2020年1月21日  -  観光施設 / 美術館・博物館

観光施設 / 美術館・博物館

【島根県立美術館/松江市】「日本の夕陽百選」に選ばれた、水の都・松江と調和する美しいアート・ミュージアム。

宍道湖の湖畔にそびえる山陰最大級の美術館。「水」をテーマとした絵画や美術品を幅広くコレクションしており、北斎・モネ・ゴーギャンなどの世界的なアーティストの作品も多数収蔵。
3月~9月は日没30分後に閉館するため、壮大な夕日を存分に眺められる。

宍道湖の水景と調和した、夕日のぬくもりに包まれる美術館。

その土地でしか見られない景色は、旅の大きな喜びのひとつです。
日本第7位の面積を誇る宍道湖に臨み、そこに沈む夕日の美しさでも有名な松江市は、そんな絶景を目当てに訪れる人々も絶えません。

その水の都・松江市の中でも最も有名な「夕日スポット」が、ここ『島根県立美術館』です。
宍道湖の湖畔にそびえる流水形の建築は、それ自体がまるで巨大な美術品のよう! 湖岸に沿って広がる美しいフォルムは、テーマに掲げる「水との調和」を体現しています。

2009年にミシュランが発行した旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で星1つを獲得!

美術館の内外から望む夕日は、誰もが時を忘れて見とれる絶景。

松江を訪れたなら必見! 恵まれたロケーションから宍道湖の夕日を堪能。

『島根県立美術館』は、その大きな魅力のひとつである宍道湖の夕日を心ゆくまで眺められるように、3月から9月にかけては日没後30分まで開館しています。

オールガラス張りのエントランス・ロビーの西側からは、寒い日でも暑い日でも快適に夕日を鑑賞できます。
さらに美術館の外、宍道湖沿いに広がる『岸公園』からも壮大なサンセットを楽しめます。

そして「県民に開かれた美術館」「芸術活動を育成する美術館」という方針どおり、これらのエリアはなんと入館料無料! 誰でも自由に立ち入ることができます。

「日本の夕陽百選」にも選ばれたのも納得の、感動の景色。流水を思わせるなめらかなフォルムの建築は、宍道湖の景色と調和しながら確かな存在を放っている。

『岸公園』の“芝生広場”の上には多くの野外彫刻が並ぶ。
《会話》 渡辺豊重 1998年

『岸公園』の芝生の上を可愛く飛び跳ねるうさぎ像は、全部で12体。願いをかければ叶う、と言われるラッキー・スポット!
《宍道湖うさぎ》 籔内佐斗司 1999年

充実のコレクション展とハイセンスな企画展で、気軽に楽しくアートを紹介。

『島根県立美術館』がオープンしたのは、1999年(平成11年)です。
以来、2019年に開館20周年を迎えるまで、「水」をテーマとした国内外の絵画をはじめ、版画・浮世絵・工芸・写真・彫刻などの多彩な美術品と、島根県ゆかりの芸術家の作品などを約6,700点あまりも収集してきました。

それら充実のコレクションを、一般観覧料300円(各種割引あり)というリーズナブルな「コレクション展」で代わる代わる公開。さらに折々に開催している企画展で、日本や海外の美術館の至宝もバラエティ豊かに紹介しています。

加えて一般にレンタルしている「ギャラリー展示」では、主に島根県内のアーティストや美術グループ、学生達の作品を展示。山陰における美術と芸術の発信源となっています。

《波》 ギュスターヴ・クールベ 1869年 島根県立美術館蔵

《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》 葛飾北斎 1831-33(天保2-4)年頃 島根県立美術館蔵(新庄コレクション)

著名な芸術家の作品も多数!

『島根県立美術館』の収蔵品の中でも品質・規模ともに世界有数と評されているのが、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の研究・蒐集(しゅうしゅう)家として知られる永田生慈(ながた・せいじ)氏の「北斎コレクション」です。
永田氏自らが数ヶ月かけてすべてを点検・確認した逸品の数々は、保存状態・色彩の鮮やかさともに非常に良好。多くの北斎愛好家たちを惹きつけています。

また、同じく江戸時代の著名な浮世絵師・歌川広重や歌川豊春の作品も収蔵し、ポール・ゴーギャン、クロード・モネ、ギュスターヴ・クールベといった、西洋絵画の巨匠達の作品もコレクション。
さらに洋画の岸田劉生(きしだ・りゅうせい)、日本画の伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)、川合玉堂(かわい・ぎょくどう)、橋本明治(はしもと・めいじ)といった、近代日本美術の名作も多数収蔵しています。

《水飼い場》 ポール・ゴーギャン 1886年 島根県立美術館蔵

《鵜飼》 河合玉堂 1950(昭和25)年 島根県立美術館蔵

今も続く山陰の窯元の源流が見られる!

また、歴史ある島根の窯元が手がけた見事な焼き物や、それらに通じる「用の美」を放つ工芸品の数々も必見です。
今も続く「楽山焼」や「布志名焼」の江戸時代の作品を始め、それら「民藝」の復興に大きな役割を果たしたバーナード・リーチ氏や河井寬次郎氏、浜田庄司氏の作品なども収蔵しており、その筋の通にはたまらない魅力です。

《布志名焼 色絵秋草図茶碗》 永原雲永(ながはら・うんえい) 江戸時代末期 島根県立美術館蔵

《楽山焼 色絵花卉人物文瓢形瓶》 明治末期-大正初期 島根県立美術館蔵

《白地草花絵扁壺》 河井寬次郎 1939(昭和14)年 島根県立美術館蔵

アートの美と景観の美に浸れる、ショップとリストランテ。

こうした見事なアートに酔いしれた後は、それらの図録やグッズを手に入れたり、ゆっくり感想を語り合ってみたいもの。
そうしたショッピングや滞在もできるスペースが、館内に充実しています。

■ミュージアムショップ(1階ロビー内)
随時開催している展覧会の図録や、美術関連の書籍、収蔵品のポストカード、オリジナルグッズなどを販売。
観覧券を買わなくても入れるので、旅のお土産探しにピッタリです。

【営業時間・定休日】
美術館の開館時間・営業日に準ずる

ミュージアムショップの人気商品「幸運うさぎ」。湖畔の 《宍道湖うさぎ》 に願掛けした後に、ぜひ手に入れたい。

■リストランテ ヴェッキオロッソ
宍道湖と松江の街並みを眺めながら過ごせる、贅沢なイタリアン・レストラン。
山陰の食材を中心としたイタリア料理とワインのほか、毎朝焙煎しているこだわりの有機フェアトレード・コーヒーも人気。
こちらも観覧券なしで入れるので、松江観光のランチやディナーにも最適です。

さらに1階ロビーの湖岸側に位置しているガラス張りの店内は、宍道湖の夕日鑑賞の特等席!
日没時間の少し後まで営業しているので、ゆったりと絶景を楽しめます。

【営業時間】
10月~3月 / 10:00~18:30 (ラストオーダー17:30)
4月~9月 / 10:00~20:00 (ラストオーダー19:00)
※コースメニューはランチ・ディナーとも要予約

【定休日】
美術館の休館日に準ずる

「リストランテ ヴェッキオロッソ」の外観。宍道湖の全景と夕日を望める絶好のロケーション!

「リストランテ ヴェッキオロッソ」の内観。美術館のリストランテにふさわしい落ち着いた佇まい。

旅のひとときを想い出深く彩ってくれる、素晴らしいアートと絶景の美術館。
松江に来たならぜひ足を運んでみたい名所です。

子どもがアートに親しめる「キッズライブラリー」もあり。

すべてが黄金色に染まるひとときは、この上ない想い出となる。

- DATA
島根県立美術館

HP:https://www.shimane-art-museum.jp/
住所:島根県松江市袖師町1-5

電話:0852-55-4700(代表)

開館時間:
[10月~2月] 10:00~18:30
[3月~9月] 10:00~日没後30分
※展示室への入場は閉館時刻の30分前まで

休館日:
火曜・年末年始
※ ただし企画展の開催日程等に併せて休館日を変更する場合があります。

料金:
企画展のみ 1,000円
企画展・コレクション展セット 1,150円
コレクション展のみ 300円
※いずれも一般料金(前売券・学生割引・身障者割引・団体割引などあり)

交通案内:
・JR松江駅から徒歩約15分
・JR松江駅から松江市営バス(南循環線内回り)6分→「県立美術館前」下車
・観光ループバス「レイクライン」→「県立美術館前」下車
・山陰道→松江西ランプ→車で約5分

駐車場:
・国道9号袖師交差点南進(駐車場より地下道をご利用下さい)
・3時間まで無料

※写真提供:島根県立美術館/無断転載禁止

- 関連記事 -

【企画展「柳宗理デザイン 美との対話」/島根県立美術館】戦後日本のプロダクトデザインを確立し、その発展に寄与した功労者の全貌に迫る展覧会。

日本を代表するプロダクト(製品)デザイナーとして知られる柳宗理(やなぎ・そうり)氏の、幅広いデザインワークスを網羅した…

 

【島根ワイナリー/出雲市】島根はブドウの名産地! その風土を生かして醸されるワインとは?

知られざる葡萄の名産地・島根県の中でも最大級の規模を誇るワイナリー。100%島根産ブドウで醸されたワインをメインに、島…

 

【かに小屋/松江市】冬限定のお楽しみ! 山陰名物の「松葉ガニ」と「紅ズワイガニ」を味わい尽くそう

毎年 冬限定でオープンする、山陰名物のカニを中心とした海鮮屋台小屋。 山陰名物の「松葉ガニ」や「紅ズワイガニ」を高コス…

 
page top