2019年6月27日  -  匠・職人 / 植物

匠・職人 / 植物

【奥出雲薔薇園/大田市】神話の郷に香る神秘の薔薇をお手元に。

古来より女性の憧れだった薔薇を、より甘く芳醇な香りと、深く濃い紅色に改良。そのオリジナル品種「さ姫」から、コスメ・薔薇茶・薔薇湯などの多彩な製品を作り出している。

女性の夢を美しい香りとともにお届け。

両手いっぱいの薔薇の花束。優雅で甘い香りに包まれるローズコスメ。バスタブに散らされた真紅の花びらに、豊かな芳香をそのまま味わえるローズティー …… そんな女性の夢を詰め込んだ薔薇や薔薇グッズは、いつの時代も多くの憧れと賞賛を集めてきました。

そんな薔薇の魅力をより高めたオリジナル品種によってオーガニックな薔薇と薔薇グッズを作っている薔薇園があります。

その名は『奥出雲薔薇園』。
豊かな緑に囲まれた奥出雲で、育て方から加工方法にまでこだわり抜いた薔薇を、生花・原料・製品などとして作り続けています。

王侯貴族の地位や権威の象徴として、庭園に植えられ、宮殿に飾られ、絵画に描かれ続けてきた薔薇。さらに豊かな効能による実用性の高さから、様々な雑貨や化粧品などに加工されてきた。

薔薇の効能をより高めた「本物の薔薇」で、優雅なライフスタイルを叶えてくれる。

「忘れられない薔薇」を作る。

『奥出雲薔薇園』は、1989年から薔薇の研究を始め、2005年に島根県で開業しました。
以来、県内各所に薔薇園を拡大・拡散。天候リスクなどを軽減して生産性と供給力を安定させ、化粧品・サロン・リゾート・外食・介護医療などなど、多数の分野に薔薇を供給しています。

薔薇は人工化合物が無かった時代には、これらで用いられる原料として欠かせないものでした。
そんな伝統的な薔薇の活用法をさらに追求し、より香りや色・味などを高めたオリジナル品種を生み出しました。

『奥出雲薔薇園』が開発したのは、以下の2品種。これらを安心・安全な無農薬栽培で育てています。

今までにない優雅な芳香を放つ、香りの薔薇「さ姫」

まずは独特な芳香と深い紅色、そして肉厚な花弁が素晴らしい大輪の薔薇・「さ姫」です。
10年もの研究・開発を経て誕生したブランドローズで、その香りと色は、薔薇を知り尽くした愛好家にも感動されるそうです。

豊かな香りは化粧品やお茶などに加工しても健在で、厚みのある花弁は時間が少々経ってもハリのある美しさを失いません。
そのためローズバスやローズティーなどの様々な加工品に最適で、深い赤色の素となっているポリフェノールも鮮やかに残るため、人工香料や着色料に頼らなくても、薔薇本来の色と香りが楽しめます。

酒米の王者「山田錦」の水田に囲まれた『奥出雲薔薇園』は、その豊富かつ無農薬の稲わらを使って薔薇を育てている。自然素材で土をマルチング(被覆)することで、雑草や病気・害虫などを防いで生育に適した環境を保てる。

薔薇の甘い香りをそのまま味わえる、甘みの薔薇「アップルロゼ」

名前の由来通り、アップル系の香りがするピンク系の薔薇です。
薔薇が本来持っている甘みを強化して、フルーティかつ芳醇な香りを高めています。
多くのシェフやパティシエ達の意見を募り、12年もの研究・開発を経て創りだされた食用品種。豊かで甘い香りと同時に、至福の美味が舌に広がります。

オーガニックの安全な薔薇は、どんな製品や食品にも安心して加工できる。

自然の力で品種を改良。

『奥出雲薔薇園』の品種改良の方法は、これまたナチュラルなものです。
まずは多種多様な薔薇を植え、薔薇同士が自然に交配ができる環境としました。そして、薔薇たち自身が新たな品種を自ら生み出していくのを待ち続けたのです。

そして10年。ようやく誕生した理想の薔薇が、「さ姫」と「アップルロゼ」でした。
人工的な交配ではなく、自然のリズムを尊重して生まれた2種は、高い生命力と豊かな美容効果を誇っています。

さらに、ようやく生まれたその薔薇を加工する方法も、またナチュラル。
咲き初めの花を早朝に摘み取り、自然な香りを残しながら天日干しにするなど、薔薇の鮮度と香りを徹底的に生かしています。また、マイナス30度で瞬間冷凍したり、それを独自の方法で瞬間乾燥させるなどして、様々な原料として使える薔薇素材を作りだしています。

『奥出雲薔薇園』の薔薇を使ったローズグッズは、生花を使う食品やローズバスでも、乾燥花を使うローズティーやサプリメントでも、薔薇本来の香り・色合い・効能などが豊かに残っています。

化粧品や食品の香り付けに使われるローズウォーターや、10kgの生花からわずか1ミリリットルしか採れないエッセンシャルオイル(製油)なども、朝摘みの花から水蒸気蒸留によって抽出。徹底的に“自然な製法”にこだわっている。

手間ひまかかるナチュラルな製法で、薔薇の潜在力を引き出してプレミアムな薔薇製品に仕上げる。

暮らしのあらゆるシーンに薔薇の香りと彩りを。

こうして作られた『奥出雲薔薇園』の商品は、いずれも薔薇の香りや効能が生きています。
美しく鮮烈な紅色も健在で、その彩りも他にはない魅力です。

・ローズドビオ プレミアムレッドローズオイル
お肌も心も喜ぶ豊かなヒーリングケア・オイル。出雲産赤薔薇とフランス産カレンデュラをブレンドした、100%自然由来のオイル状の美容液です。お顔に数滴なじませることで、芳醇な香りによるヒーリング効果と、乾燥・肌荒れ・デリケート肌のケアなどが期待できます。

・プレミアムスパークリングローズ
人工的な着色料や香料は一切加えず、「さ姫」のポリフェノールだけで鮮烈な紅色にした薔薇サイダーです。やはり薔薇エキスのみの成分で芳醇な香りと味わいを実現しており、微炭酸・微糖のもすっきりとした味わいも好評です。

・薔薇湯
女性の憧れ・ローズバスが堪能できる「さ姫」の朝摘みの花と花びら。ご自分へのご褒美や、大切な人への贈り物に最適です。

・薔薇のお茶(ローズティー)
薔薇の花びら100%のお茶。早朝に摘み取った新鮮な薔薇を天日干しにし、さらに直火焙煎で加工した上で、香り高いローズティーにしました。薔薇そのものの、自然の風味が味わえます。
別製品で、出雲産紅茶とブレンドした『薔薇の紅茶(べにちゃ)』もあります。

・梅と薔薇のミックスジャム
同じバラ科の植物である、島根県産の完熟梅とブレンドした無添加のローズジャム。島根県大田市にある世界遺産・石見銀山の周辺では、古くより梅が盛んに栽培されてきました。清浄な深山で育った梅を成熟させ、じっくり煮詰めたペーストに、『奥出雲薔薇園』の「さ姫」の花びらを合わせています。

咲き初めの薔薇は、摘まれてもそのまま花が開いていく。つぼみの段階で摘むとそこで開花が止まってしまうため、『奥出雲薔薇園』は夜が明けきらぬうちから「朝摘み」している。

ビオトープのように生き物にあふれた薔薇園で、香り高く色鮮やかな薔薇が健やかに育つ。

普通の薔薇はハウス栽培かつ農薬を大量に使うが、『奥出雲薔薇園』は無農薬。肌に触れたり口に入れるものだからこそ、安心・安全にこだわる。

プロも絶賛する際立った品質。

こうした徹底的なこだわりと栽培・加工方法によって、『奥出雲薔薇園』の薔薇は各業界のプロに絶賛されています。
そしてレストラン・カフェ・サロン・リゾート・介護医療の現場などなど、様々なシーンで活用されています。

さらにそれぞれのプロや業者からも、「他の薔薇とは明らかに違う!」と引っ張りだこ。たとえば、多種多様な食用薔薇を調理してきたパティシエからは、こんなメッセージが届いたそうです。

「独自の交配で作られただけあって、本当にオリジナルの香りがします。甘くて芳醇で、どんなお菓子に入れても豊かに香ります」。
さらに一般的な“薔薇のお菓子”や“薔薇のドリンク”には、人工香料や着色料がよく使われています。そのため不自然な香りだけが残るものが多く、『奥出雲薔薇園』の薔薇は「味と香りがバランスよく両立している」と重宝がられています。

続いてエッセンシャルオイルの本場・オーストラリアで長年暮らしていたというカフェと温泉の経営者からは、「とても上質な本物で、香りも色合いも素晴らしい」という声が届きました。

さらに東京の一等地で活躍中のシェフからは、「他にはない香りと安全性が素晴らしい。自身の料理に薔薇を使うつもりはなかったが、あまりに香りも栽培方法も優れているので、「これはぜひ使いたい」と思い直しました」という言葉も。そして「別の薔薇園を多数知っているし、それらの薔薇を取り寄せてもみましたが、 結果的には『奥出雲薔薇園』の薔薇しかない、と思いました」と絶賛されました。

天然そのものの香りと、それがそのまま舌に広がる芳醇な味わい。人工香料が大半の“薔薇製品”は苦手、という人々も虜にしています。

とても希少な「国産かつオーガニックの薔薇」として、引く手あまたの人気を誇る(出荷直前の朝摘みの「さ姫」)。

知られざる薔薇のパワーを日々の暮らしに。

美容・癒し・鑑賞などに広く使われてきたバラは、現代では最新の研究によってその効果効能が証明されるようになりました。殺菌作用や空気の清浄作用といった化学的なものから、リラックス効果・抗ストレス作用・ホルモンバランスの調整といった心身への作用まで、多くのメリットが見込まれています。

出雲地方では、古来より野薔薇(旧名:カタラ)を活用する文化があり、世界中ではさらに古くから薔薇が生活に生かされてきました。
これこそ人工化合物が無かった時代から、薔薇が「本物」の素材として知られていたことの証。『奥出雲薔薇園』は、そんな四季折々の香りと色を持つ「本物の薔薇」を再現し、使う人々に豊かさや美しさをもたらしてくれます。

ご縁の国・出雲の薔薇園として、人との繋がりを大切にしながら安心・安全とそれ以上の価値をお届けしている。

- DATA
有限会社 奥出雲薔薇園

HP:http://fregrance-rose.com/
住所:島根県大田市長久町長久ロ411番地14

電話:0854-83-7330
休日:土日祝
※現地での販売や、薔薇園の見学は行っておりません。
※園内の環境保全のため、一般の方のご入園は固くお断りしております。

- 関連記事 -

【茶三代一/出雲市】出雲ならではのお茶で「心のゆとり」を提案。

企業スローガンは「ゆとりある生活は一杯のお茶から」。バラエティ豊かなお茶を取り揃え、暮らしのゆとりを一杯のお茶でケアす…

 

【紅茶専門店ロンネフェルトティーブティック・ティーハウス松江/松江市】茶の湯文化が香る城下町で、ドイツの本格紅茶によるティータイムを愉しむ。

ドイツの紅茶専門店『ロンネフェルト』の、日本初の認定ティーハウス&ティーブティック。 国内に6店舗しかない『ロンネフェ…

 

【美保神社/松江市】漁師・商家・音楽家などの厚い信仰を集める「えびす様の総本宮」。

全国に3,385社ある、えびす様をお祀りする神社の総本宮。創建された年が定かでないほど長い歴史を持つ。 ~ 目次 ~ …

 
page top