2020年5月17日  -  レジャー・体験 / 体験観光

レジャー・体験 / 体験観光

【出雲日御碕灯台/出雲市】神話の国にそびえ立つ、日本一の高さを誇る「海の守護者」!

島根半島の西端、出雲大社から約10kmの地にそびえる、美しい白亜の灯台。43.65メートルという日本一の高さを誇り、海面から頂点までは高さ63.3メートルもある。
放つ光の強さ=光度は48万カンデラで、その灯りは約40kmもの沖まで届く。建設から117年を経た今も、なお山陰の海の安全を守り続けている。

日本海の青に映える、美しい白亜の灯台。

海を行く船と、その船に乗る人々の安全を守り続けてきた「灯台」。
航海の目印として岬や港などに建てられ、その姿と光で船を導いてきました。

その起源は古代、人々が丸木舟やいかだに乗っていた頃にまでさかのぼります。
目的地にたどり着くためや、港に戻るために、最初は岬の先端やそこにある木などを目印としていました。

ですが、船を造る技術や航海の技術が進化するにつれ、船は巨大になっていきました。すると航海の距離もまた長くなっていき、初めて行く地の目印が自然物だと分かりにくくなってしまったのです。
そのため、より分かりやすいように、高い塔を建てて頂上に光を灯すようになりました。

こうして灯台は、現代のような姿になりました。
中でも日本一の高さとそれにふさわしい美しさをあわせ持つ『日御碕灯台(ひのみさきとうだい)』は、船だけでなく、多くの人々をも惹きつけています。

明治36(1903)年に建てられて以来、日本一の高さを今まで守り続けている。

美しい純白の姿は、灯台がそびえる地・美保関町(みほのせきちょう)から切り出された「森山石」で造られている。
※森山石:島根半島北東部の海岸などから採石された凝灰質砂岩。海石とも呼ばれる。
灯台の内壁はレンガ造りで、外壁と内壁の間には空間が設けられており、特殊な二重構造となっている。

その歴史的な価値と文化的な価値の高さから、平成10(1998)年に「世界の歴史的灯台百選」に選ばれた。
さらに平成25(2013)年には、国の「登録有形文化財」にも選ばれて、名実ともに“日本一の灯台”となった。

『日御碕灯台』がそびえる地は、島根から鳥取にかけて広がる「大山隠岐国立公園」の一部。
海の波に浸食された奇岩をはじめ、紺碧の海や緑なす松林などの風景が、実に風光明媚で美しい。

見学のススメ ~日本一の灯台の歴史を間近で感じよう~

この美しい『日御碕灯台』は、ただ眺めるだけでなく、その内部を見学することもできます。
※2020年5月15日現在、新型コロナウイルスの影響で見学は休止中(再開日は未定)

内部は長大ならせん階段が巡らされており、参観料を払えば遥か頂上の展望台にまで昇れます。
その段数は、なんと163段! これを昇って至る約40メートルの高さの展望台からの眺めは、まさに絶景です。

眼下に広がる広大な日本海のパノラマと、島根半島の全景、そして晴れの日に遠望できる中国山地や隠岐諸島などの眺めは格別です。

また、敷地内にある「灯台資料展示室」では、その歴史や構造の秘密などを知ることができます。
※入場は無料

「灯台資料展示室」の内部。実はハイテクな灯台の秘密が分かる。

灯台の内部。縦長の空間をフルに生かして、海の安全を守る仕組みを作り上げている。

ガイドツアーのススメ ~日御碕の人々による、とっておきの見どころ案内!~

灯台だけでなく、その周囲の大自然をも含めて楽しみたい『日御碕灯台』。
そんなゲストのために、地元の人々が至れり尽くせりのガイドツアーを行っています。

●定時ガイド 「神縁(しんえん)」
催行日:2020年4~11月 / 毎週 土曜・日曜
時 間:60分(全コース約700メートル/途中離脱OK)
料 金:500円(小学生以下は無料)
コース:日御碕ビジターセンター → 神蹟 隠ヶ丘 → 経島 → 日御碕神社

日本遺産の「日が沈む聖地 出雲」に指定されている日御碕には、『日御碕灯台』の他にも出雲神話の名所などが多々あります。
神々ゆかりの史跡や、日御碕 特有の大自然にたっぷり触れられるガイドツアーで、その魅力を堪能しましょう。

また、7~9月の第1土曜日には、雄大な日本海から『日御碕灯台』を望める“日御碕クルージング”とのセットプランも行なっています。

この「特別プラン」では、柱状節理(ちゅうじょうせつり)などの地質学的にも貴重な絶景スポットがある日御碕の風景を、爽快なクルージングと親切なガイドで楽しめます。
※詳細はホームページで確認(要予約)
※新型コロナウイルス感染拡大防止策のため、2020年4月~5月末までガイドは休止中
※2020年6月以降も、動向次第で休止の可能性あり

「神縁コース」と「特別プラン」で訪れる経島(ふみしま)は、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。さらに近くにある『日御碕神社』の神域でもあり、年に一度、8月7日の例祭の時にだけ宮司が舟で渡ることを許されている。
また、近くの海岸には環境省が定める“特定植物群落”の「日御碕海岸の崖地草本群落」もあって、豊かな自然が残されている。

さらに、ゲストの希望に合わせて訪れるスポットをカスタマイズしてくれる「予約ガイド」もあります。
以下のコース例から、スケジュールや人数に合わせてコーディネートしてもらいましょう。

●予約ガイド
・時間と希望にできるだけ沿ったガイドを提案(要お問い合わせ/要事前予約)
・日御碕を知り尽くした地元ガイドが、日御碕の見どころをたっぷりご案内!

【コース例】
①日御碕 満喫コース(80分/3,500円)
『日御碕灯台』をはじめ、日御碕の見どころをふんだんに網羅した充実のコース!

②灯台周辺コース(40分/2,500円)
『日御碕灯台』について、より深く知ることができる灯台をメインとしたコース。

③神社案内コース
ふたつの社(やしろ)から成る、由緒正しい『日御碕神社』をガイドしてもらえる短時間のコース。

④夕景コース(80分/3,500円)
日本遺産の「日が沈む聖地 出雲~神が創り出した地の夕日を巡る~」に指定された、日御碕の夕景を鑑賞するコース。

全コースの集合場所:日御碕ビジターセンター
基本料金:ガイド1名につき1時間2,500円(時間超過の場合は加算)
※いずれのコースも参加者は1~15名まで
※16名以上は複数ガイドで対応(料金を加算)

「神社案内コース」で訪れる日御碕神社。およそ1,300年前に編さんされた「出雲国風土記」にすでに名が記されている、歴史ある神社!

周辺散策のススメ ~日本海の荒波に育まれた景勝美と、優雅な松並木の遊歩道に遊ぶ~

このように、灯台がある日御碕は名所や絶景スポットの宝庫です。
中でも海の波に浸食されたり、地盤が隆起してできた海岸は、柱状の奇岩・「柱状節理」や、目もくらむような断崖絶壁が連なるダイナミックな景観です。

そして優美な松林が広がる海岸沿いには、散策にピッタリの遊歩道もあり。
紺碧の日本海と、緑なす松林、そして真っ白な灯台とのコントラストは、癒しムードたっぷりです!

奇岩や小島が連なる絶景は、神代の時代を思わせる美しさ。

遊歩道のルート上で見られる「柱状節理」。
火山性の玄武岩や安山岩が五角形や六角形に割れて、それらがハニカム(蜂の巣)状に集まったもの。
地下から噴き出したマグマが冷えて固まる際にできたもので、地球の創成期の名残り。

まるで出雲神話の神々のみわざ!? 大自然の不思議・「柱状節理」に興味しんしん。

日御碕の海岸沿いで見られるのが、この「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」という珍しい岩です。
約1600万年前に流れ出た溶岩が、冷えて縮まることによってできた奇観で、「島根半島・宍道湖中海ジオパーク」のメインスポットにもなっています。

そして海の波が浸食してできた「海食崖」もあって、ここには4つの段丘面が見られます。
この段丘面は、およそ23万年前~12万年前にできたと言われており、地球が形成された時代のダイナミックな息吹がうかがえます。

『日御碕灯台』をとりまく「柱状節理」。その幾何学的なフォルムは、まるでアートな工芸品のよう!

カップルで訪れれば恋が深まるかも!? “恋する灯台”に選ばれたロマンチックな風景。

そして女性やカップルなら絶対に見逃せないのが、バレンタインデーなど特別な日の夕方~夜にかけて行なわれる灯台のライトアップ。
『日御碕灯台』は、その造形美と周囲の景観美から、一般社団法人日本ロマンチスト協会による“恋する灯台”に選ばれています。

また、灯台の中のらせん階段を一歩一歩 空に向かって登り続ける歩みが、「まるで高まる愛の軌跡のよう」とも言われています。

それらにちなんだがラフルで幻想的なライトアップ。
日本海に沈む夕日も一緒に見られる日没前後が、一番のおすすめタイムです。

※ライトアップについてのお問合せ:日御碕ビジターセンター / TEL:0853-54-5400
※直近のライトアップ・スケジュールはホームページに掲載
※2020年5月15日現在、新型コロナウイルスの影響でライトアップは休止中(再開日は未定)

日本海に沈む夕日。白亜の灯台が朱に染まる、幻想的なひととき。

古代から現代まで、常に船と船乗りたちの道しるべになってきた「ともしびの塔」。
ノスタルジックな感慨にふけりながら、その造形美と大自然に酔ってみてはいかがでしょうか?

駐車場から『日御碕灯台』に至るルートは、お土産物屋や食事処が連なるメイン・ストリート。
名物は出雲の海の幸がたっぷりの「海鮮丼」で、磯の香り漂う絶景の中で味わうのは格別!
※写真はイメージです

- DATA
出雲日御碕灯台

HPhttps://www.izumo-kankou.gr.jp/677
住所:出雲市大社町日御碕1478

電話:0853-54-5341
営業時間:9時00分~16時30分
※3月~9月の土日祝等は~17時 (12月29日~1月3日についても~17時)
内部の見学料金(参観寄付金):大人(中学生以上)300円
※小学生以下・障がい者 (付き添い1名まで)は無料
※灯台資料展示室の見学は無料

駐車場:あり(第一駐車場65台/第二駐車場175台(バス6台))
公共交通機関:バスほか(HPを参照)

- 関連記事 -

【福光石の採石場/大田市】室町時代から400年以上に渡って採掘されている、青緑色の神秘的な石。

約1600万年前に海底火山の噴出物(火山灰など)が海底に振り積もり、長い年月をかけて石となっていった“凝灰岩(ぎょうか…

 

【かに小屋/松江市】冬限定のお楽しみ! 山陰名物の「松葉ガニ」と「紅ズワイガニ」を味わい尽くそう

毎年 冬限定でオープンする、山陰名物のカニを中心とした海鮮屋台小屋。 山陰名物の「松葉ガニ」や「紅ズワイガニ」を高コス…

 

【龍頭が滝・八重滝・雲見の滝/雲南市】マイナスイオンを存分に浴びる!  四季折々の風景が美しい“滝めぐり”のススメ。

『龍頭が滝』の「雄滝」。『八重滝』と共に“日本の滝100選”に選ばれており、2つの滝で『竜頭 八重滝 県立自然公園』を…

 
page top