2019年12月1日  -  温泉・宿泊施設 / ホテル

温泉・宿泊施設 / ホテル

【OOE VALLEY STAY/鳥取県八頭郡】「鳥取のすべてとつながる場所」で、「鳥取のすべて」に触れる。

「こんな山奥にこんな立派なホテルがあるなんて!」と驚くロケーション。鳥取市から車で約20分の里山で、快適なステイとレジャーを楽しもう。

鳥取の文化と自然にオシャレに親しむ。

「緑がいっぱいの大自然の中で、思う存分羽を伸ばしたい!」
「でも便利で快適に過ごしたいし、グルメやその土地ならではのレジャーも楽しみたい!」
そんな欲張りな望みを叶えてくれるのが、ここ『OOE VALLEY STAY (オオエ バレー ステイ)』です。

緑豊かな山々に囲まれた、清流のせせらぎと小鳥のさえずりが流れる鳥取県八頭町(やずちょう)。
そこに佇むかつて小学校だった建物が、ここにしかない自然・食・文化に触れられるモダンなリゾートホテルに生まれ変わりました。

鳥取のグルメと地酒を取り揃えたレストランや、アクティブなスポーツスペースも併設。お好みのスタイルで過ごせる全天候型の「里山リゾート」です。

元は小学校なのに「良い意味で期待を裏切られた!」という声が多いハイセンスな内装。「鳥取」にこだわり抜いたしつらえが、さらに充実感をアップ。

和室・洋室・北欧調など、多種多様なゲストルーム(写真は「ジュニアスイート」)。

自由気ままに、思い思いの滞在を。

『OOE VALLEY STAY』が擁(よう)するのは、以下の充実した施設群です。様々なニーズに応えるバラエティ豊かな施設が、ゆったりした敷地の中に十分な余裕をもって配されています。

・客室(スタンダード・ジュニアスイート・ドミトリー・バリアフリーほか13種類)
・ダイニングレストランIRORI
・ジャパニーズバー
・アリーナ(全天候型のプレイルーム)
・グラススクエア(全面芝生の広場/グランピングテントを併設)

さらに周辺には、以下の豊富なグルメスポットや体験スタジオもあり! 
ほんの少し足をのばせば、さらに充実した休日を過ごせます。

・ココガーデン(産みたて卵「天美卵」がメインの森の中のガーデンカフェ・スイーツアトリエ)
・大江ノ郷ヴィレッジ(”ものづくり”の過程まで見える、農と食のナチュラル・リゾート)
・大江ノ郷テラス(ビュッフェスタイルのリゾートレストラン&バンケット)
・体験スタジオ(八頭町の食と農に触れられる、全世代向けの体験教室)

どんな世代でも、どんな季節やお天気でも楽しめる“食と農”のリゾート(グランピングテントの内部)。

八頭町の食文化をモダン&ハイセンスなグルメで味わう。

このように豊富な楽しみにあふれた『OOE VALLEY STAY』ですが、一番のお楽しみは、なんといっても美しい自然が恵んでくれる”食”です。

併設の『ダイニングレストランIRORI』では、地元・八頭町で採れた山の幸やご当地ブランド肉など、鳥取県の選りすぐりの食材を提供。さらに地酒・クラフトビール・ワインなど、これまた選りすぐりの鳥取県産のドリンクも取り揃えて料理との取り合わせを楽しめます。

レストラン名の「IRORI(いろり)」は、「人々がいこい、語らう団欒の場」という意味。全席に囲炉裏をしつらえたノスタルジックな空間の中で、かつての里山の暮らしを想いながら日常を忘れられます。

里山の野趣を堪能できる「囲炉裏コース(ディナー限定)」。自ら炭火焼きして味わう鳥取和牛や鹿野地鶏をメインに、前菜からデザートまで楽しめる充実のメニュー!

ランチとディナーで選べる「鳥取和牛まぶし」。絶妙な焼き加減で仕上げた鳥取和牛を、土鍋炊きのご飯にたっぷり乗せて。

同じくランチでもディナーでも食べられる「鹿野地鶏まぶし」。噛めば噛むほどジューシーな肉汁があふれる地鶏を、甘辛いタレに絡めて。

朝食は「すべてのゲストに味わっていただきたい」と心をこめて供される「里山の朝食」。平飼いかつ自然飼料で育てられた「天美卵」の「たまごかけご飯」をはじめ、地元産の米や野菜がたっぷり。

あらゆる「お酒好き」にうれしい充実のバー!

また、併設の『ジャパニーズバー』には鳥取県内の10以上の酒蔵・ワイナリー・ブルワリーのお酒が取り揃えられています。

いずれも厳選された通のための逸品で、特に日本酒は鳥取県外には出回らない銘柄もラインナップ。3銘柄または5銘柄の日本酒を試せる「飲みくらべセット」は、酒蔵ごとの味や香りの違いを堪能できます。

大切な時間を過ごすための快適な空間。

こうしたとっておきの体験を満喫するために、ご希望のスタイルで滞在できる客室も充実。なんと13タイプもあって、リーズナブルにもラグジュアリーにもくつろげます。

グレードは最も上質な「ジュニアスイート」を筆頭に、“大人のかっこよさ”をテーマにした「デラックス」、女子の憧れ・北欧スタイルでしつらえた「スーベリア」、日本の手仕事と民芸品で満たされた「ジャパニーズ」、リーズナブルで機能的な「スタンダード」などなど、スタイルも料金も実にバラエティ豊か。

さらに遊び心あふれるロフト調の部屋や、プライバシーに配慮した男女別のドミトリーなど、目的に応じて様々な部屋を選べます。

白いレンガタイル×北欧ヴィンテージ家具の競演が美しい「ユニバーサル スーベニア」。さらにバリアフリー設計で、車椅子やベビーカーでも安心。

和の粋を感じられる「ジャパニーズ」。「ジャパニーズウッドデッキ付き」と「堀りごたつ付き」の2種類から選べる。

大人の冒険心をくすぐる「バンクベッド+男性ドミトリー」。開放的なのにプライバシーを保てる構造で、リーズナブルさが人気(女性ドミトリーもあり)。

全天候型の「遊び場」で、最先端のスポーツに興じよう。

こうした上質なしつらえに心をほどかれたなら、次は様々なレジャーにも興じてみたいもの。
季節やお天気を気にせず遊べる「アリーナ」では、ボルダリング(壁のぼり)やスラックライン(ベルト状のラインの上を歩く綱渡りスポーツ)など、今話題のスポーツに気軽に挑戦できます。
(中学生以上800円(税抜)/小学生400円(税抜))

さらにトランポリンやバドミントン、卓球なども可能。
そしてかつて竹が特産品だった八頭町(旧船岡町)の歴史を感じられる
●竹細工作り体験(1名 800円:小学生以上)
もでき、
●レンタサイクル(4時間:大人1000円/小学生以下500円/※冬季は休み
で周囲の大自然を巡ったりもできます。

屋内で、アウトドアで、思い思いのアクティビティに興じてみましょう。

※「アリーナ」は宿泊者以外も利用可能
(中学生以上1,200円(税抜)/小学生600円(税抜))

大人も子供も夢中になれるボルダリングは、屋内でも十分にアクティブ!

空も大地も独り占めできる広大な「グラススクエア」。

そして屋外に広がる一面の芝生では、さらに自由な過ごし方ができます。

ここ「グラススクエア」では、何をするのも、しないのも自由。子供にかえって駆け回ったり、寝転んで読書やお昼寝に興じたりと、爽やかな風や鹿の鳴き声に包まれながら、存分にリラックスできます。

何よりも見逃せないのは、日が暮れた後の星空!
空気が澄みきった山里ならではの満天の天然プラネタリウムに、身も心も癒されます。

ゆったりとした時の流れが、全身に染み入る。

「グランピングテント」を貸し切って、夜を過ごせるプランも好評(2時間/2,500円~)。テントの天井は透明な素材で、快適にスターウォッチングができる(宿泊者のみ/当日受付)。

地域の歴史をつなぎ、鳥取と人々とをつなぐ。

『OOE VALLEY STAY』のコンセプトは、「鳥取のすべてと繋がる場所」。
今後は自然体験や食のイベントなどなど、鳥取の魅力をさらに幅広くアピールする機会を作っていくそうです。

リノベーション元の『旧大江小学校』は、その可愛らしくてノスタルジックな外観とともに、八頭町のシンボル的な存在でした。
「この建物を未来に残していきたい」と、地域への恩返しを目的に設立されたのが、ここ『OOE VALLEY STAY』。

美しい里山と、そこに暮らしてきた人々の生活を体感していただくことで、八頭町と鳥取の自然・食・文化を多くの人々につないでいく――そんな縁と和を紡ぐ存在なのです。

大切な人と大切な時間を過ごすために、そして一人きりでゆったりと癒されるために、美しい箱庭のような山里に訪れてみてはいかがでしょうか?

鳥取の自然の中でしか体験できない遊び、緑豊かな山々や星空がもたらしてくれる癒し、海の幸と山の幸に恵まれた豊かな食――この場所から、鳥取のすべてを体験できる扉が開かれる。

- DATA
OOE VALLEY STAY

HP:https://ooevalley.jp/
住所:鳥取県八頭郡八頭町下野331

電話:0570-008-558
営業時間:10:00~17:00
休日:なし
宿泊料金:3,600~40,000円(税抜)

※写真提供:OOE VALLEY STAY/無断転載禁止

- 関連記事 -

上品な甘みと繊細な食感が素晴らしい「カニの女王」! 鳥取・島根旅行でははずせないグルメ。【境港のベニズワイガニ/鳥取県境港市】

その名の通り、鮮やかな紅色をした細身の優美なカニ。 鳥取県の境港(さかいみなと)が日本一の水揚げ量を誇っていて、鳥取県…

 

【白バラ牛乳/鳥取県琴浦町】あなたへ贈る「白の一滴、心の一滴」~酪農家の心を食卓へ~

「牛乳ってこんなに美味しくて自然な味なんだ!」 そう気づかせてくれる、酪農家が牛の食べる牧草づくりからこだわった、鳥取…

 

【企画展「柳宗理デザイン 美との対話」/島根県立美術館】戦後日本のプロダクトデザインを確立し、その発展に寄与した功労者の全貌に迫る展覧会。

日本を代表するプロダクト(製品)デザイナーとして知られる柳宗理(やなぎ・そうり)氏の、幅広いデザインワークスを網羅した…

 
page top