2019年6月22日  -  温泉・宿泊施設 / ホテル

温泉・宿泊施設 / ホテル

【森のホテル もりのす/飯南町】ここは島根の軽井沢! 別天地のように涼しい高原で “森林セラピー” を体験。

中国山地のほぼ中央、島根と広島の県境にある飯南町は、豊かな森と澄んだ空気、清らかな水に恵まれた別天地。日本有数の避暑地・軽井沢にも引けをとらない魅力にあふれた地で、身も心も癒してくれる “森林セラピー” に浸ろう。

静かな森の中にたたずむ、癒し効果満点のホテル。

年々暑さが厳しくなっていく日本。「今年の夏はどれくらい暑くなるのかな…」と、今から憂鬱になっている方々も多いかもしれません。

そんな方々に、とっておきの避暑地があります!
それは『森のホテル もりのす』。
町ぐるみで “森林セラピー” を推進している飯南町(いいなんちょう)にあり、真夏でも爽やかな空気とレジャーが楽しめる、瀟洒(しょうしゃ)でラグジュアリーなホテルです。

標高約570メートルの高原は、避暑やバカンスにぴったり。さらに手付かずの大自然の中で、いま注目の “森林セラピー” を体感できます。

時計やテレビを置いていない館内で、鳥のさえずりや川のせせらぎをBGMに過ごすのもよし。休日らしい、自分らしいひとときを過ごせる地で、お好みに合ったステイを満喫できる。

ウッディなしつらえの館内は、ただ滞在するだけでも癒し効果たっぷり! ホテルを取り囲む森を散策すれば、身も心もリラックスできる。

過ごしやすい気候と豊かな自然の中で、身も心も癒されるひとときを。

“森林セラピー” とは、古くから行われてきた “森林浴” を、医学的かつ科学的に検証した上でアレンジしたもの。ただ森の中を散策するよりも、ずっと高い癒し効果が得られます。

『森のホテル もりのす』がある飯南町では、この“森林セラピー” の生理実験を実施。その結果、国立研究開発法人・『森林総合研究所』によって、一定の癒し効果やリラックス効果があることが認められました。

また、木々が放出している “フィトンチッド” という物質には、ヒトの免疫力を高める効果もあります。そんな “森林セラピー” を全身で感じられるのが、『森のホテル もりのす』の特長です。

チェックインの前、またはチェックアウトの後に参加できるセットプランでは、ホテルのすぐ横にある『森林セラピーロード』をガイド付きで散策できます(約3時間/通常\8,000(税別)のメニューを\6,000(税別)に割引)。 さらに、ただ『森のホテル もりのす』に滞在するだけでも十分に森林浴気分を味わえます。

心身の健康やライフスタイルを見直すきっかけにもなる “森林セラピー”。ただ歩くだけでは気づけない自然の息吹や、森と木々の様々な表情などを、専門のガイドが五感全てで感じさせてくれる。

珍しい鳥や植物と出会いながら、森の空気と自然のパワーを体全体で吸い込む。「心も体もリフレッシュできた」という声が多数!

緑あふれるロケーションで存分にリラックス。

もちろん、館内でゆったり過ごすだけでもくつろげると評判です。
インドネシア製の家具をしつらえた落ち着いた空間は、まさに大人のための上質なスペース。休養・読書・メディテーションなど、思い思いに過ごしながらリラックスできます。

また、赤・白・泡などのワインや、角ハイボール・多数の銘柄ビールなどが飲み放題となる “アルコールフリープラン” も人気(基本料金+\3,500(税別))。
全10室しかない静かな空間で、贅沢な休日に浸れます。

常連やリピーターが多く、「また来ます」と言って帰っていく人も。上質な「大人の隠れ家」として、特に都市部からのゲストが多い。

味の濃さが段違いの高原野菜と、地元和牛の希少部位を味わえるプランも。

高原野菜と奥出和牛のグリルでさらに大満足!

もちろん、食事も上質かつ新鮮なメニューを提供しています。
高原の豊かな自然と寒暖差に育まれた地元野菜と、島根が誇るブランド牛・奥出雲和牛がふんだんに食べられるのが “飯南町グリルスタイルディナー”(基本料金+\3,500(税別))。『森のホテル もりのす』に来たなら、ぜひセットしたいプランです。

多彩な食材を目の前で焼き上げてもらいながら、自家製のふわふわパンとともに味わうひととき。大人にふさわしい贅沢と、館内でありながらアウトドアのようなワイルドさが同時に楽しめます。

特にうれしいのが、奥出雲和牛の肉質。赤身なのに非常に柔らかく、かつ、ほど良い脂の旨みも感じられるランイチ(モモの中のサーロインと隣り合った部分/ランプ・イチボ・ネクタイの3部位が含まれる)を厳選して、ヘルシーかつグルメな味わいを楽しめます。

もっと森や木々と親しめるキャンプ場もあり!

「森のすがすがしさをもっと身近で感じたい!」
「快適なホテルもいいけど、ワイルドなアウトドア体験もしてみたい」
そんな方には、ホテルの目の前に広がるキャンプ場もおすすめです。

こちらは『飯南町ふるさとの森キャンプ場』。やはり豊かな緑と清らかな空気が楽しめる、飯南町ならではのネイチャー・スポットです。
デイキャンプやバーベキュー(10:00~17:00)で利用することも可能なので、『森のホテル もりのす』の前後に楽しむのもおすすめ。もちろんキャンプ泊もできるので、ホテルとキャンプ場を連泊するのもおすすめです。

『森のホテル もりのす』のテラスやキャンプ場からは、満天の星空が望める。喧騒とは無縁の静寂の中で、贅沢な避暑に浸ろう。

併せて楽しみたい飯南町のレジャースポット。

さらに飯南町全域にも、様々なレジャースポットや観光地があります。
まずは神社に飾られている注連縄(しめなわ)を作る体験ができる『大しめなわ創作館』。出雲大社をはじめ、全国各地の名だたる神社の注連縄を作っている職人さん達に指導してもらえます。
プロの手技を間近で見学することができ、飯南町が町全体で守り、伝えてきた伝統技術に触れられます。

そしてお土産を探すなら、高原ならではの食やグッズであふれた道の駅が二ヶ所。
『道の駅 赤来高原』と『道の駅とんばら』では、それぞれ個性ある品揃えで野菜・果物・地域の特産品などを販売しています。

さらに大国主命が発見したと言われる『頓原ラムネ銀泉』や、黄金色の濁り湯『加田の湯』など、やはり個性豊かな温泉もあり。
他にも飯南町と隠岐の島の食材を使ったアイスクリーム店・『ラムネMILK堂』や、家庭的な薬膳料理が味わえる『ミセス・ロビンフッド』など、飯南町にしかないスポットが目白押しです。

これらも含めたプランを立てて、心行くまで大人の休日を満喫してみてください。

部屋は冷暖房完備だが、ラウンジ等の共有スペースには冷暖房が付いていないほど涼しい。窓を開けているだけで、爽やかな森の空気を堪能できる。

山陰地方独特の柔らかな陽光と、高原ならではのマイナスイオンたっぷりの空気で、全身をリフレッシュ!

- DATA
森のホテル もりのす

HP:http://www.iinan-net.jp/~morinosu/
住所:島根県飯石郡飯南町小田842-2

電話:0854-76-3119
受付時間:10:00~18:00
チェックイン:15:00~
チェックアウト:翌朝11:00まで
休館日:火曜・水曜
※冬季は休業(12月上旬~3月中旬)

<宿泊料金>
・1泊朝食 ¥7,500~(税別)
・1泊2食 ¥11,000~(税別)
※ご予約・お問い合わせはお電話にて
※ご利用希望月の3か月前よりご予約可能
※夏場の “森林セラピー”は虫が多いため、虫よけスプレーのご持参がおすすめです

<キャンプ場 料金>
・宿泊 \3,600(税別) / 15:00~翌日13:00まで
・デイキャンプ \2,000(税別) /  10:00~17:00
・バーベキューサイト \1,080(税別) / 10:00~17:00
・コインシャワー \100(税込) / 1回5分
※キャンプアイテムの貸し出しや販売(アミ・トング・炭・薪・食材等)は行っていません
※ゴミやバーベキューの炭の処理はセルフサービスです
※ペットの同伴可

- 関連記事 -

【香木の森公園/邑智郡邑南町】オーガニック ガーデンを目指す、爽快な高原のハーブ園。

体や暮らしに有益なハーブに、美しく爽やかな庭園で親しめる。ハーブの苗やハーブグッズの販売・クラフト体験なども行っており…

 

【茶三代一/出雲市】出雲ならではのお茶で「心のゆとり」を提案。

企業スローガンは「ゆとりある生活は一杯のお茶から」。バラエティ豊かなお茶を取り揃え、暮らしのゆとりを一杯のお茶でケアす…

 

【紅茶専門店ロンネフェルトティーブティック・ティーハウス松江/松江市】茶の湯文化が香る城下町で、ドイツの本格紅茶によるティータイムを愉しむ。

ドイツの紅茶専門店『ロンネフェルト』の、日本初の認定ティーハウス&ティーブティック。 国内に6店舗しかない『ロンネフェ…

 
page top