2019年8月11日  -  食・農業 /

食・農業 /

【高津川/益田市・津和野町・吉賀町】“清流日本一”に6回も輝いた、豊かな恵みをたたえた一級河川。

島根県の最西部を流れる、「ダムがない日本唯一の一級河川」。そのため鮎・ウナギ・モクズガニなどの生物が生き生きと息づいており、特に鮎は雑味のない極上の味わいと香りが評判。

昔懐かしいふるさとの風景を流れる日本一の清流。

「清流日本一」という言葉を聞いたことがありますか?
ここ『高津川(たかつがわ)』は、その「清流日本一」に過去6回も輝いた清流の中の清流。国土交通省の厳密な水質調査による、お墨付きの川なのです。

中国山地の奥地・吉賀町(よしかちょう)に立つ、樹齢1,000年を超える一本杉。その根元に湧き出る『大蛇ケ池(だいじゃがいけ)』を水源として、「ヤマタノオロチの魂が宿る」という池の伝説さながらに、全長81kmもの流れが山から里へ、里から日本海へと流れ落ちます。

そして日本海に至る頃には、河口に港(益田港)を抱えるほどの川幅に。
この流域面積1,090キロ平方メートルが育む自然の恵みは、地域の人々の自慢です。

「清流日本一」とは、全国14,062ヶ所の一級河川の中から、国土交通省が認定した“水質が最も良好な河川”のこと。高津川は過去何回もこれに選ばれており、清らかな水質と美しい景観を誇っている。

高津川の周囲には、昔懐かしいふるさとの風景と人々の営みが残っている。これもまた、「清流日本一」に選ばれた大きな理由。

清らかな水が育む極上の珍味たち。

『高津川』の自慢は、その優れた水質と美しい風景だけではありません。流域に大都市がなく、排水で川の水を汚す工場などもあまりない良好な環境から、その流れの中には今は希少となった生き物達が息づいています。

以下のような貴重な珍味は、食通や釣り人達の垂涎(すいぜん)の的!
高津川を知り尽くした『高津川漁業共同組合』(以下『高津川漁協』)の漁師達が、これらを販売しています。

■鮎(注文期間:6月~9月)

「清流日本一」で名高い高津川の天然鮎は、清流の石に付いた良質のコケを主食に育つため、特有の瑞々しい香りがとても強く、それでいて、自然で上品な旨味を持ちます。
高津川を代表する名物で、漁期には全国各地から釣り人が訪れます。

さらに、そんな清らかな鮎だからこそ楽しめる『うるか(はらわた)』は、酒の肴に大人気! 塩で3年以上漬け込んだ珍味で、はらわただけで作る『生地うるか』と、はらわたと身を混ぜ合わせた『身うるか』の2種類があります。

さらに『焼鮎(焼き干し)』・『鮎めしの素(香りの焼き鮎粉付)』・『鮎の甘露煮』・『鮎味噌』なども作っており、いずれも『高津川漁協』に電話・FAXで注文できます(HPを参照)。

また、流域の益田市や津和野町には、“天然鮎のフルコース”を食べさせてくれる料理店や旅館も多数。高津川の眺めとともに、希少なグルメを味わう旅もおすすめです。

シンプルかつ豪快な「焼き鮎」は、鮎の定番料理。

香り高い身を炊き込んだ「鮎めし」や、繊細で上品な「背ごし(刺身)」など、多彩な調理法で楽しめる。

高津川にはダムが無く、水の流れが妨げられないので良質な苔が育つ。その苔を食べて育った極上の鮎を求めて、漁のシーズンには全国各地から釣り人が押し寄せる。

■ウナギ(注文期間:6月~9月)

清らかな流れの中で育った天然ウナギは、適度な脂とプリプリとした食感が特長。ほどよく引き締まった身と、エグ味が全くない味わいは、天然物ならではの魅力です。

近年は漁獲量が減っているため、長期間の入荷待ちが必要となったり、注文しても発送してもらえない場合もあります。それでも注文してみたい逸品です。

■モクズガニ(注文期間:8月~9月)

清流で育つ淡水性のカニで、珍味で有名な「上海ガニ」の親戚です。ハサミに生えた毛が“藻屑(もくず)”に似ていることから、この名が付きました。

海のカニにはない濃厚な旨味を持ち、特にカニ味噌の味わいは絶品! 「清流日本一」の高津川で育ったモクズガニは、泥臭さを感じさせない澄んだ食味です。

モクズガニも鮎とともに全国有数の産地として知られており、鮮度抜群の“氷締め”で発送してもらえます。また、身をたっぷり練りこんだ『ツガニせんべい(ツガニ=モクズガニの別名)』も、お土産品として人気です。

■鴨島蛤(カモシマハマグリ)※通販はなし

高津川の河口付近で獲れる、天然の大ハマグリです。「清流日本一」の高津川と清らかな日本海の荒波が交わる、限られた海域でのみ獲れます。

森から川を通じて運ばれる、ミネラルたっぷりの汽水(きすい/淡水と海水が交じり合った水)で育った『鴨島蛤』は、9cm前後の大型となります。そのため旨味も歯ごたえも際立っており、貴重なグルメとして珍重されています。

年々漁獲高が減っている国産の本ハマグリですが、この『鴨島蛤』は、厳しい漁獲制限によって資源量と品質を保っています。

貴重な「高津川の恵み」を保護していくために。

このように、源流から本支流、そして海に至るまでが豊かな恵みにあふれた高津川。ですが、その恵みは『高津川漁協』と周囲に住まう人々の努力の賜物です。

鮎は中世から献上品に用いられるなど、長い歴史を誇っています。昭和11年には『高津川漁協』の元となる組織が発足し、最盛期には組合員が3,000人を超えるまでになりました。

高津川の鮎漁は毎年6月上旬に解禁され、9月末~10月上旬までが漁期となります。この「漁期」は資源保護の観点から、近年は前倒しされる傾向に。この自主規制が貴重な高津川の恵みを守り続けているのです。

と言うのも、近年の豪雨や台風などによって、高津川の漁獲高は平成20年頃から減り続けているのです。それにともない、『高津川漁協』の組合員も現在は約1,000人にまで減ってしまいました。

高津川の資源の減少は、乱獲ではなく、豪雨や台風などの自然災害の影響が大半。そのため『高津川漁協』では、「落ち鮎」と呼ばれる子持ち鮎の漁を控えたり、鮎の産卵場所を造ったり、「稚鮎(鮎の子ども)」を放流するなどして、一丸となって資源保護に努めています。

「清流日本一」の選定基準には、「人と河川の豊かなふれあいが確保されていること」「豊かな生態系が確保されていること」といった項目もある。高津川はいずれも満たしており、流域の人々と良好な関係を保っている。

古来より連綿と続く、高津川の恵みを次世代に。

鮎の主食は石に生える苔なので、それを育む川の汚れに真っ先に影響を受けます。高津川を苦しめた水害の予防や、復旧のための“河川工事”は川の存続に欠かせませんが、それさえも出来るだけ水が汚れない方法や、濁りが薄まる方法にできるように、『高津川漁協』と工事業者との間で協議を行っています。

さらに『高津川漁協』の組合員は、河原などの一斉清掃を行ったり、その他の環境保護活動なども行っています。

鮎は川の環境によって味や香りまでも変える、「川の申し子」――もちろんウナギやモクズガニも同様で、そのためこうした努力で川の恵みを守っているのです。

「鮎の宝庫」と呼ばれた豊かな高津川の恵みを次世代に――「清流日本一」に輝く川は、地域の人々に愛されながら未来へと続いていきます。

高津川の鮎は、全国各地の食通からも高い評価を得ている。地域が誇る清流の名物を、未来の人々へと受け渡す。

- DATA
高津川

HP:https://www.takatugawa.or.jp/
住所:島根県益田市神田町イ614(高津川漁業協同組合)


電話:0856-25-2911(同上)
営業時間:9:00~17:00(電話対応可能時間)※漁期中(6~9月)は6:30~18:15
休日:6月~9月は定休日なし。10月~5月は例外を除き土・日・祝日、年末年始休業

- 関連記事 -

【境港のベニズワイガニ/鳥取県境港市】上品な甘みと繊細な食感が素晴らしい「カニの女王」。

その名の通り、鮮やかな紅色をした細身で優美なカニ。鳥取県の境港(さかいみなと)が日本一の水揚げ量を誇っている。 ~ 目…

 

【白バラ牛乳/鳥取県琴浦町】あなたへ贈る「白の一滴、心の一滴」~酪農家の心を食卓へ~

「牛乳ってこんなに美味しくて自然な味なんだ!」 そう気づかせてくれる、酪農家が牛の食べる牧草づくりからこだわった、鳥取…

 

【サントリー奥大山の天然水/鳥取県日野郡】中国地方の最高峰と、それを取り巻くブナの森の恵みの結晶。

サントリー天然水の森『天然水の森 奥大山』 6分32秒 サントリー 中国地方の最高峰・大山(だいせん)の土壌にろ過され…

 
page top