のポタージュ、くるみとドライいちぢく入りの自家製パン(またはライス)、ご当地和牛「奥出雲和牛」のメインディッシュと、味も彩りもとりどりに楽しめる。
写真は全7品+ドリンクの「よくばりディナーコース」で、メインディッシュは「奥出雲和牛ステーキ」。

ディナーコースのメインディッシュのひとつ・「奥出雲和牛の赤ワイン煮込み」。
濃厚な旨味とヘルシーな口当たりで人気のご当地和牛を、季節の野菜と一緒に赤ワインでホロホロになるまで煮込んでいる。

ランチタイムでも、シェフが自ら目利きした地元食材をふんだんに使用!
ランチの人気メニューは身体に優しい「ヘルシーサラダプレート」で、ワンプレートの上に旬の野菜・自家製スモークチキン・自家製パンなどが盛りだくさん。
(スープ・アイスクリーム・ドリンク付き)

ランチタイムは、他にも和牛のジューシーさを堪能できる「奥出雲和牛のやわらか手ごねハンバーグ」や、地元の養鶏場・「木次ファーム」の卵とご当地ブランド肉・「奥出雲ポーク」の自家製ベーコンによる「ふわとろオムライス」などが味わえる。
(前菜サラダ・スープ・アイスクリーム・ドリンク付き/ハンバーグには+ライス付き)
さらにランチタイムだけの特別なコースメニューもあり(要予約)

14時からのカフェメニューで注文できる「湯村のハスの葉茶」。
和のハーブティーで、原料のハスはもちろんご当地産!
身体に染み入るようなやさしい味わいで飲みやすい。

「山奥だからあんまり期待していなかったけど、想像以上にオシャレで美味しかった!」とよく言われるそう。
古民家の作りを活かした店内も心地よく、冷え込む冬は薪ストーブが燃やされるなど、ゆったりくつろげる。

ワインセラーを備えているので、奥出雲産のワインを中心に料理とのペアリング(食材と相性の良いお酒を組み合わせて味わうこと)を楽しめる。
それぞれの料理に合う一杯を、スタッフに提案してもらおう。

Hug Hands ハグ ハンズ ~ 食事の前後に癒しのボディケアで夢心地!

『はぁてぃすと』の2階には、ボディケアサロン・『Hug Hands ハグ ハンズ』があります。

その名のとおり、まるで子どもの頃にお母さんに撫でられたり抱きしめてもらったような安心感。
そんな「優しい母の手のような施術」を心をこめて行なっているそうです。

「疲れがたまってとれない」
「なんとなく身体の調子が良くない……」
など、様々な不調を一人一人丁寧にカウンセリングして対応。
身体だけでなく、心の緊張までほぐしてくれます。

全身のコリをほぐしてくれる「ボディケア」
オリジナルブレンドのオーガニック・アロマオイルを使う「アロマトリートメント」
上記2つをミックスした、特にお疲れの人向けの「МIXメニュー」
顔を集中的にケアしてくれる「フェイシャルエステ」
と、プランは4つ。

どれも包み込まれるような優しいケアで、身体と心を解きほぐしてくれます。

施術の前に約5分間ほどのカウンセリングをして、どこに不調があるのか等を優しく聞き取り。
その上で身体のコリや筋肉をほぐしていくリラクゼーション。

フェイシャルパックには、「美肌の湯」として有名な出雲湯村温泉の温泉水を使用。
温泉地ならではのケアもうれしい。

『はぁてぃすと』『Hug Hands』両店の店長の板垣悦子さんは、松江で13年間アロマサロンを営んでいました。
そこでたくさんの人々をケアするうちに、
「身体の不調は心と繋がっている」
と気がついたそうです。

「人は人と繋がり、関わっていくことで、心が和らいだり生きる力が沸いてきます。そんな実感から新たな‟人と人が心地よく関われる場所”を求めていた時に、昔からの友人だった『美喰Labo 我龍』のオーナーシェフと意気投合したんです。
オーナーシェフは、『地域への貢献になれば』と心よく経営を引き受けてくださいました。
さらに想いを同じくする友人達がスタッフになってくれて、『はぁてぃすと』と『Hug Hands』を出雲湯村温泉に開くことができました」

ちなみに『はぁてぃすと』とは、‟愛の人たち”という意味の造語だそう。
これは点描画アーティスト・秋山峰男さんからいただいた名前で、それをご縁に店内には秋山さんのアートも飾ってあります。

「歴史ある出雲湯村温泉と共に、私たちの料理や施術で喜んでいただけたら幸いです」
と語る板垣さん。

極上の創作料理と癒しのボディケアを一緒に味わい、出雲湯村温泉のお湯に浸かれば、明日への活力が沸いてきそうです。

『はぁてぃすと』から徒歩すぐの日帰り温泉・『漆仁(しつに)の湯』。
出雲國風土記に「漆仁の川辺に薬湯あり」とうたわれた名湯で、泉質は肌がツルツル・スベスベになる‟美肌の湯”!
これを使った『Hug Hands』のフェイシャルパックを体験した後に、ゆったり全身で浴びるのも一興。

- DATA
森のVillage はぁてぃすと

HPhttps://www.heartist-yumura.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/heartist.okuizumo/

住所:島根県雲南市木次町湯村1318-1

アクセス:松江自動車道「三刀屋木次IC」から車で17分

<営業時間>
【ランチ】 11:30~14:30(L.O.14:00)
【カフェ】※土、日、祝日のみ 14:00~16:00(L.O.15:30)
【ディナー】 18:00~20:00(L.O.19:30)
※定休日前日は休業
※コース料理等の予約は3日前まで

定休日:毎週火曜日、第3月曜日
※定休日が祝日の場合は営業



- Hug Hands ハグ ハンズ

電話:090-7372-8982
営業時間:10:00~21:00(最終受付18:30)
※完全予約制

料 金
アロマトリートメント / 60分 7,700円~
ボディケア / 60分 6,600円~

Mail:touch.care.hug.hands@gmail.com

※写真提供:森のVillage はぁてぃすと,Hug Hands ハグ ハンズ/無断転載禁止

- 関連記事 -

古民家の囲炉裏で百年以上もいぶされた竹がお箸になった! 丈夫でしなやか、美しくて食べやすい「百年煤竹箸」。【煤竹工房奥出雲/島根県雲南市】

「煤竹(すすたけ)」とは、茅ぶきの古民家で、天井や屋根の骨組などに使われていた竹のこと。 囲炉裏の煙で百年、二百年単位…

 

古代から連綿と続く「たたら製鉄」の炎が、今も燃え続けているロマン! 美しい日本刀とともに、その技術の粋(すい)を紹介。【奥出雲たたらと刀剣館/島根県奥出雲町】

千年以上も前から日本で行なわれてきた、「たたら製鉄」。 砂鉄で鉄を作る技術で、日本に唯一現存していて今も動き続けている…

 

大地とつながる「アーシング」で、神々の国・出雲のパワーをいただく!【出雲 稲佐の浜アーシングWALK/島根県出雲市】

「アーシング」とは、裸足で大地を歩いて自然とつながること。 全国から八百万(やおよろず)の神様をお迎えする出雲の「稲佐…

 
page top