menu menu menu menu

2022年10月3日  -  

島根の真ん中の山で、ご来光を見ながら絶品の朝食を! 心洗われる非日常のひととき。【天空の朝ごはん/島根県大田市三瓶町】

「ピュア」なチーズ 島根のほぼ中央、国立公園・三瓶山(さんべさん)の頂上で開かれる「絶景+朝食ケータリング」のイベント!

360度の大パノラマと雲海たなびく下界を眺めながら、地産地消の朝ごはんを楽しめます。

ケータリングのお店は、島根県外からもファンが通い詰めるドイツパンとドイツ菓子の名店「ベッカライ コンディトライ ヒダカ」、島根の新鮮食材を大切にする「洋食屋FUKU」、多くの国際大会で金賞を獲得した本場イタリアのエスプレッソが自慢の「カフェ&パスタ ピッコリーノ」。

非日常の世界にひたれる、極上の癒し体験です。

大パノラマと雲海たなびく下界

早朝リフトの空の旅+絶品モーニング+ご来光ツアー! 別世界で味わう丁寧な朝食。

『天空の朝ごはん』とは、参加者貸切の早朝リフトで行く、朝食ケータリング+ご来光のツアーです。

日の出の1時間前に島根の国立公園・三瓶山の麓に集まって、まだ明けやらぬ暗闇の中、貸切シフトで山頂へGO!
約15分間の空の旅の間に、背後からだんだん日が昇ってきます。

日の出の1時間前

そしてリフトを降りたら、徒歩で約5分かけて会場の山頂へ。
スタッフが絶品の朝ごはんを準備して出迎えてくれます。

下界とは隔絶された別世界で、地産地消のモーニングを味わうひととき!
心身が生まれ変わるような気持ちで、世界が塗りかわるような体験ができます。

貸切リフトでラクラク登山 参加者限定の貸切リフトでラクラク登山。
静寂に満ちた山頂で美味しい朝ごはんを食べて、美しい朝日を眺めてから解散。

360度の大パノラマとご来光、そして地上にたなびく雲海は、ここでしか見られない特別な景色!

大平山 『天空の朝ごはん』の舞台は、三瓶山の6つある峰のうちの1つの「大平山(標高854m)」。

ほかにも標高1,126メートルの主峰「男三瓶山」などがあり、それらが「室ノ内」と呼ばれる直径約1.2kmの火口をぐるっと取り囲んでいる。

この壮大なカルデラ火山をぐるっと縦走したり、麓の名所を車やE-Bikeで巡って帰るのもおすすめ!

※三瓶山は登山の初心者でも登りやすい、豊かな自然と景色を楽しめる山ですが、準備と装備は万全に!
※6つの峰を巡る縦走コースは4~6時間かかるため、登山計画をしっかり立てた上で「登山届」を提出しましょう

さんべ縄文の森ミュージアム 下山後は、三瓶エリアの名所・レジャー・温泉などをぜひ楽しんで。

・縄文時代の巨大杉が見られる「さんべ縄文の森ミュージアム」(写真)
・三瓶エリアの名物や情報が集まる「山の駅さんべ
・三瓶山の麓で独自のワイン造りに挑む「石見ワイナリー
・全国的にも人気が高い秘湯がいっぱいの「三瓶山温泉郷

などがあって、さらに足を伸ばせば世界遺産の「石見銀山」や「温泉津温泉」もあり。

天空の朝ごはん

地産地消のヘルシーな「朝ごはん」を夜明けの山頂でいただく! 三瓶エリアの選りすぐりの名店が集結。 ~ 参加店とメニュー ~

「とにかく地元の大田市と、島根県産の食材にこだわっています」

と語るのは、「天空の朝ごはん」を主催する「国民宿舎さんべ荘」の温泉ソムリエアンバサダー・長尾純さん。

コーヒーだけはエスプレッソの本場・イタリア産ですが、その他の食材はほぼ地元産。
さらにそれらを調理・ケータリングしてくれるお店も、三瓶エリアの人気店ばかりです。

そんなとっても贅沢な『天空の朝ごはん』では、以下のようなメニューを食べられます。

【2022年6月27日のメニュー例】

【2022年6月27日のメニュー例】

●コーヒー (カフェ&パスタ ピッコリーノ)
国際大会で何度も金賞を受賞した本場イタリア産のエスプレッソ「SATURNO(サトルノ)コーヒー」を、三瓶の湧水でいれた極上の一杯。

●スープ (洋食屋FUKU)
島根県産のエビス南京と、芳香南瓜(ホウコウカボチャ)のポタージュ。

●パン (ベッカライ コンディトライ ヒダカ)
・甘夏パン / 大田市久利町産の甘夏をクリームチーズで焼きあげた、フルーティーなパン。
・ゴマパン / 黒ごまと白ごまのプチプチした食感が楽しいパン。
・三瓶高原食パン / 三瓶産の牛乳で仕込んだミルキーな食パン。
・北三瓶のブラッドオレンジ / ブラッドオレンジの皮の甘煮と、胡桃とホワイトチョコが入りのパン。
・出雲抹茶と丹羽黒豆 / 自家製酵母で焼き上げた生地の酸味と、具材の甘さのバランスが絶秒なパン。
・ひまわり種のライ麦100% / ドイツ人が大好きな定番のお食事パン。蜂蜜と合わせてどうぞ。
・ビワのパン / 大田市産のビワと甘夏の皮が入った、ほんのり甘いパン。⠀

●パンのトッピング
・ハチミツ / 季節の花々から集めた「宇谷養蜂場」のハチミツ(大田市長久町産)
・ブルーベリージャム / 大田市朝山町産のブルーベリーと甜菜糖、レモン果汁だけで炊きあげた「いわたに農園」のピュアな味。
・わさびマヨネーズ / 三瓶のご当地ハンバーガー「SANBE BUGER」のオリジナル・マヨネーズ。三瓶産の「わさびしょうゆ漬」入り。
・さんべの熟成ねぎ味噌 / 「山の駅さんべ」がプロデュースした、三瓶産の白ねぎ・大豆・米麹・唐辛子で醸した無添加のねぎ味噌。

ベッカライ コンディトライ ヒダカ パン担当の「ベッカライ コンディトライ ヒダカ」は、世界遺産「石見銀山」のふもとにある本格ドイツパンのお店。

本場ドイツの国家資格「製パンマイスター」と「製菓マイスター」を持つご夫婦が作るパンとお菓子は、遠方からもファンが通い詰めるほど大人気!

三瓶エリアの恵みをたっぷり詰めこんだパンは、本格的なドイツパンから食べやすいソフトなパンまで、実にバリエーション豊か。
隣には本格イタリアンジェラートのお店『アイスカフェ ヒダカ』(冬季は休業)もあって、確かな技術で丁寧に作られた食を味わえる。

洋食屋FUKU(フク) スープ担当の「洋食屋FUKU(フク)」は、島根県と大田市の食材、そして「手作り」にこだわる洋食屋さん。
熱意と愛情がたっぷりこもった地元産の食材を、美味しいスープにしてご提供。

三瓶の旬を映したスープは心と体に染み入る美味しさで、しっかり手作りした食の美味しさを実感させてくれる。

カフェ&パスタ ピッコリーノ コーヒー担当の「カフェ&パスタ ピッコリーノ」は、コーヒーと創作和洋パスタのお店。

イタリア産の極上エスプレッソ「SATURNO(サトルノ)コーヒー」が評判で、『天空の朝ごはん』では三瓶山の湧き水で抽出したホットを提供。

ここでしか飲めないこだわりの一杯で、早朝の少し肌寒い空気の中でいただくのが最高!

国民宿舎さんべ荘 「天空の朝ごはん」の主催&宿泊施設は、三瓶山の麓にある温泉宿「国民宿舎さんべ荘」。

効能たっぷりのにごり湯を16種類の露天風呂で楽しめて、毎分なんと3044.8リットルもの豊富な湯量は中国地方最大級!
全国的にも珍しい赤サビ色の「含鉄泉」で、体の芯から温まる。

※女性のお悩みに多い「肌荒れ」「冷え性」「貧血」「月経不順」などに効果的!

三瓶山の南麓にたたずむ自然豊かなロケーションと、壮大なマウントビューも人気。
温泉と併設レストランは日帰り利用もOKで、『天空の朝ごはん』前のお泊りや、登山やキャンプ、入浴などの休憩スポットにオススメ。

三瓶エリアの美しさ

三瓶エリアの‟美しさ”と‟美味しさ”に感動! それを楽しませてくれる地元の人々のきずな。

「毎日そこにある‟日の出”ですが、場所と時間を変えればこんなにも美しく感動的な景色になることを、ぜひ実感していただければと思います」

と、国民宿舎さんべ荘の長尾純さん。

「全国各地から様々な方が参加されますが、『天空の朝ごはん』が皆さんの地元の良さを見つめ直すきっかけになれれば幸いです。
季節による三瓶の大自然の変化、地産地消のメニュー、三瓶エリアの人々の協力体制など、すべてがSDGsなイベントだと思います」

日の出

そんな『天空の朝ごはん』の始まりは、世界遺産の石見銀山がある大田市大森町の山でした。

当初の主催は「ベッカライ コンディトライ ヒダカ」のご主人の日高晃作さんで、その素晴らしさに感動した長尾さんが、「三瓶山でもできないだろうか?」と思い立って日高さんに相談。

そして、まずは知り合いだけを招いて開催して、それが大好評だったため定期的なイベントになりました。

「うれしいことに地元の三瓶町や、かつて三瓶町に住んでいた方々のご参加も多いですね。さらに『こんなに素晴らしい景色がすぐそばにあったなんて知らなかった!』と喜んでくださいます。
そしてご参加してくださった方々の多くがご家族やお友達を連れて再度訪れたり、何度もリピートしてくださいます。ありがたいことにとても評判が良く、主催側も三瓶山と三瓶エリアのポテンシャルを実感しています」

地元食材による地産地消 とにかく地元食材による地産地消にこだわっていて、間接的にもたくさんの人々が関わっている。
そんなこだわりの朝食メニューと、ここでしか見られない景色が大好評!

天空の朝ごはん

「『天空の朝ごはん』は2022年の9月26日で70回目を迎えました。それ以外にもコーヒーのみのイベントやヨガを組み合わせたイベントなど、計100回近く開催しています」

と長尾さん。

「その間に三瓶エリアでは地震が起きたり、リフトの故障で1年近く山頂では開催できなかったりと、いろんな苦労がありました。普段も雨が降れば中止ですし、山頂に登れても曇りで景色がよく見えなかったりなど、とにかく自然に左右されるイベントです。
それでも参加者の方々は文句も言われずに『また来ます』と仰ってくださいます。とてもありがたいことですし、再び来られて良い景色に巡り会えると本当に喜んでくださいます。
お客様はお1人様やカップル、ご家族や小さなお子さん連れの方、ご年配の親御さんと来られる方など様々ですが、皆さん一様に感動してくださいます。未体験の方はぜひ一度ご参加して、三瓶山の壮大な夜明けと地産地消の美味しい朝ごはんをお楽しみください!」

全てが未経験かつ非日常

『天空の朝ごはん』の公式InstagramやFacebookにはたくさんの写真や動画がありますが、実際に目で見て五感で感じる景色は格別!

早朝の爽やかな空気やしんと静まり返った原初の地球のような雰囲気、日の出の1時間前からリフトに乗って、真っ暗な空がだんだん明けて世界が開けていくような感覚など、全てが未経験かつ非日常。

ぜひ実際に参加して、生まれ変わるような感覚を味わってみてください。

心尽くしの朝食 まるで別世界のような景色と、その中で味わう心尽くしの朝食。

三瓶山の大自然の中で、心がほどけていくような爽快な体験をどうぞ!

瀬戸山城跡 2022年の『天空の朝ごはん』は、月に3回×8か月=計24回開催。

さらにカレーを食べる『天空の朝カレー』も2回開催していて、近隣の飯南町や川本町などでも、別の主催による『天空の朝ごはん』を不定期に開催。

(飯南町の会場「瀬戸山城跡」)

天空の朝ごはん

- DATA
天空の朝ごはん

HPhttps://tenku-asagohan.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/tenkuasagohan/
Instagramhttps://www.instagram.com/tenku.asagohan/

お問い合わせ:0854-83-2011 (国民宿舎さんべ荘)
開催地:島根県大田市三瓶町志学1640-2 (三瓶観光リフト)

宿泊施設:島根県大田市三瓶町志学2072-1 (国民宿舎さんべ荘)


集合時間:日の出の1時間前
※季節や開催日によって変動します

開催日:不定期(2022年は1ヵ月に約3回/2023年度以降の開催頻度は未定)
※12月~3月末は三瓶観光リフトが休業のため不開催

料金:大人3,000円/小学生 2,000円/幼児 500円(2歳以下は無料)
※2022年の料金です/イベント内容によって変更あり

※写真提供:国民宿舎さんべ荘 他/無断転載禁止

- 関連記事 -

国立公園の大自然の中で、効能たっぷりのにごり湯を16種類の露天風呂で満喫! 【国民宿舎さんべ荘/島根県大田市】

国立公園「三瓶山(さんべさん)」のふもとにある、中国地方最大の湧出量を誇る温泉宿。 鉄分をたっぷり含んだ赤サビ色の濁り…

 

島根町野井の岩牡蠣は‟海のフレッシュミルク”! 一度食べたら忘れられない味にリピーターが続出。【永幸丸/島根県松江市】

元カナヅチの神奈川県民だった永見輝晃さんが、島根半島にある島根町野井(のい)の岩牡蠣の美味しさに魅せられて、Iターン漁…

 

お取り寄せで大人気! 島根の高級魚3種類のご当地缶詰。【どんちっち缶詰/島根県浜田市】

「どんちっち」とは、日本海の上質な魚が集まる島根県の「浜田漁港」でとれる、美味しいお魚のブランド。 「のどぐろ」「あじ…

 
page top