menu menu menu menu

2024年2月10日  -  

玉作湯神社|恋が叶う!? 玉造温泉のパワースポット

玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ) 島根県松江市の玉造温泉は、1300年もの歴史を持つ日本最古の美肌温泉!

天平5年(733年)に編さんされた出雲国風土記には、「ひとたびすすげば形容端正(かたちきらきら)しく、再び浴すれば万の病ことごとに除こる」と記されています。

※「一度入浴すればお肌が若返るようになり、二度浴すればどんな病も治癒してしまう」という意味

そんな玉造温泉のパワースポットが、玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)

恋愛成就のご利益があると評判で、自分だけの御守りが作れる「願い石・叶い石」が人気です。

住所:松江市玉湯町玉造508
電話:0852-62-0006
参拝時間:自由
定休日:なし

【社務所の開所時間】
平日 9:00~12:00 / 13:00~17:00
土日祝 8:30~17:00

玉造温泉のパワースポット

玉作湯神社 ~玉造温泉を見守ってきた古社~

『玉作湯神社』が鎮座しているのは、玉造温泉の温泉街の奥。
出雲国風土記にも名が記されていて、玉造温泉と共に1300年以上の歴史を誇ります。

境内にある「願い石」こと真玉(まだま)は、「触れて祈れば願いが叶う」と言われるパワースポット!

特に恋愛祈願にご利益があると評判です。

願い石

「願い石」と「叶い石」でオリジナルの御守りを作ろう!

「願い石」は玉作湯神社の境内に古くから祀られている、直径60cmほどの自然石。

石を丸く加工することがまだ難しかった時代に、近くの山に突然現れたという不思議な石です。

そのため真玉(まだま)と呼ばれていて、下から御神水と呼ばれる湧き水がこんこんと流れ出ています。

叶い石

そして対となる「叶い石」は、社務所で授与していただける小さな天然石。
(御初穂料600円)

真玉

色や形はさまざまで、神様が選んでくださった石が手元に来るそうです。

この「叶い石」を「願い石」に触れ合わせて祈れば、願いが叶うと言われています。

「願い石」「叶い石」のお参りの作法

「願い石」への御祈願の手順は以下のとおりです。

①社務所で「叶い石」を授与していただく

社務所で「叶い石」を授与していただく

鳥居をくぐってすぐの社務所で「叶い石」を授与していただきます。
(御初穂料600円)

「叶い石」のほか、願い事を書く「願い札」と、お参り後に「叶い石」と「願い札」を入れる「御守り袋」がセットになっています。

「御守り袋」がセット

社務所が開所していない時間帯は、社務所の横のお社に「叶い石」が置いてあります。

【社務所の開所時間】
平日 9:00~12:00 / 13:00~17:00
土日祝 8:30~17:00
定休日:なし


②手水舎で手と口を清める

手水舎で手と口を清める

次に、石段を上がった右手にある手水舎で手と口を清めます。

まずはひしゃくに水をすくって、左右の手を交互に清めます。
その手のひらにひしゃくの水を受け、水を口に含んですすぎます。

最後にひしゃくを縦にして、残った水を柄に流して清めましょう。

③拝殿にお参りする

拝殿にお参りする

玉作湯神社の拝殿にお参りします。

神様へのごあいさつとお祈りを済ませてから、「願い石」にお参りしましょう。

④「叶い石」を御神水で清める

「叶い石」を御神水で清める

「願い石」は社殿の右すみ、社殿沿いに約10メートル進んだ奥にあります。

まずは「願い石」の下から流れ出る御神水で、「叶い石」を清めましょう。

⑤「願い石」に「叶い石」を触れ合わせて御祈願する

「願い石」に「叶い石」を触れ合わせて御祈願する

ついに御祈願!

清めた「叶い石」を「願い石」に触れ合わせて、願い事をお祈りします。

⑥願い事を「願い札」に書き、納入箱と「御守り袋」に納める

願い事を「願い札」に書き、納入箱と「御守り袋」に納める

社殿の正面に戻って、「願い札」に御祈願した願い事を書きます。

「願い札」は2枚の複写式になっているので、1枚を社殿の「納入箱」に、もう1枚を「叶い石」と一緒に御守り袋に納めましょう。

これで「願い石」と「叶い石」の御祈願は完了!
あなただけのオリジナルの御守りの完成です。

玉作湯神社の御祭神

玉作湯神社の御祭神とご由緒

玉作湯神社の御祭神は勾玉造りの神様・櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)と、温泉の神様・大名持命(おおなもちのみこと)、同じく温泉の神様の少彦名命(すくなひこなのみこと)です。

「玉造温泉」という地名のとおり、国内最大級の勾玉の産地で、かつ温泉が湧き出ていることに由来していると思われます。

勾玉造りの祖

櫛明玉命は三種の神器のひとつ「八坂瓊の勾玉(やさかにのまがたま)」を造られた神様で、勾玉造りの祖とも言われています。

そんな御祭神にあやかって、明治以降は天皇陛下のご即位の際に、玉造で作られためのうや碧玉(青めのう)の品々が献上されていました。

勾玉

また、玉作湯神社には韓国伊太氏社(からくにいたてのやしろ)が共にお祀りされています。

こちらの御祭神は山林の育成や産業繁栄などの神様・五十猛命(いたけるのみこと)です。

拝殿と本殿の造りも見事! 1300年以上の歴史を持つ玉作湯神社は、拝殿と本殿の造りも見事!

御朱印は社務所の受付時間内にいただけます。

玉作湯神社の祭事 ~例大祭・歳徳神祭~

毎年10月10日には、玉作湯神社の例大祭が催されます。

その前夜の10月9日から、2日間にわたってさまざまな行事がとり行われます。

例大祭と前夜祭 10月9日~10日

例大祭と前夜祭 10月9日~10日

<例大祭前夜祭> 10月9日
獅子舞:氏子の有志が獅子舞を踊って、区域の清祓行事を行なう

<例大祭> 10月10日
献湯の儀:玉造温泉の湯を御祭神にたてまつり、感謝の誠を捧げる
式包丁の儀:玉造温泉調理師会による「山蔭流式包丁の儀」にて調理した魚を神饌として献ずる

「式包丁の儀」は平安時代から伝わる伝統ある神事ですが、今も行なわれているのは西日本では数か所しかないそうです。

式包丁の儀 2023年10月の「式包丁の儀」(旅館「出雲・玉造温泉 白石家」 の落合料理長)。

こうした見事な技で、玉造温泉の宿の食事も作られています。

そしてお正月には、新年を祝うお祭りがあります。

歳徳神祭 1月3日

正月三日、氏子区域各町内会の歳徳神神輿が神社前広場に集合し、祝い唄に合わせ宮練り※を行なった後、各町内を練り歩く

※宮練り:神輿を担いで区域内を練り歩くこと

長い歴史を持つ玉作湯神社 長い歴史を持つ玉作湯神社は、玉造温泉の守り神さま。

玉造温泉・玉作湯神社という名前のとおり、近くの花仙山(かせんざん)では原石のめのう(青・赤・白など)が豊富に採れて、勾玉づくりの一大産地となりました。

特に青めのうはとても良質で、「出雲石」と呼ばれて珍重されました。

おしろい地蔵さま・宮橋(恋叶い橋)・湯閼伽の井戸

玉作湯神社のそばには恋と美のパワースポットがいくつもあります。
これらもぜひ訪ねてみましょう!

おしろい地蔵さま(清巌寺)

おしろい地蔵さま(清巌寺)

玉作湯神社の右隣に建つ「清巌寺(せいがんじ)」には、美肌のご利益で知られる「おしろい地蔵さま」が鎮座しています。

美と恋にまつわるさまざまな伝説があり、美肌祈願のお地蔵さまとして大人気!
そのいくつかをご紹介すると……

・お地蔵さまの顔にお団子の粉でお化粧をしてあげた女性がとても美しくなって、良縁に恵まれた
・肌荒れで困っていた女性がお地蔵さまにお団子の粉を塗ったら、顔のイボがとれてスベスベの美肌になった

これらの伝説から、お地蔵さまの顔に「おしろい」を塗って願えば美肌になれる、と言われています。

「おしろい地蔵さま」の詳しい記事はコチラ!→

宮橋(恋叶い橋)

宮橋(恋叶い橋)

玉作湯神社の前を流れる玉湯川には、色とりどりの鯉(恋)が泳いでいます。

その上には赤い「宮橋」がかかっていて、「この上で撮った写真に玉作湯神社の鳥居が写っていれば恋が叶う」という噂が!

別名「恋叶い橋」とも呼ばれていて、橋を渡りきれば素敵な相手とご縁ができる、とも言われています。

湯閼伽の井戸(恋来井戸)

湯閼伽の井戸(恋来井戸)

玉作湯神社から宮橋を渡った向こう岸にある、川のほとりの井戸。
温泉を守護する仏様(湯薬師)に供える水を汲んでいた、神聖な井戸です。

別名「恋来井戸」とも呼ばれていて、川ばたの東屋(あずまや)から川の鯉に「恋占いの素(エサ)」をやると、恋占いができます。

鯉が寄って来てくれれば吉! 意中の人との恋が叶うかも?
もしも鯉が寄ってこなかったら……残念ながら、その人とはご縁がないかもしれません。

気になる人がいればぜひ占ってみましょう!

華やかな温泉地 玉造温泉は旅館・ホテル・ゲストハウスなどの個性豊かな宿と、ハイセンスなショップが立ち並ぶ華やかな温泉地。

お好みの宿に泊まってゆったり温泉を楽しむのがおすすめ!

- DATA
玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)

HPhttps://www.kankou-matsue.jp/kankou/desc/?cat=%E5%AF%BA%E9%99%A2%E7%A5%9E%E7%A4%BE&spot=27774

住所:島根県松江市玉湯町玉造508

電話:0852-62-0006
参拝時間:自由
定休日:なし
アクセス:JR山陰本線「玉造温泉」駅よりタクシーで5分

取材協力・写真提供:玉造温泉旅館協同組合・公益社団法人 島根県観光連盟/無断転載禁止
ライター:風間梢(プロフィールはこちら

- 関連記事 -

マイナスイオンを存分に浴びる避暑旅行!  四季折々の風景が美しい”滝めぐり”のススメ。【龍頭が滝・八重滝・雲見の滝/島根県雲南市】

奥出雲の玄関口・雲南市にある、個性豊かな3つの滝。 “中国地方随一の名瀑”と呼ばれ、“日本の滝100選”に選ばれた『龍…

 

難攻不落の日本一の山城|月山富田城跡

標高190メートルの月山(がっさん)全体に築かれた、日本一の山城。 約1km四方にも及ぶ城郭は、戦国時代の数々の激戦に…

 

岩×海×空の絶景スポット! 1,600万年前の地層や化石と出会える歴史旅。【石見畳ヶ浦/島根県浜田市】

島根でも屈指の奇観を誇る、国の天然記念物! 広大な岩棚の上に波で浸食された奇岩や地層が広がり、地球のパワーと歴史を感じ…

 
page top