2019年8月28日  -  レストラン・カフェ / レストラン・カフェ

レストラン・カフェ / レストラン・カフェ

【&CAFE華羅/雲南市】風味豊かな山椒ランチと山椒スイーツが味わえる、“和のスパイス”の可能性を感じさせてくれるカフェ。

奥出雲産の高品質な「山椒」を使った創作料理が楽しめるお店。昔懐かしい古民家を改装した店内で、旬の香り漂う滋味あふれるメニューを味わえる。

心も体も元気になれる『山椒」料理とスイーツをどうぞ。

料理に一振りの魔法をかけてくれるスパイス。
創意工夫にあふれたレシピの広がりと共に、スイーツやドリンクにまでその活用の幅が広がっていますが、そんなスパイスの魅力をあらゆるメニューで堪能させてくれるお店があります。

『&CAFE華羅(あんどかふぇから)』。
奥出雲の玄関口・雲南市にあるお店で、日本古来のスパイス「山椒(さんしょう)」をアクセントに、奥出雲産の高品質な食材を用いた独創的なメニューを味あわせてくれます。

中国・四国地方には4店しかない“日本野菜ソムリエ協会認定レストラン”でもあり、店長の長島美里氏は「野菜ソムリエ」と「ベジフルビューティーアドバイザー」の2つの資格の持ち主。そのセンスと発想力でオール手作りの創作料理をプロデュースしています。

山椒と伝統食材の魅力を新たな発想で掘り下げている。コロッケ・ハンバーグ・シフォンケーキといったお馴染みのメニューも『&CAFE華羅』流のアレンジで驚きの味わいに!

ランチメニューで一番人気の「奥出雲和牛の煮込みハンバーグ」。旨味と甘味にあふれたご当地和牛・奥出雲和牛を手ごねして、野菜たっぷりのデミグラスソースで煮込んだ一品。子どもからお年寄りまで楽しんでもらえるように、独自の方法で肉を柔らかくしている。

野菜の美味しさを再発見できる、バラエティ豊かなランチメニュー。

ここに来たならぜひ味わってみたいのが、種類豊富な「華羅ランチ」。どれもほど良い量の肉や魚介類をメインに、野菜たっぷりの副菜を多数添えています。

さらに食前酒感覚で楽しめる「果物のお酢のジュース」と、デザートとドリンクまで付いていて、合計10品もの量で一律1,500円(税抜)はお値打ち!

メインディッシュは以下の7品から選べるので、何度通っても飽きません(2019年8月現在)。また、季節ごとに旬の特別メニューも登場します。

・奥出雲和牛の煮込みハンバーグ
・コロッケ2種(1日10食限定)
・奥出雲和牛のローストビーフ
・ホタテのグラタン
・サケの南蛮漬け
・奥出雲和牛のハンバーグドリア
・奥出雲和牛の焼きハヤシライス

「奥出雲和牛のローストビーフ」。肉の旨味を引き出す奥出雲の“はじかみ(粉山椒)”をふりかけて。

自家製ホワイトソースによる「ホタテのグラタン」。日本海に近い雲南市は、海の幸もリーズナブルに味わえる。

1日10食限定のコロッケランチ。ノーマルなコロッケと、テリー伊藤氏が絶賛した『雲南山椒ジャコのり』を使ったコロッケの2種類が味わえる。

「華羅ランチ」はメインディッシュのほか、以下の9品が付く。果物のお酢のジュース・煮しめの盛り合わせ・ 野菜のポタージュスープ・野菜サラダ・季節の小鉢・茶碗蒸し・ごはん・ デザート・飲み物で、いずれも地元の野菜たっぷりの滋味あふれる味わい!

山椒×スイーツの新発想。“和のスパイス”が醸し出す絶妙なアクセントを堪能。

さらに食後は、『&CAFE華羅』ならではの山椒を使ったデザート達もおすすめです。

自然豊かな奥出雲では、1,300年もの昔から山椒が栽培されてきました。現存する唯一の風土記・『出雲国風土記』にも「かわはじかみ」の名で記されています。そしてこの「山椒」は、胃腸を元気にする薬草として珍重されていました。

この奥出雲 伝統の山椒は「朝倉山椒」という品種で、フルーティーかつ爽やかな風味が特長。さらにとマイルドでほど良い辛味があり、今までにない美味しさを料理やスイーツに加えてくれます。

「こんな組み合わせがあったの!?」と驚く人も多い「山椒のクリームブリュレ」。こんがりクリーミーな舌ざわりに、山椒の香味が絶妙のアクセントを添える。

奥出雲の大自然の中でのびのびと育つ「朝倉山椒」。奥出雲は真砂土(まさつち)と呼ばれる水はけの良い土壌で、湿気に弱い山椒の栽培に最適。さらに若葉・花・実山椒と、それぞれ最適な収穫期を見極めて手摘みしている。

他にも「山椒のシフォンケーキ」・「山椒のホワイトチョコパウンドケーキ」などがあり、“山椒スイーツ”の魅力を存分に味あわせてくれます。
さらに店長の父・景山勲氏が無農薬栽培したブルーベリーを使ったスイーツや、東京の人気コーヒーショップ『RIE COFEE』からお取り寄せしたチーズケーキなどもあり、充実したカフェメニューを用意しています。

「山椒は素材そのものの味を引き立てれくれるので、どんな料理にも合わせやすいんです」とは、店長の長島美里氏の言。
「洋食との相性も良く、消化を助けたり、胃もたれを抑えるなどの薬効もあるので、年代を問わず楽しんでいただけます。さらにスパイスとしての効果で味にアクセントを付けてくれるので、思わぬ美味しさを生み出してくれます。食材として無限の可能性があるので、その魅力をぜひ知っていただきたいですね」。

蒲焼の薬味や、お吸い物の吸い口だけではない、万能とも言える用途。そんな新たな“和のスパイス”の魅力を存分に示してくれます。

「あんみつ、嬉しい3種の寒天黒蜜がけ」。ノーマル・山椒・生姜の3種の寒天が楽しめる。

無農薬栽培のブルーベリーがたっぷり入ったかき氷。スイーツにも旬が漂う。

長島氏の実家をリノベーションした店内には、昔懐かしい古道具や布製品と、それらをモダンにアレンジした雑貨類が並ぶ。かつて長島氏の母が営んでいた『古布・時代箪笥 華羅』という古道具のお店の後継で、その価値観を受け継いだしつらえも魅力。

店名の『&CAFE華羅』は「○○とカフェ」という意味。「○○」には“ここに集う人それぞれの心の中にある大切なもの”や“スタッフ達の思い”など、自由な言葉が入る。

誰の心の中にもある“あの頃”を呼び覚ます。受け継がれた精神を店名にこめて。

『&CAFE華羅』のテーマは、「心も体も元気に」だそうです。

昔からここにある、道具・器・自然・野菜などを生かして、ゲストが笑顔になれるような料理としつらえにアレンジ。食と暮らしへの感謝の心に基づいた“温故知新なものごと”に出会えます。

さらに先人達から受け継がれてきた古道具や着物なども、今の暮らしを彩るアイテムとして販売。1階の一部と2階は、それらを並べた展示スペースになっています。

隅々まで行き届いた造りが美しい「時代箪笥」。職人の手仕事による重厚な存在感は、ぜひインテリアに取り入れてみたい。

さらに『&CAFE華羅』では、こだわりのオリジナル調味料も販売しています。
限定ランチのコロッケに使われている『雲南山椒ジャコのり』は、「ベストお取り寄せ大賞」でグランプリを受賞した逸品。そして「奥出雲和牛のローストビーフ」に振りかけられている『奥出雲のはじかみ』や、ドレッシングから料理まで使える『山椒OliveOil』など、『&CAFE華羅』の美味しさの秘密を買うことができます。

加えて、お惣菜やお弁当などもテイクアウト&デリバリーで販売(要予約)。
もちろんすべて手作りで、お弁当は会議用などのシンプルなものから、結婚式用などの豪華な折り詰めまで、ニーズに合わせて対応してくれます。

【愛でるkitchen華羅】
おかず・お弁当・手作り冷凍惣菜の販売
・冷凍惣菜 1個 400円~1,000円 (炊き込みご飯・お寿司・煮しめ・サラダ・ハンバーグ・唐揚げ・南蛮漬け・キッシュなど)
・お弁当 一折 1,000円~
※要電話予約(配達 または 来店受取)
※配達エリアは店舗から30分圏内/出雲・松江エリアは1万円(税抜)以上なら配達可(要事前相談/電話にて)


できる限り自然な素材にこだわった、リーズナブルかつヘルシーな食品。評判の「野菜ソムリエ レストラン」の料理を様々なシーンで楽しめます。

お弁当の例。一品一品手作りした優しい味わいは、忙しい心身にホッと染み入る。

野菜中心のヘルシーなメニューで、お子様からお年寄りまで安心して食べられる。

オードブルも3〜4人分から注文可能(3,000円~)

特別な日のお祝いや、故人を偲ぶ集いにも最適。

また、『&CAFE華羅』には別棟の貸切客席があります。

優雅なお座敷と回廊を備えた旅館のような『華寿(Kaju)』に、豪農の館のような『楽市(Rakuichi)』。それぞれ奥出雲の歴史を偲ばせる造りで、気の置けない集いを開けます。

また、『&CAFE華羅』の本店には最大30~60名が入れて、こちらも貸切できます。

【会席料理】
料金:1名 2,500円~
予約人数:2名から
※要電話予約
※会食時間:2時間(~22時まで)


さらに食や食にまつわる文化・知識などを学べる教室・イベント・セミナーも開催。そして毎週木曜日には、『&CAFE華羅』と仲間達の食品・お惣菜・お弁当などが買える“食の市”を開催しています。

【がんばらない市@華羅】
開催日 / 毎週木曜日
開催時間 / 16:00~19:00
お問い合わせ / 0854-42-5887(&CAFE華羅)

「今日は忙しくて疲れたなあ」
「晩御飯を作る気持ちになんとなくなれない……」
「たまにはさぼってゆっくりしたい!」
といった、「いつもがんばっている」人達を応援。

丁寧で真面目な食を供しつつも、忙しい人々に優しく寄り添ってくれる場所。あなた好みの“食”がきっと見つかるでしょう。

昔ながらの“丁寧な食”を、奥出雲の空気に包まれながら味わう。

- DATA
&CAFE華羅

HP:http://www.kara.co.jp/
住所:島根県雲南市木次町東日登240-4

電話:0854-42-5887
営業時間:9:30~17:00(ラストオーダー16:30)
※ご予約はお電話にて承ります

- 関連記事 -

【玉造温泉/松江市】 まるで天然の化粧水! 「神湯」と称えられた日本最古の美肌温泉。

「一度入れば肌が若返るようになり、二度入ればどんな病も治ってしまう。」 それが効かなかった事はないと言われており、人々…

 

【第3回 出雲バル/出雲市】出雲の街がまるごと“バル”になる! 神話の国の美味とお酒を味わい尽くそう。

51店舗もの個性あふれるお店が、自慢の一皿と一杯でおもてなし! 和・洋・中華からカフェ・居酒屋・バー・ダイニングなどな…

 

【茶三代一/出雲市】出雲ならではのお茶で「心のゆとり」を提案。

企業スローガンは「ゆとりある生活は一杯のお茶から」。バラエティ豊かなお茶を取り揃え、暮らしのゆとりを一杯のお茶でケアす…

 
page top