menu menu menu menu

2021年3月1日  -  

中国地方の最高峰・大山のふもとに広がる日本最大級のフラワーパーク! 春夏秋冬咲き乱れる花々にウットリ。【とっとり花回廊/鳥取県南部町】

花々の楽園 爽やかな高原に広がる、花々の楽園!
50ヘクタールもの広大な園内に、メインフラワーのユリをはじめ春夏秋冬、季節ごとの花々やハーブなどが咲き乱れています。

春はチューリップやポピー、初夏は約8万株ものユリやバラ、真夏はヒマワリ、秋はサルビアやコスモス、冬はパンジーなどで華やぐ園内は、見どころいっぱい!
真冬でも巨大なドーム型のガラス温室に、約1,000株のランが咲き誇ります。

‟伯耆(ほうき)富士”とも呼ばれる美しい大山(だいせん)を背景にした、素晴らしいランドビューも必見。
心を癒して明るくしてくれる花々に会いに出かけませんか?

春夏秋冬の花々が咲き誇る、ユリがメインのフラワーパーク。

人の心をいつでも明るくしてくれる花。
そんな美しく可憐な花々に、春夏秋冬いつでも会える場所があります。

それは鳥取県の大山のふもとにある、『とっとり花回廊』。

丘や森、野原といった自然な地形の中に、春夏秋冬 色とりどりの花が咲き乱れる楽園!
ファンタジックな「水上花壇」や「展望回廊」などもあって、気分は童話の主人公!?
夢のような非日常の休日を過ごせます。

熱帯・亜熱帯植物 冬でも巨大なドーム型のガラス温室の中に、ランやヤシの木などの熱帯・亜熱帯植物を展示。
花が少ないシーズンでも存分に楽しめる。
(冬~早春に開催される「らんまつり」)

メインスポットの「花の丘」 メインスポットの「花の丘」では、1万ヘクタールもの敷地の中に10万株もの花々が畑に咲き誇る。
癒しと安らぎに満ちた、自然の美しさと壮大さを感じられる場所。

安心して散策 オープンスペースと、それに近い広々とした温室でできているので、コロナ禍の中でも安心して散策できる。
インドア疲れした心身を、ゆったりくつろがせてみてはいかが?

「フラワーイルミネーション」 冬は中国地方トップクラスの規模の「フラワーイルミネーション」を開催!
神秘的でロマンチックなムードがカップルなどに大人気で、中でも「花の丘」から打ち上げられる花火と、キラキラ輝く園内バスでまわれる「フラワースタートレイン」が評判。
(毎年11月中旬~1月上旬頃に開催)

2019年に総合エンターテイメント部門9位を受賞! 『とっとり花回廊』の「フラワーイルミネーション」は、全国5,542名の夜景鑑賞士とイルミネーション鑑賞士の投票で決まる「イルミネーションアワード」で、2019年に総合エンターテイメント部門9位を受賞!
これは中国・四国地方のイベントではトップの成績。

さらにイルミネーションのデザインや取り付けは、なんとスタッフが自ら手掛けている。

ナチュラル&壮大な景色

ナチュラル&壮大な景色なのに散策は楽々! 美しい花々を気軽に満喫。

『とっとり花回廊』は、広大な敷地の中に見どころがいっぱい!
なのにバリアフリーを意識した造りで、園内の路はアップダウンがゆるやか。
お年寄りやお子さん、車椅子の方などでもゆったりまわれます。

全体をぐるりと一周できる「展望回廊」もほぼフラットで、これは『花回廊』という名前の由来にもなっています。乗ったまま周遊できる「フラワートレイン」もあります。(有料)

さらに“伯耆(ほうき/鳥取県西部の古い呼び名)富士”とも呼ばれる秀峰・大山を借景(しゃっけい/自然の風景を背景にすること)にしたランドビューも壮観!
国定公園にもなっている自然いっぱいの大山のふもとで、麗しい花々の美しさに浸れます。

そんな『とっとり花回廊』の中でも、特にオススメの見どころをご紹介しましょう。

●メインフラワーのユリ

メインフラワーのユリ

『花回廊』でもっとも多く見られる花で、一年を通じてたくさんの種類が咲き誇っています。
(最盛期は5月中旬~6月下旬)

さらに現在世界で確認されている、約半分の品種をラインナップ!
そして日本に自生する野生ユリ・15品種をすべて保有・展示している「国内唯一」の施設なので、ユリ好きさんなら必見です。

素朴な原種からゴージャスな品種、‟幻のユリ”と呼ばれる「ウケユリ」など、めくるめくユリの世界を楽しめます。

●世界に名だたる‟チューリップの名園”の姉妹園!

チューリップの名園

『とっとり花回廊』は、オランダにあるチューリップの名園・「キューケンホフ公園」の日本唯一の姉妹園です。

そのため園内の「キューケンホフコーナー(花の谷)」には、キューケンホフ公園の開園当時のデザイナーが、自らデザインを手がけたオランダ直輸入のチューリップがずらり!

春にもっとも美しくなる一角なので、春に訪れたならぜひ足を運んでみましょう。

●花が少なくなる冬でも楽しめる!

「アイスチューリップ」

冬でもドーム型の広いガラス温室などで、様々な花が見られます。
種類はランなどの熱帯・亜熱帯植物が中心で、東館では12月中旬~1月下旬にかけては珍しい「アイスチューリップ」が、2月下旬~3月中旬にかけては近年人気のクリスマスローズが見られます。
※展示場所は花やイベントごとに異なります

さらに夜間は華やかなイルミネーションで彩られるので、冬ならではの幻想的なムードに浸れます。

『とっとり花回廊』のある鳥取県南部町は雪が降ることもあって、雪景色×花の共演は夢のような美しさ!
冬しか見られない景色や花々に、ぜひ会いに出かけてみましょう。

アイスチューリップ アイスチューリップとは、特殊な冷蔵処理で開花時期を調整したチューリップ。
そのため真冬の12月中旬~1月下旬頃にひと足早く可憐な姿を楽しめる。

秋に園内を真っ赤に染めあげるサルビア 秋に園内を真っ赤に染めあげるサルビアや、色とりどりのコスモス、紅葉の名所・大山から流れ出したような錦秋も必見!
春夏秋冬、何度でも訪れたくなる。

花を学べる体験教室や、花を食べられるレストランもあり! 一日中遊び尽くそう。

『とっとり花回廊』は、ただ見て楽しむだけのスポットではありません。
花を使う体験教室や、花をあしらったメニューが食べられるレストランもあり。
せっかく来たなら、これらもぜひ行ってみましょう!

●花の教室「花*はなカレッジ」
押花・寄せ植え・フラワーアレンジメントなどを学べる「花の教室」です。
バラなどのゴージャスな花から、山野草などの素朴な植物まで、扱う植物はとっても多彩!

土日を中心に様々な教室を開催しているので、お好みに合わせて参加できます。
リピーターになって何度も参加する人もいて、花好きなら見逃せません。

※教室ごとに要予約
※新型コロナウィルスの感染拡大状況によって、受付を中止する場合あり

●レストラン花かいろう

「エディブルフラワー(食べられる花)」

「プチリゾート」がコンセプトの、非日常なレストラン。
明るくオシャレな雰囲気の一方で、地元・鳥取県と南部町の食材を使っていて、料理に使う水も大山から流れ出る伏流水というこだわりようです。

人気メニューは「エディブルフラワー(食べられる花)」をあしらった「花ちらし」。
鳥取名産のカニ(境港産)のほぐし身の上に、華やかな花々が飾られています。
※数量限定/GWやイルミネーション期間中などの繁忙期はお休み

このほかにも、大山で育てられている‟大地のハーブ鶏”の「唐揚げ定食」や、南部町産の‟恩田さくら和牛”を使った「とっとり和牛丼」など、ガッツリお腹を満たせるご当地グルメもあり!
広~い園内を散策して疲れても安心です。

‟大地のハーブ鶏”の「唐揚げ定食」 ‟大地のハーブ鶏”の「唐揚げ定食」。
お米はキレイな空気と水で育った地元の南部町産で、野菜なども地元食材からセレクト。大山は高原野菜の産地でもあって、味の濃さにビックリ!

‟恩田さくら和牛”の「とっとり和牛丼」 こちらも地元・南部町で育った‟恩田さくら和牛”の「とっとり和牛丼」。
同じく‟恩田さくら和牛”の「黒毛和牛カレー」や、‟大山豚”の「ロースカツ定食」「ソースカツ丼」など、ご当地グルメがいっぱい!

クリスマスローズ

真冬に華やぐ「クリスマスローズ展」。

『とっとり花回廊』では、「冬の貴婦人」とも呼ばれるクリスマスローズが、ちょうど最盛期を迎えています。
うつむき加減に咲く控えめな姿が上品な、人気の園芸品種。
八重咲やフチだけ色が付いている「ピコティ」など、なかなか見られない珍しい品種に出会えます。

●クリスマスローズ展
開催期間:毎年2月下旬頃

約200鉢を展示していて、うち約20種類は品種改良される前の原種。
さらにイベント会場の外の園内でも、約800株ものクリスマスローズを展示しています。

これだけのクリスマスローズを一度に見られるイベントは、日本ではとてもレア!
何から何まで、クリスマスローズ好きにはたまらないイベントです。

可憐な花々

さらに2月下旬~3月にかけても、冬や初春を彩る可憐な花々のイベントが目白押し。
春本番を待たずに花の楽園に出かけてみませんか?

●パンジー・ビオラ展
開催期間:2021年2月27日~3月28日

毎年恒例・国内トップクラスのイベントで、約500品種を展示!
全国の種苗メーカーの新品種や試験品種、全国の個人育種家によるオリジナル苗など、個性あふれる品種が大集合。

園内の「花の丘」でも、5万株のパンジーとビオラが咲き乱れます。
「日本にエールを送る」をテーマに、花で描かれた日本国旗は必見!

●らんまつり
開催期間:開催期間:2021年3月13日~3月31日

こちらも毎年恒例のイベントで、今年のメイン・イベントはラン型の打ち上げ花火!
色とりどりのランの花火が打ち上がるほか、大人気のコチョウランのトンネルや、ランの特設販売コーナーなどが楽しめます。

初夏に見ごろになるバラ園 初夏に見ごろになるバラ園。四季折々の花々に囲まれて癒しのひとときを過ごそう。

- DATA
とっとり花回廊

HPhttps://www.tottorihanakairou.or.jp/

住所:鳥取県西伯郡南部町鶴田110

電話:0859-48-3030
営業時間:ホームページを参照(季節・イベント期間によって変動)
入園料:ホームページを参照

※写真提供:一般財団法人 鳥取県観光事業団/無断転載禁止

- 関連記事 -

上品な甘みと繊細な食感が素晴らしい「カニの女王」! 鳥取・島根旅行でははずせないグルメ。【境港のベニズワイガニ/鳥取県境港市】

その名の通り、鮮やかな紅色をした細身の優美なカニ。 鳥取県の境港(さかいみなと)が日本一の水揚げ量を誇っていて、鳥取県…

 

豊かな島根の海が育んだ、至高のブランド蟹!【隠岐松葉ガニ/島根県 隠岐諸島】

島根県の「隠岐の島(おきのしま)近海だけでとれる、ブランド蟹。 隠岐の島の漁師だけに許された独特の漁法・「カニかご漁」…

 

【白バラ牛乳/鳥取県琴浦町】あなたへ贈る「白の一滴、心の一滴」~酪農家の心を食卓へ~

「牛乳ってこんなに美味しくて自然な味なんだ!」 そう気づかせてくれる、酪農家が牛の食べる牧草づくりからこだわった、鳥取…

 
page top