2020年4月22日  -  食・グルメ / 酒(ワイナリー・蔵元・醸造所)

食・グルメ / 酒(ワイナリー・蔵元・醸造所)

【石見麦酒/江津市】島根の自然と共に歩む、石見(いわみ)初のマイクロブルワリー。

「江津(ごうつ)市をクラフトビールで元気にする」ために立ち上げられた、マイクロブルワリー(小規模醸造所)。
かつて石見(いわみ)と呼ばれた自然豊かな島根県西部で、「この地ならではの地酒を造る」ことを目指して「石見麦酒(いわみばくしゅ)」と名付けられた。

石見の恵みを個性豊かなクラフトビールと果実酒に!

のどごし爽やかなビールや、香り豊かな果実酒。
近年のマクロブルワリー・ブームによって、日本各地に個性的なこれらが誕生しています。

「マイクロブルワリー」とは、その名のとおり「小さな醸造所」という意味です。
手と目の行き届く範囲で、「手工芸品(クラフト)」のような丹精こめた「クラフトビール」を生み出す――そんなポリシーが支持されて、全国各地に新たな“地酒”が誕生しています。

今回ご紹介するのは、そんな「マイクロブルワリー」のひとつ・『石見麦酒』。
島根県西部の江津市を流れる一級河川・江の川(ごうのかわ)の恵みを受けた自然栽培の大麦や、日本海から吹く風に育まれた柚子などの農産物を活かし、個性豊かなクラフトビールと果実酒を生み出しています。

美しい水と空気に恵まれた石見では、大麦・米・柚子など様々な農産物が育つ。それらを生かした石見ならではのクラフトビールが好評!

石見だけでなく、島根県全域の農産物からもお酒を造っている。いちご・牡蠣・クロモジ(生薬や高級楊枝の原料に使われる、香りの良いクスノキ科の低木)など、「こんなお酒があるの!?」という驚きが味わえる。

醸造量は1回あたり100ℓ~150ℓとごく少量。そのぶん手間ひまかけて、滋味豊かなお酒を醸している。

ビールはこんなにも自由! 味も飲み口も個性とりどり。

『石見麦酒』の自慢は、とにかくお酒の種類が多い事です。
店名にもなっている麦酒=ビールをはじめ、スパークリングワインやシードルまで、実に多彩。さらに今後は日本伝統の「どぶろく」も造り始めるそうです。

それでいて、定番のビールは「飲みやすさ」で好評。
尖った個性的な銘柄もありますが、1年中買える定番品はアルコール度数控えめで、苦みも一定レベルに抑えているそうです。

「そのためか、幅広い世代の方にご好評頂いています。変わり種の副原料を使っているもの以外は、おおむねフルーティーで滋味豊かで、どなたにでも楽しんで頂ける味になっていると思います」

そう語るのは、工場長の山口厳雄(いつお)さんです。
広島市の出身でありながら、パートナーかつ代表取締役の山口梓(あずさ)さんと共に、江津市に移住して『石見麦酒』を立ち上げました。

梓さんも横浜市出身のIターンで、都会的なセンスでのどかな石見に新風を巻き起こしています。

「基本的に炭酸の入ったお酒ならなんでも造る」という厳雄さん。他のブルワリーにはない個性的なお酒に出会える!

『石見麦酒』の特徴は、ビニール袋と冷蔵庫を組み合わせた“石見式醸造法”。この画期的な製法でブルワリーの開業コストを大幅に削減し、さらに全国のブルワリーにもシェアしてマイクロブルワリーの輪を広げている。

ベーシックから“特別”まで、自由自在にお酒を作る!

「うちのビールを飲んだお客様には、ぜひ『ビールってこんなにも自由なんだ!』という驚きを味わって頂きたいですね。実はコンビニやスーパーで売っている大手メーカーのビールは、大抵どれも同じ種類=醸造法なんです。“ラガースタイル”の“ビルスナー”という種類で、本来、ビールにはもっとたくさんの種類があるんです。
例えばIPA(ホップの量が多くて香りと苦みが強い)・ペールエール(色が濃くて香りとコクが豊か)・ベルジャンホワイト(注ぐと白く濁る、クリーミィでスパイシーな白ビール)・スタウト(ローストした大麦で作る、苦みと香りが濃厚な黒ビール)など、色も味わいも実に多彩なんです。
もちろん、アルコール度数やのどごしにもかなりの違いがあるので、ぜひお好みに合うビールを探してください」

こう厳雄さんが語るように、『石見麦酒』のビールはマイクロブルワリーにしては驚きの種類! もちろんスパークリングワインやシードルも豊富で、選ぶのに困ってしまいそうです。
中でもおすすめで、かつ誰にでも飲みやすいビールを紹介してもらいました。

●石見神楽麦酒「福舞(ふくまい)」

1年中買える定番商品で、石見の伝統芸能「石見神楽(いわみかぐら)」をイメージした、「石見神楽麦酒」シリーズのひとつです。
副原料は江津市の隣、浜田市の三島ファームで育てられた有機栽培の安納芋(あんのういも)。甘味とコクがある濃厚なブラウンエールは、誰の舌にも馴染みます。

なお、「石見神楽麦酒」シリーズには、ほかにも以下の2種類があります。

●蛇舞(じゃまい)・・・ゆず皮で醸した爽やかなフレーバーで、スサノオノミコトがヤマタノオロチを酔わせたお酒をイメージしました。
●姫舞(ひめまい)・・・フルーティーなホワイトビールで、出雲名産のイチジクを使っています。

クラフトビールの定番品は、ほかにも数字で原料や醸造法を表した「レギュラーシリーズ」と、スパークリングワインの「シードルシリーズ」があります。
「レギュラーシリーズ」のおすすめは、以下の銘柄です。

●セゾン778

2020年の春まで販売していた「セゾン744」のリニューアル品。『石見麦酒』が4周年を迎えるにあたって、原料と味わいを一新しました。

ライトボディーと爽やかなのどごしが特徴だった「セゾン744」を、スパイシーで刺激的な味わいにチェンジ。さらに副原料のフルーツビール(果物の皮)をゆず→八朔(はっさく)に変えて、キーホップもネルソンソービンに変えました。そのため、華やかな香りがより際立つ印象深い一品となっています。

「これに使っている八朔は、“日本北限の八朔”と呼ばれている隠岐の島産です」と厳雄さん。
※隠岐の島:出雲と松江の約40キロ沖にある群島
「この“北限の八朔”をPRしたい!」という隠岐の島の人々の想いを受けて、厳雄さんは隠岐の島を繰り返し訪問。八朔の質や特徴を吟味して、爽やかな清涼感と軽い苦みを生かし、スッキリした味わいに仕上げました。

なお、銘柄名の数字は7(セゾンスタイル)・7(キーホップ:ネルソンソービン)・8(八朔の8)をそれぞれ表しているそうです。

お酒の販売はオンラインショップのほか、各種イベント会場でのブース販売や、移動販売車が主。
※2020年4月現在は新型コロナウイルスの影響により自粛中
2020年6月からは、江津市の山あいに広がる温泉リゾート『風の国』に移転して、そこでも味わえるようになる。

原料は由来のわかる安全な地場のものを使い、生産者なども詳しく書いている。

都会育ちの夫婦が石見で「麦酒」を造る理由とは?

『石見麦酒』が誕生したのは、2015年。
「いろんな原料を使った自由なビールとお酒を造りたい!」と願った山口さん夫妻が、江津市のビジネスプラン・コンテストに応募したのがきっかけでした。

『目指せオクトーバーフェスト!! 街全体がブルワリー』と題した企画で、見事、大賞を受賞。こうして生まれた『石見麦酒』は、石見初のマイクロブルワリーとなりました。

さらに独自の“石見式醸造法”によって、「島根の第4のワイナリー」にも認定。全国的に名高い島根ワイナリーと奥出雲葡萄園、そして2018年にオープンした石見ワイナリーに続いての快挙で、以来、“石見の地酒のニューウェーブ”として注目されています。

“石見式ワイン醸造法”は、超低コストの設備投資でワインを一年中 醸造できる。現在開発中の“石見式どぶろく醸造法”と共に、新たな地酒の技術を発信している。

マイクロブルワリーの起業ノウハウもオープンに提供。全国の同志を惜しみなく援助して、マイクロブルワリーを5つも誕生させた。

「我が町」「我が村」の名物でお酒が造れる! 地域おこしの応援にも尽力。

さらに『石見麦酒』では、OEM(オリジナルブランドのビールや果実酒造り)も受け付けています。発注は100ℓ~150ℓの小ロットから可能で、これも各地の名産品のPRにつながっています。

「そして味や飲み口などのご希望も細かく承れるので、『希望がほぼ実現できた!』と喜んで頂けています。普通のブルワリーのOEMは1トン単位が基本ですが、これはビールだと3,000本にもなります。そのためせっかく名産品をお酒にしようと思い立っても、『量が多すぎてオーダーできない』という方々が多かったんです」

ですが、『石見麦酒』はビールなら150本、シードルやスパークリングワインなら50本からオーダー可能。お酒にしにくい素材が無いわけではありませんが、基本的にはどんな素材からでも造れるそうです。

「ビールはとても自由度が高いお酒で、副原料などの制限がほぼ無いんです。たとえばカボチャやニンジン等の野菜から、牡蠣などの海産物まで作れるので、隠岐の島名産の岩牡蠣のお酒なども造りました」 と厳雄さんは胸を張ります。

徳島県の「居酒屋 酒猫」がオーダーした「スダチシードル」。特産の「神山スダチ」を使った、爽やかな酸味が味わえる一品。

地域の恵みを活用したお酒造りと、飲食店などとのオリジナルブランド開発を通して、全国を元気にしている。

試練にみまわれても、常に前を向いて進む。

このように、クラフトビール界にもマイクロブルワリー界にも大きな旋風を巻き起こしている『石見麦酒』。ですが、いま世間を騒がせている新型コロナウイルスによって、思わぬ影響を受けてしまいました。

「GWのイベント用のオーダー約9,000本が、ほぼ全てキャンセルになってしまったんです。さらに6月にブルワリーを移転するため冷蔵庫の電源を切らなくてならず、うち1,000本は引っ越し先にも持って行けません。
そこで、これらのビールを返礼品としたクラウドファンディングを考えました。お客様はお得にクラフトビールが飲めて、僕たちは身軽に引っ越せる(笑) そんなプランになっていますので、ぜひお助けください!」

●『石見麦酒』 クラウドファンディング(5月29日(金)23:00まで)
「新型コロナ終息後に皆さんと乾杯!飲む応援者募集します!」

移転前の店舗はわずか9坪だったが、移転後は広大な温泉リゾート・『風の国』のコテージやグランピング・テントなどでくつろぎながら、帰りのドライブを気にせずにお酒を楽しめるようになる。

「新たな店舗では、クラフトビール・果実酒・発泡酒・どぶろく・リキュールなど、ありとあらゆるお酒が飲めるタップルームと、その醸造体験ができる醸造所を併設します。もちろん『風の国』のレストランでも飲めますし、温泉に入った後にゆったりくつろぎながら、帰りの心配をせずに泊まることもできます。また、お酒マニアや同業者の方向けに、“石見式醸造法”の研修と『風の国』の宿泊のセットプランもご用意します」

大きな試練にみまわれながらも、明るく前向きに歩む『石見麦酒』と山口さん夫妻。 “石見と島根を元気にする”マイクロブルワリーの新たな旅立ちに、ぜひエールを送ってみてはいかがでしょうか?

『風の国』の新店舗は、全国各地のマイクロブルワリーの「いいところ取り」を目指す。新たなブルワリーのスタイルとしても必見!

地域に根差したマイクロブルワリーが、全国にムーブメントを起こす。

- DATA
石見麦酒

HP:http://www.iwami-bakushu.com/
オンラインショップ:http://shop.iwami-bakushu.com/
住所:
島根県江津市黒松町1069-114 (~2020年5月31日 ※下の地図参照)
島根県江津市桜江町長谷2696 (2020年6月1日~)

電話:
0855-25-5740(代表)
0855-25-5740(オンラインショップ)

営業時間:10:00~16:30
休日:不定休

※写真提供:石見麦酒/無断転載禁止

- 関連記事 -

【空港はちみつ/益田市】自然いっぱいの空港に舞うミツバチたちが、全国屈指の美味しいはちみつをお届け!

2017年の「第3回ハニー・オブ・ザ・イヤー」で“最優秀賞”と“来場者特別賞”をW受賞した、グルメなはちみつ。その産地…

 

【楓ジェラート/浜田市】島根の新鮮なフルーツや野菜がたっぷり! 無添加・安心な”ご馳走ジェラート”。

島根県の新鮮なフルーツや野菜などをふんだんに使い、島根県のメイプル牧場の牛乳で仕上げた本格派のイタリアンジェラート。 …

 

【オーサンファーム/邑智郡川本町】「えごま」で地元と全国の人々を元気に!

近年、「ヘルシーな植物油」として脚光を浴びている「えごま」。それをブームになる15年以上も前から栽培し続けて、地元・川…

 
page top