menu menu menu menu

2020年11月27日  -  

バンズもパティも島根産! とことん島根にこだわったヘルシー&デリシャスな未来形ハンバーガー。【三瓶バーガー/島根県大田市・出雲市】

島根産の新鮮な食材で作られた、こだわりの「ご当地ハンバーガー」!
島根の中央にそびえる国立公園・三瓶山(さんべさん)の麓で育てられた食材を中心に、こだわり抜いて作っています。
※出雲大社店は出雲産の食材も使用

三瓶店・出雲大社店・トーキョー下北沢店の3店舗あって、イートインとテイクアウトで食べられます。
パテ(ハンバーグ)やわさびマヨネーズなどの一部の商品は、通販でお取り寄せも可。

ハンバーガーのイメージをくつがえす、ヘルシーで特別なグルメ!

ジャンクフード、というイメージの強いファストフード。
特にハンバーガーは、その代表格かもしれません。

でも、この「三瓶(さんべ)バーガー」は違います!

島根産の新鮮な食材にこだわって手作りされた、じっくり味わえるご馳走。
国立公園・三瓶山の大自然の中で、歴史ある出雲大社の「神門通り」で、安心・安全なファストフードを提供しています。

島根産の新鮮な食材が中心だから、安心で安全。
調味料もシンプルにマヨネーズとケチャップだけで、食材そのものの味を楽しめるようにしている。

三瓶店は国立公園・三瓶山の自然いっぱいの森の中にある。
風光明媚で落ち着けるロケーションとウッディな建築の中で、島根のご当地ハンバーガーの味がさらに引き立つ。

出雲大社店は出雲大社の門前町・「神門通り」のただ中にある。
歴史ある景観の中に溶け込むやはりウッディな建築で、それでいてモダンなムード。

ひと口ほおばれば、島根産肉100%のパテの旨みがじんわり!
シャキシャキのレタス・トマト・玉ねぎなどの野菜もほぼ島根産で、とってもヘルシー。

美味しさの秘密は‟地産地消”! ほぼすべてが島根産というこだわり。

「三瓶バーガー」の特長は、とことん島根産の食材にこだわったヘルシーかつデリシャスな味です。
バンズ・パテ・野菜など、普通のハンガーガーで見慣れている具材がひと味もふた味も違うのです。
それらの美味しさの秘密を、代表の吉田真由美さんにうかがってみました。

●パテ(ハンバーグ)
島根産の牛肉と豚肉を、日本人の舌に合う配合の「合い挽き肉」にして、ひとつひとつ手作りしています。

最初は牛肉100%で試作してみたものの、ややパサついた食感になってしまったため、ジューシーな脂が多い豚肉をブレンド。
配合の比率は秘密ですが、何度も試作を重ねて誰もが「美味しい!」と感じるベストな割合に調整しています。
しかも牛肉・豚肉ともに塊肉で仕入れてミンチにしている、というこだわりようです。
※一般的に肉はミンチよりも塊肉の方が上質で、最初からミンチで仕入れるよりも、空気に触れる面と時間が少なくなって鮮度が落ちにくい

さらに高温の炭火で焼き上げて、余分な脂を落とした上で、旨みをギュッと閉じ込めています。

●バンズ(パン)
なだらかなフォルムが可愛い三瓶山をイメージした、オリジナルの「ゴマバンズ」です。
「理想のパテができたので、それに合うバンズを!」
と開発した、これまた100%島根産のバンズ。

パテが野趣あふれる味になったので、それに負けない風味と個性のある、塩とコショウのみで味付けした、少し硬めの食感のカンパーニュです。

『三瓶バーガー』は‟地産地消”がテーマなので、『三瓶バーガー』のふるさと・島根県大田市のパン屋さんに依頼。
グリラーで焦げ目がつくまで焼き上げているので、サクッとした食感と香ばしさが楽しめます。

●野菜
レタス・トマト・玉ねぎのほぼすべてが島根県!
特にレタスとトマトは、オープン以来ずっと同じ農家さんに作ってもらっているそうです。

すると単に美味しくて安全なだけでなく、『三瓶バーガー』により合う野菜を作ってもらえるようになったそう。
パテやバンズと組み合わせた時に、より美味しさが引き立つ特製の野菜なのです。

これらの野菜を作っている農家さん達は、「三瓶バーガー」の店内に写真が貼られています。
作る人の顔が見える、安心の食材です。
※時季により島根産が入手できない場合は、他県産も使用

エッグバーガーなどに入っている卵や、デザートメニューに使われているブルーベリーやイチゴも島根産!
メニューのすべてが新鮮で安心。
(トマトの生産者・川島文夫さん)

バンズの形のイメージになった三瓶山。
「三瓶バーガー」をテイクアウトして、三瓶山の全景がよく見える「西の原エリア」や「志学展望広場」、「室ノ内池」などで食べるのもおすすめ。
※写真は室ノ内池 / ゴミは持ち帰りましょう

お店ごとのスペシャル・ハンバーガーもあり! 旅行の楽しみが増える「ご当地グルメ」

そんなこだわりいっぱいの「三瓶バーガー」ですが、さらに魅力的なのは、お店ごとに限定のスペシャルメニューがあること。
立地ごとの旅情も楽しめて、どのお店に行っても違う美味しさに出会えます。

●わさびバーガー (三瓶店)

三瓶町産の大きめの「わさび漬け」を、オリジナルの「わさびマヨネーズ」であえて挟んだスパイシー&ヘルシーな一品!
ワサビのシャキシャキした食感が楽しく、辛みよりも旨みを強く感じられます。

この「わさびバーガー」に使っている「わさびマヨネーズ」は、健康に良いエゴマ油をブレンドしているのも自慢。
「わさびマヨネーズ」だけの瓶詰商品もあり、これまた三瓶店の人気商品です。

●出雲スペシャル (出雲大社店)

フレッシュなモッツァレラ・チーズと濃厚にとろけるプロボローネ・チーズのハーモニーが、出雲産トマトの酸味とベストマッチ!
チーズは東京の百貨店などで御用達の木次乳業(きすきにゅうぎょう)製で、味も香りも一級品です。

もちろん島根産肉100%のパテも健在で、お肉×チーズの濃厚な旨みをたっぷり味わえます。

●さんべバーガーのハンバーグ (全店で販売)

三瓶バーガー自慢のパテをお土産用にした、テイクアウト用のハンバーグ・ステーキです。(冷凍)
濃厚な味わいがうれしいデミグラスソース入りと、島根産肉100%の美味しさを堪能できるソースなし、の2種類があり。
お肉の成形からソース作りまで、スタッフがひとつひとつ心をこめて手作りしています。

これらの他にも定番の「三瓶バーガー」や、オリジナルの旨辛ソースとニンニクチップのピリ辛加減が刺激的な「KARAI奴(カライヤツ)」などが人気!
(全店共通メニュー)

旬の島根産食材をメインにひとつひとつ手作りしているので、季節によって少しずつ味わいが変わります。
ファストフードなのに旬を楽しめる、立派なご当地グルメです。

三瓶店は三瓶山でのレジャーの前に立ち寄って、朝ごはんや昼ごはん用にテイクアウトする人が多い。
便利でお手軽でファストなローフード。
ドッグカフェ形式なので、愛犬を連れての入店もできる。
(近くにドッグラン・ドッグバンガローなどもあり)

国立公園・三瓶山の壮大な自然や、歴史ある出雲大社の門前町の風景をながめながら味わえるのも魅力!
(三瓶山「西の原エリア」の風景)

『三瓶バーガー』誕生のストーリー。移住者だからわかった島根の食材の魅力!

『三瓶バーガー』の始まりは、現・三瓶店の魅力的な建物のテナント募集からでした。
かつて木工体験などを行っていたウッディな「三瓶こもれび館」で、その所有者の大田市が、飲食店を開いてくれる人を探していたのです。

それに応募して見事に採用されたのが、広島からIターンしてきた代表の吉田真由美さんと、そのご主人(現・出雲大社店店長)でした。

吉田さん夫妻は島根の野菜・肉・魚などが驚くほど新鮮で美味しいことに、かねてから感動していました。
「この素晴らしい島根の農産物を、全部一緒に食べられるメニューを作りたい!」
そんな想いで考え出したのが、誰もが知っている、なのに誰も知らないオリジナルの味も作れるハンバーガーだったのです。

三瓶店・出雲大社店 共通の人気メニュー「KARAI奴」

こうしてオープン以来、旅行者にも地元人にも愛されるようになった「三瓶バーガー」。
それにこめた想いを、吉田真由美さんはこう語ります。

「三瓶店の建物を見に来た時に、まわりの景色や道中の大自然に感動して、『ぜひこの風景の中で島根産食材の美味しさを堪能できるメニューを提供したい!』と思ったんです。
さらにテイクアウトできるハンバーガーにすることで、私たちが感動した三瓶山の風景の中で、レジャーと共に楽しんでいただけるようにしました。
三瓶山の素晴らしい自然や、出雲大社のお膝元の神門通りで、ぜひ島根産食材の美味しさを味わってみてください」

島根好きの吉田さん夫妻の想いがたっぷりこもった、その美味しさにも納得のハンバーガーです。

三瓶店のメニュー。
2004年のオープン以来、すっかり島根の「ご当地ハンバーガー」として定着!
地元にもファンが多く、もちろん島根旅行に来る旅人にも好評。

出雲大社店のメニュー。
ここでしか食べられない「出雲スペシャル」は、ぜひ注文してみたい。

また、2020年の8月に進出を果たした「トーキョー下北沢店」では、東京のゲストに合わせた新たなハンバーガーを企画中。
今後、季節限定バーガーなどの新作が登場する予定です。

なかなか島根に旅行できない人でも、「三瓶バーガー」と島根の食材の美味しさを味わえるようになります。
※時季により島根産の食材が入手できない場合は、他県産も使用

- DATA
SANBE BURGER (三瓶バーガー)

HPhttps://www.sanbe-bg.com/

【三瓶店】
住所:島根県大田市三瓶町多根1125-2

電話:0854-86-0200
営業時間
10:00~16:00 (平日・冬季(12月〜3月中旬))
10:00~17:00 (土・日・祝・GW・夏休み)
※2020年11月現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のために、土・日・祝日も16:00までに短縮中)
定休日:火曜 (冬季(12月~3月中旬)は火曜・水曜)
※祝日の場合は営業


【出雲大社店】
住所:島根県出雲市大社町杵築南772

電話:0853-27-9400
営業時間:11:00~17:00(L.O16:30)
休日:火曜・水曜・木曜
※祝日の場合は営業

※写真提供:三瓶バーガー/無断転載禁止

- 関連記事 -

まるで小人になったみたい! 4,000年前の巨木の森に時間旅行。【三瓶小豆原埋没林/島根県大田市】

島根のほぼ中央にそびえる「三瓶山(さんべさん)」の麓で発見された、縄文時代の杉の巨木の林。三瓶山の火山活動によって埋も…

 

上品な甘みと繊細な食感が素晴らしい「カニの女王」! 鳥取・島根旅行でははずせないグルメ。【境港のベニズワイガニ/鳥取県境港市】

その名の通り、鮮やかな紅色をした細身の優美なカニ。 鳥取県の境港(さかいみなと)が日本一の水揚げ量を誇っていて、鳥取県…

 

信号で止まらない道が100km続く「100ZERO」の町で、海と山を駆け抜ける爽快なサイクリングを!【益田サイクリング/島根県益田市】

スポーツの秋、サイクリングの秋! 島根の西部・益田市では、信号で止まらない道が100kmも続く絶好のロケーションが人気…

 
page top