menu menu menu menu

2021年1月20日  -  

古代から連綿と続く「たたら製鉄」の炎が、今も燃え続けているロマン! 美しい日本刀とともに、その技術の粋(すい)を紹介。【奥出雲たたらと刀剣館/島根県奥出雲町】

千年以上も前から日本で行なわれてきた、「たたら製鉄」。
砂鉄で鉄を作る技術で、日本に唯一現存していて今も動き続けているのが、島根の奥出雲にある「日刀保(にっとうほ)たたら」です。

この「日刀保たたら」は、日本刀の材料となる玉鋼(たまはがね)製造のために操業されていて、ここで作られた玉鋼は、日本全国の刀匠たちに鍛えられて美しい刀剣になります。

ここ『奥出雲たたらと刀剣館』では、そんな奥出雲の「たたら製鉄」の歴史と、「日刀保たたら」の操業のようす、刀剣作りの工程などを紹介しています。

日本の「たたら製鉄」の総本山・奥出雲の歴史がわかる博物館!

島根の東部は、かつて鉄の一大産地として栄えていました。
日本の鉄の約8割を、中国山地にあった「たたら場」が生産していたのです。

その中心地だったここ奥出雲町では、日本刀の原料になる「玉鋼」を作るために、「たたら製鉄」が今も行なわれています。

奥出雲町・雲南市・安来市に残るその歴史と文化は、「出雲國たたら風土記~鉄づくり千年が生んだ物語」として、日本遺産にも認定!

ここ『奥出雲たたらと刀剣館』では、そんな奥出雲町の「たたら製鉄」と、日本美術の逸品である刀剣について知ることができます。

世界で唯一、今も動き続けている「たたら製鉄」の施設・「日刀保たたら」を紹介!
「たたら製鉄」を支える吹子(ふいご)が時代別に3種類 復元されていて、自ら動かす体験もできる。

奥出雲の刀匠・小林さんによる日本刀の鍛錬の実演もあり!
火花が飛び散る迫力満点の技を、ぜひ見学してみよう。

実演スケジュール:毎月第2日曜日・第4土曜日
(10:00~、13:00~の各2回)

※都合により休止の場合あり

もちろん完成品の刀剣もあって、その美しさにウットリ!
自然の景観を思わせる刃文(刀身にできた波のような模様)や刀身の反りに、無骨なイメージを持ちがちな「鉄」のイメージが一変するかも?

「たたら製鉄」で作られる「玉鋼」。
その製錬技術は最新の化学工業技術にもまさる。

一度は途絶えた「たたら製鉄」の炎を復活! その技術と歴史に興味しんしん。

日本刀を作るためには、極めて純度の高い鉄=玉鋼が欠かせません。
そしてこの玉鋼を作るためには、古代より連綿と受け継がれてきた秘伝の技・「たたら製鉄」が必須なのです。

ですが戦前の1923年(大正12年)に、「たたら製鉄」の炎はいったん途絶えてしまいました。
そして奥出雲の「安来製鋼所鳥上分工場」に、1933年(昭和8年)に軍刀用の玉鋼生産のために新設された「靖国鑢(やすくにたたら)」も、戦後の1945年(昭和20年)に動きを止めてしまいました。

そして日本の貴重な文化財であり、至高の美術品でもある刀剣を作るための玉鋼は、一気に枯渇するように。

そこで「日本美術刀剣保存協会(略称・日刀保)」が、旧「靖国鑢」の施設を復元して、1977年(昭和52年)の11月に、奥出雲で「日刀保たたら」をスタートさせたのです。

「たたら製鉄」を行なうためには、その秘伝を知る村下(むらげ/たたら製鉄の全てをつかさどる総監督)などの技術者たちが欠かせません。

幸い奥出雲には、それらの貴重な技術者たちがまだ健在でした。
さらに「たたら製鉄」に欠かせない砂鉄の採取や、木炭の焼成も当時はまだ行われていて、「たたら製鉄」を復興させることができました。

そのため今も、かつてのような極上の玉鋼を作ることができます。

そして「日刀保たたら」の現在の村下である木原明さんと渡部勝彦さんは、国の「選定保存技術・玉鋼製造技術保持者」の認定を受けています。

奥出雲の「たたら製鉄」をさらに深く知りたい人は、無料ガイドをお願いしてみよう。
※HPより要・事前申し込み

知れば知るほど奥深い、日本の発展に大きな影響を与えた「たたら製鉄」のロマン。
せっかく旅行するならしっかり知っておきたい!

「(漫画・小説・ゲームなどに出てくる)本物の玉鋼や刀剣を見られて感動した!」
「鉄というと‟鈍色(にびいろ)にくすんでいる」といったイメージがあったけど、キラキラ虹色に輝いていて、とても綺麗だった!」
など、伝統の「たたら製鉄」の技に驚きの声があがる。

純粋な鉄は青や赤などカラフルに発色して、それで打った刀には刃文(はもん/刀身に波のように浮かび上がる模様)が浮かびあがる。

奥出雲では、刀剣だけでなくあらゆる生活道具が「たたら製鉄」で作られていた。
農具の鍬(くわ)や鋤(すき)など、その種類はとても膨大!
出雲市にある『出雲民藝館』などで今も見られるそれらは、明治時代の始め頃まで奥出雲で作られていた。

奥出雲の秘伝の「たたら製鉄」と、それで作られた見事な刀剣などに溜め息!

ここ『奥出雲たたらと刀剣館』は、「たたら製鉄」と「奥出雲町で作られた刀」をテーマにした博物館です。

このうち「たたら製鉄」ついては、燃料の木炭と原料の砂鉄を調達できる山林の大地主・「鉄師(てっし)」が統べていた伝統的な製法と、現代に甦った「日刀保たたら」の2つを紹介。

日本に唯一残る「たたら製鉄」の操業施設・「日刀保たたら」は非公開なので、その技や様子を知ることができるのは、ここだけ!
さらに「日刀保たたら」で作られた玉鋼や、それを含む鉄の塊・鉧(けら)などと、製鉄作業の貴重な映像などが見られます。

玉鋼を含む鉄の塊・鉧(けら)。

かつては奥出雲のほかにも、出雲地方(島根東部)の各地に「たたら製鉄」の施設があった。
それらは大体同じ製法で、たたら場の構造も同じだったが、「日刀保たたら」は原料に「真砂砂鉄(まささてつ)」だけを使うという違いがある。

ふつう、「たたら製鉄」では「赤目(あこめ)砂鉄」と「真砂砂鉄」の2種類を使うが、「日刀保たたら」は熱に溶けにくく加工が難しいものの、不純物の少ない「真砂砂鉄」のみを使う。
そのため高品質な「玉鋼」を生み出すことができる。

この製法は、「日刀保たたら」の復活に尽力した村下の安部由蔵さんが考案し、次世代の村下や村下養成員たちに受け継がれている。

刀剣・ナイフ・アクセサリー …… 極上の「玉鋼」から生まれた逸品の数々

こうしてできた「日刀保たたら」の「玉鋼」からは、新たな鉄製品がたくさん生まれています。

『奥出雲たたらと刀剣館』では、その貴重な品々の一部を展示。
思わず目を奪われる質感と輝きを、間近で見ることができます。

●黒刀「月下の笹」

「『日刀保たたら』の玉鋼をさらに活用しよう」という新プロジェクト・「奥出雲たたらブランド 」から生まれた逸品。

伝統の「たたら製鉄」と玉鋼に、現代の技術やデザイナーのセンスなどを取り入れる試みで、その名のとおり、笹の葉を思わせる優美なフォルムが見事です。

独特の黒い刀身には、金属を黒サビのメッキで覆う富山県の金属加工会社の技術を採用。
これは東京のデザイナー・島村卓実さんが奥出雲の名所・「鬼の舌震(したぶるい)」で見た‟夕闇の中で黒光りする笹”から発想して、富山県の刀匠・高田欣和さんが鍛えました。

巨大な奇岩がゴロゴロ折り重なっている奥出雲の名所・「鬼の舌震」。
人気漫画・「鬼滅の刃」のワンシーンを思わせる真っ二つに割れた「試刀岩」など、伝奇の世界のような光景が広がる。


その神秘的な姿が人気漫画「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が手にする「日輪刀」にそっくり! と評判になって、これを目当てに訪れるゲストが激増。

昔ながらの刀剣の愛好家たちも、
「こんな色や形の刀が作れるのか!」
と、伝統的な刀剣にはない色と技術に感動するそうです。

黒いメッキには、サビや腐食を防ぐ効果もあるそう。
また、刀身の裏表が鎬造と平造と異なることや、反りも普通より浅めと、全体的に珍しい造りです。

また、『黒刀「月下の笹」』のほかにも、「奥出雲たたらブランド」には刀の鍔(つば)・ナイフ・包丁などがあります。

中でも人気だという玉鋼製の柳葉包丁は、なんとお値段30万円!!
ですが日本の伝統的な刀剣の技と美しい「玉鋼」を家庭で使えるとあって、注目が集まっています。
特に昔ながらの刀剣マニアの人々が、ロマンを感じて手にとってくれるそうです。

ちなみに「鬼滅の刃」の炭治郎の刀に似た「月下の笹」も、デザイナー・島村卓実さんの会社「クルツ」を通じて450万円で受注生産してくれます。

●「TATALITE(タタライト)」ジュエリー

「たたら製鉄」をすると出る不純物・「鉄滓(てっさい)」を活用したジュエリー。

不純物と言っても釜土に含まれた酸化ケイ素のために、黒曜石のような美しい輝きがあります。

この、たたらからこぼれた溶岩状の「鉄滓(てっさい)」を《TATALITE》と名付け、ジュエリー作家協力のもと、古代のロマンが漂う、新しくも伝統的なジュエリーが作られました。



「たたら製鉄」の工程を体験! 3種類の「吹子(ふいご)」を動かしてみよう

「たたら炉」に風を送って炎の勢いを高める道具=「吹子(ふいご)」は、時代ごとに進化してきました。
『奥出雲たたらと刀剣館』では、これら「たたら製鉄」で使われてきた3種類の「吹子」を、すべて実際に動かすことができます。

伝統の「たたら製鉄」を自ら体験できる、これもまた貴重な展示!
ただ見るだけでなく、ぜひ参加してみましょう。

1.最古の「踏み吹子」
2人でシーソーのように踏みながら操作します。

お互いの息が合わないと上手く風を送れないため、コンビネーションが大事。
カップルで息を合わせたり、小さなお子さんに兄弟姉妹でチャレンジしてもらったりと、思わず笑顔がこぼれます。

2.現在も現役の「吹き差し吹子」
操作は意外なほど簡単なのに、しっかり風を送れる2番目に古い「吹子」です。

とはいえ、これは今の『日刀保たたら』でも実際に使われています。
そちらは人力だけでなく、電力で動かしています。

3.最新式の「天秤吹子」
約300年前にできた「吹子」ですが、「吹子」としては最新式で、また、もっとも大きな「吹子」でもあります。

「番子(ばんこ)」と呼ばれる係が一時間ほど連続で動かす仕組みで、『奥出雲たたらと刀剣館』では、ゲストにかわりばんこに体験してもらっています。

ちなみに「かわりばんこ」という言葉は、まさにこの「番子」が語源!
そんなお馴染みの言葉の由来を知ることもできます。

「たたら製鉄」の施設は、目に見える部分はさほど大きくは感じないが、その地下には巨大な構造が隠れている。
(写真はその断面模型)

これは1000年以上にわたって続けられてきた「たたら製鉄」の歴史の中で、トライ&エラーで改良されてきたもの。
そのため最上質の鉄を安定的で安全に作れる仕組みになっている。

「たたら製鉄」と聞くと‟既に失われた昔の技術”というイメージを持つ人が多いが、それは今も奥出雲で行われている。
悠久の時を経て受け継がれた秘法を、ここに来れば誰もが見られる!

実はエコな「たたら製鉄」! 自然と共生してきた歴史と文化

奥出雲の「たたら製鉄」の秘法や、それを受け継いだ「日刀保たたら」、また、たたら製鉄が生み出した資源循環型農業、農文化などは、「日本農業遺産」に認定されています。

「鉄を作る技術なのに‟農業”?」
と思われるかもしれませんが、奥出雲では、「たたら製鉄」を自然環境に負荷をかけずに続けていくために、独自の森林の利用管理が行われていました。

鉄づくりの材料である砂鉄を山を崩して採った跡地に、棚田を造ってお米を育てたり。
牛を放牧したり、糞をたい肥にして活用したり。
さらにその牛が、「たたら製鉄」で作られた鉄製品を運んだり。

環境破壊ではなく農業の発展につながる、エコで豊かな文化・「アグリカルチャー」が育まれたのです。

有名映画などの影響で「たたら製鉄=自然破壊」というイメージが広まってしまいましたが、実は奥出雲の「たたら製鉄」は自然資源をうまく利用して環境を修復し、山や生き物たちと共存できる技術なのです。

こうした歴史、ストーリー技術を誇りに「世界農業遺産」の認定も目指しているそうです。

自然の恵みに感謝しながら、千年以上も受け継がれてきた「たたら製鉄」。
神話のふるさとで今も続く、エコとロマンにあふれた製鉄法です。

奥出雲の「たたら製鉄」は‟お米の西の横綱”と呼ばれるブランド米・「仁多米(にたまい)」や、美しい棚田の風景、ブランド和牛・「奥出雲和牛」などを生み出してきた。
今も豊かに生い茂る緑の山々が、そのエコな仕組みを証明している。

奥出雲では、たたら製鉄でできた鉄製品を牛に運ばせていた。
役牛として力強く大きな牛が生まれるようにと、牛の増頭と改良の技術が発達していった。

これらは後に、肉牛として美味しい和牛の交配に活かされて、和牛の歴史の中でも名高い種牛(牛の品種改良や繁殖のための雄牛)・「第7糸桜号」は、ここ奥出雲で生まれた。

そしてその伝統を今も受け継ぐ「奥出雲和牛」が、全国的なブランド牛として人気を呼んでいる。

江戸時代、松江藩に「たたら製鉄」を営むことを許された「鉄師」の中でも‟奥出雲御三家”と呼ばれていた大地主のうちのひとつ・櫻井家。
その櫻井家に伝わる歴史資料や美術工芸品などを展示している、『可部屋集成館』。
こうした「たたら製鉄」ゆかりの名所が奥出雲には多数あるので、そのルーツを巡る旅行も楽しい。

古代から連綿と続く製鉄法・「たたら製鉄」の炎が世界で唯一、今も燃え続けている場所。
悠久のロマンを美しい刀剣とともに感じてみよう!

- DATA
奥出雲たたらと刀剣館

HPhttps://okuizumo.org/jp/guide/detail/208/
Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/okuizumotataratotoukenkan/

住所:島根県仁多郡奥出雲町横田1380-1

電話:0854-52-2770
営業時間:9:30~17:00(最終入館受付16:30)
休日:月曜・年末年始(12/28~1/4)

入館料:大人(高校生を含む)530円・小中学生260円
※20名以上の団体の場合は大人(高校生を含む)410円・小中学生210円

日本刀鍛錬実演特別入館料:大人(高校生を含む)1270円・小中学生630円
※20名以上の団体の場合は、大人(高校生を含む)1050円・小中学生530円

※写真提供:奥出雲町、奥出雲町地域づくり推進課、奥出雲たたらと刀剣館/無断転載禁止

- 関連記事 -

【鬼の舌震/奥出雲町】奇岩と渓谷が奏でる大自然のアート!

巨岩と渓谷美の競演が素晴らしい、奥出雲の深山にある名勝。 神代の昔、玉日女(たまひめ)という美しい女神が住んでいたとい…

 

古民家の囲炉裏で百年以上もいぶされた竹がお箸になった! 丈夫でしなやか、美しくて食べやすい「百年煤竹箸」。【煤竹工房奥出雲/島根県雲南市】

「煤竹(すすたけ)」とは、茅ぶきの古民家で、天井や屋根の骨組などに使われていた竹のこと。 囲炉裏の煙で百年、二百年単位…

 

出雲神話のふるさとに佇む、日本に名だたる自然派ワイナリー!【奥出雲葡萄園/島根県雲南市】

美味しさと安全性で名高い「木次牛乳」の木次乳業がプロデュースした、自然派ワイナリー。 自社農園で丹精こめて育てた葡萄で…

 
page top