2019年9月21日  -  名所 / 史跡・遺跡

名所 / 史跡・遺跡

【津和野の町並み/津和野町】静謐(せいひつ)な時の流れの中にたたずむ、山陰の小京都。

白壁と赤瓦の町並みが美しい、情緒あふれる古都。静かな山あいの盆地に雅(みやび)な石畳の町がこつ然と現れる様は、まるで隠れ里のよう! 津和野藩の城下町として栄え、多くの文人・芸術家などを輩出して日本の近代化にも影響を与えた。

静かな気品を漂わせる、はんなりとした古都。

日本の各地に残る昔ながらの街並みは、その土地の人々が刻んできた歴史の証。そんな事実をより実感させてくれるのが、「山陰の小京都」と呼ばれているここ、津和野(つわの)です。

美しい白壁と石見地方(いわみちほう/島根県西部)独特の赤瓦が織り成すコントラストは、まさに絵に描いたような美観! 江戸時代の街並みや伝統行事が、今も脈々と受け継がれていて、まるでタイムスリップしたかのような感覚に浸れます。

さらに、町なかに巡らされた掘割(用水路)を泳ぐ鯉の群れや、日本五大稲荷のひとつ・『太皷谷稲成神社』に続く千本鳥居の階段、『津和野城址』から望む壮大な景色など、いくつもの美観が見られます。
オシャレなカフェや郷土料理のお店も多く、優雅な散策を楽しめます。

初夏は掘割に沿って植えられた約1千株もの花菖蒲が咲き誇り、より一層の風情が漂う(見ごろ:6月初旬~6月下旬)

幕末期に描かれた絵画そのままの光景や習俗が、今もそこかしこに残る(「津和野町 日本遺産センター」所蔵)。

JR津和野駅が「SLやまぐち号」の終着駅となっているため、萩や秋吉台ともに訪れる人が多い。島根県の最西部にあり、独自の文化を発展させてきた。

ほっこり、はんなり、大人の休日にピッタリな町。

雅(みやび)で美しい津和野の町には、深く長い歴史を物語る名所がたくさん。まずは代表的な次のスポットを巡って、その魅力に浸りましょう。

●本町/殿町通り(鯉の掘割)

「津和野といえばこの眺め!」と言うくらいに有名な、石畳の大通りです。江戸時代から続く商家や酒蔵が立ち並び、古民家を改装したハイセンスなカフェや、お土産物屋・お食事処なども多数。
散策や写真撮影に最適で、「津和野藩校 養老館」や、「津和野町 日本遺産センター」、「津和野カトリック教会」などの名所も多々あります。

気品あふれる白い漆喰(しっくい)の壁と、黒×白の格子が美しい海鼠壁(なまこかべ)とのコントラストは、はんなりとした風情を漂わせています。
道の端の掘割には色とりどりの鯉が泳いでおり、餌をやることもできます。
(鯉の餌100円/販売:津和野町公民館・沙羅の木)

アクセス / JR津和野駅から徒歩5分

●津和野町 日本遺産センター

津和野の名所や習俗などを描いた「津和野百景図」の複製を展示している資料館です。
また、それらに描かれたストーリーを映像・パネル展示などで解説。津和野の旅をより深く楽しむためのガイダンス・センターともなっています。

「四季」「自然」「歴史文化」「食」の4テーマでまとめられた絵画たちは、津和野の歴史を理解するための格好のガイド! 津和野藩の最後の藩主・亀井茲監(これみ)公の側仕えだった栗本格齋(くりもと・かくさい)が描いた風景で、それらは今もなお町中に息づいています。津和野観光のはじめに、ぜひ立ち寄ってみてください。

なお、この「津和野百景図」は「津和野今昔~百景図を歩く~」という名称で文化庁の認定する“日本遺産”となっています。

●津和野藩校 養老館

津和野藩の第8代藩主・亀井矩賢(のりかた)公が創設した、文武両道を説く藩校です。
現在残っているのは、「武術棟(槍術教場・剣術教場)」と「御書物蔵」の2棟で、それらが建っている敷地と共に島根県の“史跡”となっています。

津和野出身の文豪・森鷗外 をはじめ、近代日本哲学の祖・西周、日本の紡績業の父・山辺丈夫、日本の地質学の父・小藤文次郎などなど、あまたの偉人を輩出して日本の近代化に貢献しました。
「堀庭園」の主・堀氏を最盛期に導いた第15代・堀藤十郎も、この「津和野藩校 養老館」の出身です。

アクセス / JR津和野駅から徒歩10分
開館時間 / 9:00~17:00
入館料 / 100円(館内見学のみ)

※小学生未満・障がい者手帳と療育手帳の交付人およびその介護人は無料

●覚皇山 永明寺(かくおうざん ようめいじ)

室町時代から続く禅宗のお寺で、歴代 津和野藩主の菩提寺でもあります。初代津和野藩主・坂崎直盛公をはじめ、文豪・森鷗外 などの偉人たちの墓があり、故人を偲ぶ静謐(せいひつ)な空気に包まれています。

森閑とした参道と緑豊かな庭園は、せわしい日常を忘れさせてくれる。

巨大な萱葺き屋根の本堂は、安永8年(1779)に再建されたもので、庫裡(くり)・鐘楼(しゅうろう)などは安政6年(1859)に再建されたものです。永い歴史と見事な景観から、島根県の“有形文化財”に指定されています。

アクセス / JR津和野駅から徒歩15分
開館時間 / 9:00~16:00
休館日 / 不定休
拝観料 / 大人300円・中学生200円・小学生150円


●堀庭園

かつて津和野藩領内にあった「笹ヶ谷鉱山」をはじめ、島根・鳥取・山口・兵庫・九州などに数十ヶ所もの鉱山を有していた「中国の銅山王」・堀氏の庭園です。隆盛を極めた名家の威光を示して、妙(たえ)なる風情が漂っています。

江戸時代に作られた「主庭」をメインに、時代ごとの様式と景色の違いを4つの庭園群で楽しめます。それらと周囲の借景を含む約6.5ヘクタールが、国の“名勝”に指定されています。

庭園内の建物も、建築の見事さや個性が際立っており、当時の職人技や豪商の生活様式を伺わせてくれます。

アクセス / JR津和野駅から町営バス「長野」行きで約20分~バス停「堀庭園」下車
開館時間 / 9:00〜16:30
休館日 / 月曜(11月は無休/月曜日が祝日の場合はその翌日)
入場料 / 一般500円・中高生300円・小学生200円

※「旧畑迫病院」との共通入場料・団体割引(20名以上)あり



●太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)

“日本五大稲荷”のひとつに数えられている、商売繁盛・開運厄除の神様です。
津和野を見おろす高台に建っており、山の緑に鮮やかに浮かび上がる赤い社殿と鳥居は、津和野の景色にいっそうの風情を与えています。

「稲荷」ではなく「稲成」と書く理由は、この神社を創建した第7代津和野藩主・亀井矩貞(のりさだ)公による「願い事がよく叶うように」との想いによるもの。
かつては津和野藩主のみがお参りできる祈願所でしたが、明治の“版籍奉還”の後に、広く一般に開放されました。今ではそのご利益が知られるようになり、全国各地から参拝客が訪れます。

アクセス / 津和野駅から徒歩30分

赤い鳥居が無限に連なるかのような参道は、神秘的な雰囲気がたっぷり!

●津和野城址(つわのじょうし)

標高370mの山頂に築かれた、中世のお城の跡です。南北約3kmにも及ぶ丘のただ中にあり、かつてはその全てが要塞でした。

鎌倉時代の永仁3年(1295)から、約30年もかけて作られたと伝わっており、今も残る石垣は室町時代の末期に築かれたと言われています。日本の「山城」の特徴がよく出ていて、その質実剛健なたたずまいは優雅な津和野の町並みと好対照です。

「津和野城址」は、津和野の町並みを見渡せる展望スポットでもあります。山頂までは「津和野城跡観光リフト」で登るのがオススメですが、登山初心者の方でも簡単に登れる登山道もあります(本丸まで徒歩約40分)

ただし「兵庫県の『竹田城跡』 にも劣らない絶景!」と噂の雲海を見たい場合は、リフトの運行時間外の早朝が鑑観賞タイムなので、登山道から徒歩で登りましょう。
※徒歩・リフト利用ともに歩きやすい靴でお越しください
※雲海は天気・条件により見られる時と見られない時があります


アクセス / JR津和野駅からリフト乗り場まで徒歩40分~リフト5分~津和野城址(本丸)まで徒歩20分
リフト運行時間 / 9:00~16:30(下り便最終:16:20発)
リフト運休日 / 12月1日~2月末までの平日(土・日・祝は運行)
リフト料金 / 大人:700円(往復) 400円(片道)・小学生以下:500円(往復) 300円(片道)

※団体割引あり(20名以上)

また、「津和野城」の在りし日の姿をVRで再現したアプリ・「ストリートミュージアムR 」もあります。指定の地点に近づくと、精密に再現された「津和野城」の姿が見られるので、ぜひ試してみてください。

一面の雲海に包まれた早朝の光景。まさに“天空の城”の様相!

津和野には、ほかにも隠れキリシタンの悲哀を伝える「乙女峠マリア聖堂」、水彩画の巨匠・安野光雅氏の作品を展示した「安野光雅美術館」、文豪・森鷗外 の旧宅などなど、あまたの名所や観光スポットがある。
さらに郷土食の「うずめ飯」や、清流日本一の「高津川」で獲れた鮎など、個性豊かな料理を食べさせてくれる食事処も多数あるので、ぜひ泊りがけで訪れてみよう。

独自の文化を今に伝える津和野の“三大伝統行事”。

また、津和野には多くの伝統行事が残されています。中でも以下の“三大伝統行事”は、全国的にも珍しく貴重なもの。これらのお祭りの日に訪れるのもオススメです。

①津和野流鏑馬(やぶさめ)神事

駆け抜ける馬の上から矢を射って当てる、勇壮な神事です。
いかめしい武具を身にまとい、わずか50cm四方の木の的3つを次々と射抜いていきます。毎年 地元・津和野の射手と鎌倉の小笠原流の射手が技を競い合いますが、熟練の射手でも全ての的に当てるのは至難の技だそう。思わず手に汗握る迫力の神事です。

さらに会場の「鷲原八幡宮」は、桜の名所でもあります。ちょうど開花期に当たるので、素晴らしい技と美しい桜の競演も楽しめます。

開催日:4月第2日曜
会 場:鷲原八幡宮・鷲原公園


②祇園大祭鷺舞神事(ぎおんたいさい さぎまいしんじ)

「津和野といえば鷺舞」! と言われるほどに有名な神事です。
扇状に広がる真っ白な羽と、赤い袴(はかま)によって舞われる舞は、思わずうっとりしてしまうほどの美しさ。

天文11年(1542)に時の津和野城主・吉見正頼公が山口の祇園会から移し入れた神事で、本元は京都の「八坂神社祇園会」のものでした。これが京都から山口へ、山口から津和野へと伝えられて、今に残されています。

開催日:7月20日・27日
会 場:7月20日は町内11ヶ所 / 27日は町内9ヶ所


③殿町盆踊り大会(津和野踊り)

2017年に400周年を迎えた江戸時代から連綿と受け継がれている盆踊りです。元和3年(1617)に亀井政矩(まさのり)公が津和野藩主になって以来、今日までずっと津和野で踊られ続けてきました。

黒い頭巾をかぶって静かに密やかに舞う独特の踊りは、「まるで忍者みたい」とも言われます。それもそのはず、元は政矩公の父・茲矩(これのり)公が、敵の城を落とすために衣装や所作・音曲を考案した特別な踊りでした。

その踊りを敵城の城下で踊らせて、大流行した中に兵士を潜ませて、踊り好きの敵の城主が見物に出た隙に、城に兵士達をなだれこませて占領。見事なこの奇策の成功を祝って、茲矩公の嫡子・政矩公が津和野に入封して以降、毎年踊られるようになりました。

お盆の当日は、別の伝統行事である灯篭流しも行われ、町が一際にぎわいます。

開催日:8月15日
会 場:津和野殿町通り

※衣装の貸し出しあり(要予約:0856-72-2070(津和野公民館))

津和野は2つの「日本遺産」・「津和野今昔~百景図を歩く~」と、「神々や鬼たちが躍動する神話の世界 ~石見地域で伝承される神楽~」の認定にもなっており、独自の文化や習俗であふれている。
※「石見神楽」は複数ある構成地のひとつ

どことなく異国情緒を感じさせる赤瓦の町並みには、そこかしこに名所・旧跡が残っている。

このように、町並みを散策し、折々の行事に触れることで、歴史と文化を肌で感じることが出来る町です。都会の喧騒からしばし離れて、ゆったりと時を過ごしてみてください。

- DATA
津和野の町並み

HP:https://tsuwano-kanko.net/
住所:島根県鹿足郡津和野町後田イ71-2 (津和野町観光協会)

電話:0856-72-1771 (津和野町観光協会)
営業時間:9:00~17:00
休日:年中無休

※写真提供:津和野町観光協会/無断転載禁止

- 関連記事 -

【香木の森公園/邑智郡邑南町】オーガニック ガーデンを目指す、爽快な高原のハーブ園。

体や暮らしに有益なハーブに、美しく爽やかな庭園で親しめる。ハーブの苗やハーブグッズの販売・クラフト体験なども行っており…

 

【境港のベニズワイガニ/鳥取県境港市】上品な甘みと繊細な食感が素晴らしい「カニの女王」。

その名の通り、鮮やかな紅色をした細身で優美なカニ。鳥取県の境港(さかいみなと)が日本一の水揚げ量を誇っている。 ~ 目…

 

【白バラ牛乳/鳥取県琴浦町】あなたへ贈る「白の一滴、心の一滴」~酪農家の心を食卓へ~

「牛乳ってこんなに美味しくて自然な味なんだ!」 そう気づかせてくれる、酪農家が牛の食べる牧草づくりからこだわった、鳥取…

 
page top