menu menu menu menu

2021年10月4日  -  

出雲の古民家カフェ兼チョコレート工場で味わう、本格「Bean to Bar」チョコレート!【沖野上ブルーカカオ/島根県出雲市】

出雲の本格チョコレート 出雲大社のそばにある、古民家を改装したカフェ兼「Bean to Bar」工場。

「Bean to Bar」とはカカオ豆(Bean)から板チョコレート(Bar)にするまでの工程を、同じ作り手が一貫して手がけたチョコレートのこと。
世界各国から厳選したカカオ豆を取り寄せて、手作業で焙煎・粉砕・すりつぶしなどの工程を行なって、一枚一枚丁寧に仕上げています。

そして基本となるダークチョコレートの原材料は、カカオ豆と砂糖のみ!
その他のチョコレートも厳選した良質な材料だけを使っていて、産地や種類ごとのカカオ豆の味わいを楽しめます。

チョコレート好きでも初めて出会う驚きがいっぱいの、出雲の本格チョコレート店です。

古民家カフェ兼チョコレート工場

チョコレート好きなら見逃せない、出雲の古民家カフェ兼チョコレート工場!

日本人はチョコレートが大好き!
街には無数のチョコレート商品が並びますが、新鮮なカカオ豆で手作りした、カカオ豆本来の味わいの「Bean to Bar」を食べたことのある人は、まだまだ少数派かもしれません。

そんなレアな「Bean to Bar」を、世界各国から厳選したカカオ豆で手作りしているのが、この『沖野上ブルーカカオ』。

カカオ豆からチョコレートになるまでの工程をすべて人の手で行ない、カカオ豆そのものの味と風味を大切に仕上げています。

チョコレート工場とカフェが同居! 出雲の古民家を改装した、雰囲気たっぷりの空間にチョコレート工場とカフェが同居!
常時5~6種類のカカオ豆を産地から輸入して、それらから作った新鮮なチョコレートとカフェメニューを提供。

上質な「Bean to Bar」を味わいながら、それらが生まれた店内のチョコレート工場を見学できる、チョコレート好きにはたまらないスポット!

ブルーチョコレート 「カカオ豆って産地ごとにこんなに味が違うの!?」
と驚いてしまう、『沖野上ブルーカカオ』のチョコレート。

ダークチョコレートだけでも産地別に6種類もあって、ソムリエ気分の食べ比べが楽しい!
そして店名の由来になった珍しい「ブルーチョコレート」は、ぜひ味わってみたい1枚。

カカオを使ったスイーツやドリンクメニューがいっぱい 世界各国のカカオ豆の違いを実感できる、素材の個性を生かした味。
チョコレートの他にもカカオを使ったスイーツやドリンクメニューがいっぱいで、居心地の良い店内でゆったり味わえるほか、一部はテイクアウトもできる。

カフェならではのオシャレな空間 「チョコレート専門店=チョコだけを売っているお店」
と思われがちだけど、カフェならではのオシャレな空間や、『沖野上ブルーカカオ』ならではの個性的なメニュー、趣向をこらしたディスプレイやインテリアなど、すべてにこだわりがいっぱい!
この空間で味わうチョコレートの味は、もちろん格別。

本格「Bean to Bar」と、激レアなチョコレートドリンクがいっぱい! ~ 人気商品とメカフェニュー ~

『沖野上ブルーカカオ』のチョコレートは、珍しいタブレット型。
普通の板チョコにはない食べごたえが楽しめて、原料のカカオ豆の風味や味わいもしっかり分かります。

特におすすめ&人気のチョコレートは、以下の4つ!
カフェでしか味わえないカフェメニューもあるので、ぜひ制覇してみましょう。

●ブラックチョコレート(6種類)

ブラックチョコレート(6種類)

カカオ豆の産地別に6種類あり、原材料はすべてカカオ豆70%と砂糖30%だけ!
とってもピュアなブラックチョコレートです。

種類はガーナ、トーゴ、コスタリカ、ハイチ、ベトナム、グレナダで、一番人気が高いのはガーナ。
甘味・苦み・酸味のバランスがとても優れていて、重層的な味が楽しめます。

その他のブラックチョコレートも
「カカオ豆の産地ごとに味や風味がしっかり変わる!」
と大好評。

カカオ豆本来の味を知るのに最適な、産地ごとの個性が香るチョコレートです。

●ブルーチョコレート

ブルーチョコレート

『沖野上ブルーカカオ』の名前とチョコレート作りの原点になった、珍しい青いチョコレート。

この色は天然のバタフライピー(青いハーブティーで知られるタイ原産のマメ科の植物)だけで付けていて、味は紅茶のような香り高いフレーバーと、レモンのような爽やかなほろ苦さが特徴です。

お店のスタッフ一同の
「いつか青いチョコレートを作りたい!」
という想いで完成した、『沖野上ブルーカカオ』の原点にして頂点とも言える一枚。
Instagramでもたくさんの食レポが上がっている大人気商品です。

●カカオミルク(カフェメニュー)

カカオミルク(カフェメニュー)

カカオの皮で作った「ハスク」というお茶をベースにした、マイルドかつ香り高いカカオミルク。

『沖野上ブルーカカオ』には定番のチョコレート・ドリンクも多数ありますが、とっても珍しくてなかなか手に入らない「カカオ茶(ハスク)」を使った一杯は、飲めばチョコレート通でもびっくり!

ベースの「カカオ茶(ハスク)」は単品でも売っていて、こちらはほうじ茶のような味わい。
とはいえ、ミルクや砂糖と不思議によくマッチするドリンクです。

特徴はサッパリした飲み口と、カカオの豊かな香り。
不思議でレアなドリンクで、出雲旅行のお話のタネにピッタリです。

●カカオソーダ(カフェメニュー)

カカオソーダ(カフェメニュー)

やはり「カカオ茶(ハスク)」を使った新感覚のドリンクで、暑い夏に最適なサッパリした味わい!

ビジュアルは美しいツートンカラーで、カカオ茶のダークブラウンが下に、ソーダのホワイトブルーが上になったグラデーションが涼を誘います。

アクセントに入ったレモン果汁のサッパリ感と、わずかにほろ苦いカカオ茶の風味が合わさって、今までにないフレーバー♪

多彩なメニュー

この他にもたくさんのカフェメニューがあって、「タピオカカカオミルク」「ほっとちょこれーと」「冷しちょこれーと」「沖野上コーヒー」など、どれも『沖野上ブルーカカオ』ならではの個性的な味わい!

チョコレートは他に「出雲抹茶チョコレート」「ホワイトチョコレート」「ホワイトチョコレート×カカオニブ」などがあり。
クッキーのような歯ざわりで、チーズやキャラメルを思わせる食感の「焼きチョコレート」などもあります。

焼きチョコレート 楽しくて美味しい、オシャレなチョコレートとカフェメニューがいっぱい!
ここでしか手に入らない、出雲の老舗店とのコラボメニューなどもあり。
(写真は「焼きチョコレート」)

『沖野上ブルーカカオ』

広島からやって来たチョコレート好きの仲間たちが、出雲で営むカフェ&チョコレート工場。

『沖野上ブルーカカオ』の始まりは、実は広島県の福山市。
福山市の沖野上町にチョコレートを愛する3人が集まって、カカオ豆からチョコレートまでの製造工程をじっくり研究・開発してきました。

成功と失敗を繰り返し、泣いたり笑ったりしながら、チョコレートを食べる人達の笑顔を目指して邁進!
「まだ出会ったことのない誰かが笑顔になれるチョコレート」を、新天地の出雲で広めています。

出雲大社そばの本店兼チョコレート工場は、2017年にオープン。
さらに2021年8月にはショッピングセンター「ゆめタウン出雲」の本館1Fに3号店がオープンして、神話のふるさとで味わえる本格チョコレートとして、いっそう人気が高まっています。

「ゆめタウン出雲店」内の3号店 「ゆめタウン出雲店」内の3号店。
『沖野上ブルーカカオ』ならではのオシャレなディスプレイと、ここでしか買えない新メニューがお出迎え!

3号店限定の新メニュー「チョコレートフィナンシェ」 3号店限定の新メニュー「チョコレートフィナンシェ」。
今のところ「ゆめタウン出雲店」でしか手に入らないレアなスイーツで、これらももちろん『沖野上ブルーカカオ』のチョコレートを使用!
※「チョコレートフィナンシェ」は、本店でも今後発売の予定あり

「ゆめタウン出雲店」限定の「チョコレートバナナジュース」 こちらも「ゆめタウン出雲店」限定の「チョコレートバナナジュース」。
やっぱり『沖野上ブルーカカオ』のチョコレートを使っていて、普通のチョコレートバナナジュースとはひと味もふた味も違う美味しさ!

『沖野上ブルーカカオ』

- DATA
沖野上ブルーカカオ(okinogami blue cacao’s)

HPhttps://www.okinogami-blue-cacaos.com
Instagramhttps://www.instagram.com/okinogami_blue_cacao.s/

<本店&チョコレート工場>
住所:島根県出雲市大社町杵築南765-1

電話:0853-53-5310
営業時間:10:00~17:30
休日:不定休
※休日はInstagramやFacebookにて告知

<ゆめタウン出雲店>
住所:島根県出雲市大塚町650-1(ゆめタウン出雲 本館1F)

営業時間:10:00~19:00
休日:不定休
※休日はInstagramやFacebookにて告知

※写真提供:沖野上ブルーカカオ/無断転載禁止

- 関連記事 -

島根の匠の器で、日々の暮らしをより豊かに! 鮮やかな焼き物で心も明るく。【石州亀山焼/島根県浜田市】

「島根県ふるさと工芸品」に指定されている、島根県西部の窯元(かまもと)。 創業49年の老舗ながらも、その作風はモダンで…

 

松江城のお膝元で松江の‟お茶文化”を楽しめる、島根産食材にこだわったテイクアウト・カフェ!【Café&Sweets Matsue Chatté (マツエチャッテ)/島根県松江市】

松江城とそれを取り巻く堀川を眺めながら、松江の‟お茶文化”と‟おもてなし文化”を楽しめるカフェ。 松江に‟お茶文化”を…

 

鳥取砂丘のそばにある、「カニが主役の小さな水族館」! 知れば知るほど楽しい「カニ」と海の生き物たちの秘密。【とっとり賀露かにっこ館/鳥取県鳥取市】

鳥取と山陰の名物と言えば、カニ! そのカニをメインに鳥取の海にすむ生き物たちを展示して、その生態や魅力を紹介しているの…

 
page top