2019年5月25日  -  食・グルメ / 酒(ワイナリー・蔵元・醸造所)

食・グルメ / 酒(ワイナリー・蔵元・醸造所)

【奥出雲葡萄園/雲南市】出雲神話のふるさとに佇む自然派ワイナリー。

自社農園で丹精こめて育てた葡萄で四季折々のワインを醸す。美味しさと安全性で名高い『木次牛乳』の木次乳業がプロデュースしたワイナリー。

手の届く範囲の “食” を目指す、地産地消の小規模ワイナリー。

松江自動車道の三刀屋木次(みとやきすき)ICから、車で約10分ほど走った山あい。出雲神話に語られた雄大な自然が残る地に、こだわりの自然派ワイナリーがあります。

『奥出雲葡萄園』。
自然と生き物に優しい生態系を乱さない農業と、それで醸されたワインから生まれる人々とのコミュニケーションを大切にする、小規模でありながら確かな個性を持ったワイナリーです。

自家製ワインの醸造と販売に、こだわりの食品やグッズを取り揃えたショップ。さらにワインとのペアリング(料理をより美味しく味わえるように考えられた、ワインと料理との組み合わせ)を意識した料理やデザートが楽しめるレストランなど、ワインにまつわる様々な体験が楽しめます。

奥出雲の清涼な山中に広がるロケーションが素晴らしい。中国山地の大自然に囲まれながら、忙しい日々を忘れてリラックスできる。グルメも大満足のワインや料理はもちろん、まるで森林浴をしているかのような景色と空間に癒されるひととき。

丁寧で健康的な食を目指すシンボル農園・『食の杜』の中にあり、周囲には『杜のパン屋』・『豆腐工房しろうさぎ』・『田舎料理かやぶき』・『大石葡萄園』などがある。

季節ごとに続々と登場する個性豊かなワイン達。

『奥出雲葡萄園』のワインの特長は、自家農園と契約農園で栽培した葡萄ですべてのワインを醸造していることです。
また、その育て方も有機栽培を目標とした丁寧かつ手間のかかるもの。「体の中に入れて、体の材料とする食品は、なるべく安心な物を選びたい」というこだわり派の人々に大きく支持されています。

それでいて、ワインの生産量は年間約5万本と、丁寧なものづくりのポリシーに対してなかなかの規模。
全十数種類のワインを季節ごとに続々とリリースし、何度訪れても新鮮なワインに出会えます。

こうした個性豊かなワイン達と折々に出会える楽しさは、まさに “ご縁の国” 出雲ならではのもの。爽快で癒されるロケーションも相まって、連日多くの観光客で賑わっています。

通年販売している『杜のワイン』(白・赤・ロゼの3種類/写真は白と赤) 各750ml 1,944円(税込)
白はフルーティーで癖のない味わい、赤は柔らかな渋みと酸味が特徴の野趣あふれる味わい。どちらも食事に良く合う。その他のワインはそれぞれ少量のみの醸造で、販売期間はリリースから2~3ヶ月程度。気に入ったワインはすぐにゲットしよう。

中国地方一の桜並木で知られる木次町のワイナリーならではのワイン『きすきのさくら』 720ml 1,836円(税込)
咲き誇る桜の花々をイメージした可憐なロゼ色で、春の到来を感じさせるやや甘口の優しい味わい。販売は桜の季節限定で、同じ雲南市内の大東町の河津桜が咲き始める2月下旬から、最も花期の遅い三刀屋町の御衣黄(ぎょいこう)が終わる4月中旬頃まで。

日本で開発された山葡萄系の品種で醸した『小公子』 750ml 3,780円(税込)
濃い赤紫色の野趣溢れるテイストで、全国各地のワイン通がこぞって買い求める絶品ワイン。発売と同時に完売することも珍しくなく、毎年10月の予約開始には争奪戦となる(販売は11月頃)。

スパイスやミネラル感のある落ち着いた香りの中に、スミレの花やベリーの香りも感じられる『メルロ』(左) 750ml 3,240円(税込)
右は柑橘類やハーブの香りに加え、樽熟成からくるウッディな香りが楽しめる辛口白ワイン『シャルドネ』 750ml 3,240円(税込)

ワインは試飲も可能(一部の銘柄は有料)。

緑と陽光に包まれたレストランで、奥出雲の地産地消グルメを。

『奥出雲葡萄園』の評価の高さの秘密は、ワインだけでなく併設のレストランにもあります。
やはり丁寧で体に優しい食を心掛けたメニューの数々は、いずれもワインとの相性が抜群! ランチと喫茶タイムのみの営業ですが、週末や祝日は予約をしないと入れないこともあるほどの人気です。

イタリアンを基本に和洋仏のエッセンスを取り入れたメニューは、いずれも世代を問わず大好評。季節ごとに素材が変わるオリジナルの料理が味わえます。

一番人気の「プレートランチ」は、一皿で十数種類ものアラカルトが味わえる『奥出雲葡萄園』自慢の一品。奥出雲と周辺の食材をふんだんに取り入れた彩りあふれる料理に、思わず笑顔がこぼれます。

さらにパスタやタリアータ(薄切りの牛肉料理)・コース料理・やはり個性豊かな『奥出雲葡萄園』ならではのデザートなど、予算とお腹の空き具合に合わせて様々なメニューが選べます。
手間ひまかかった地産地消の料理は、同じく奥出雲育ちのワインと一緒に味わうのがお勧め。スタッフに訊ねれば、ショップにあるワインの中から料理に合う銘柄を選んでもらえます。

一番人気の「プレートランチ」 1,620円(税込)。内容は季節ごとに変わるため、何度も訪れて注文するファンが多数。

「奥出雲和牛タリアータ」 2,500円(税込)。前菜・パン・スープが付いた贅沢かつ大満足のメニュー。

ワインとこだわりの食品を取り揃えたショップでお土産を選ぶ楽しみも。

自家製ワインに加え、ハイセンスかつ『奥出雲葡萄園』の世界観に合った品々を取り揃えたショップも好評です。
島根県や近県産の商品が中心ですが、海外のオシャレなクッキーなどもあり、季節色豊かなジャムや地元作家の桜染め・紅茶・野草茶等もあります。

また、『奥出雲葡萄園』の母体である木次乳業のチーズや乳製品も販売。ワインと相性抜群のチーズは、ぜひ一緒に購入したいものです。

目の前に広がる自社農園では日々葡萄の手入れが行われている。緑豊かな風景の中を散策しながら、ワイン造りの過程を見学するのも一興。

ワインの仕込みの時季には、ワイナリー全体が発酵し続ける葡萄の芳醇な香りに包まれる。

地下にはワインが眠るカーヴがあり、バリック樽に詰められたワインが熟成の時を刻んでいる。その一角に設けられたギャラリーでは、絵画・写真・陶芸・木工・押し花・手芸などなど、様々な作品を展示している。

ワイン造りに参加できるイベントも開催!

さらに『奥出雲葡萄園』では、小規模ワイナリーならではのゲスト参加型のイベントも開催しています。
いずれもワイン造りの工程やワイナリーの環境に関わるもので、「私が採った葡萄がワインになる!」「私が割った薪がワイナリーで使われる!」といった楽しみを味わうことができます。

●シャルドネの収穫イベント
(9月第1週~第3週のいずれかの日曜/葡萄の生育状況によって1ヶ月前までに決定)

人気銘柄『シャルドネ』の原料となる葡萄・シャルドネを収穫するイベント。午前中は収穫に参加していただき、お昼になったらランチと昨年度の『シャルドネ』がゲストハウスの庭で供されます(ランチ後に解散)。
「去年自分が収穫してワインになったシャルドネを味わえる!」と大好評で、毎年100名あまりが集います。

●薪割りイベント
(2月末~3月中旬のいずれかの日曜日)

冬のゲストハウスを暖めてくれる薪ストーブの薪を割るイベント。やはり午前中が薪割り作業で、終了後はランチを提供(ワインは無し)。その後、解散となります。

このように、ただワインを味わったり買ったりするだけでなく、その “ものづくり” の過程を実感したり、葡萄が育てられている環境までをも体感できるワイナリー。
小規模な地産地消のワイナリーだからこそ見る・知る・味わうことができる空間で、出雲ならではのワインの世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

初春に芽吹く葡萄の新芽。5月末~6月上旬には花が咲き、四季折々の葡萄畑の風景を眺められる。その空気感と、手ずから丁寧に手入れする人々の営みを感じながら、奥出雲の大自然を散策する喜びもある。

- DATA
奥出雲葡萄園

HP:https://www.okuizumo.com/
住所:島根県雲南市木次町寺領2273-1

電話:0854-42-3480

営業時間
<ショップ>
10:00~17:00
<レストラン>
・喫 茶 10:00~11:00 / 14:30~16:00
・ランチ 11:30~14:00
休日:火曜(祝日の場合は翌日)

ワインの通信販売
https://www.okuizumo.com/wine/
受付方法:メール・電話・FAX
送料:全国一律864円(税込)/1件のお届け先につき12本以上のご注文は送料無料

※写真提供:奥出雲葡萄園/無断転載禁止

- 関連記事 -

【鬼の舌震/奥出雲町】奇岩と渓谷が奏でる大自然のアート!

巨岩と渓谷美の競演が素晴らしい、奥出雲の深山にある名勝。 神代の昔、玉日女(たまひめ)という美しい女神が住んでいたとい…

 

【境港のベニズワイガニ/鳥取県境港市】上品な甘みと繊細な食感が素晴らしい「カニの女王」。

その名の通り、鮮やかな紅色をした細身で優美なカニ。鳥取県の境港(さかいみなと)が日本一の水揚げ量を誇っている。 ~ 目…

 

【白バラ牛乳/鳥取県琴浦町】あなたへ贈る「白の一滴、心の一滴」~酪農家の心を食卓へ~

「牛乳ってこんなに美味しくて自然な味なんだ!」 そう気づかせてくれる、酪農家が牛の食べる牧草づくりからこだわった、鳥取…

 
page top