2019年5月25日  -  テーマパーク /

テーマパーク /

【松江フォーゲルパーク/松江市】1年中、どんなお天気でも楽しめる花と鳥の楽園。

多種多様な花々や鳥たちと出会える全天候型のテーマパーク。何種類もの温室・レストラン・ショップなどがあって丸1日滞在しても飽きない。

オールシーズンいつでもカラフルな花々や鳥たちと出会える!

色とりどりの花々が咲き乱れ、無数の鳥たちが楽しそうに舞い踊る楽園――そんな誰もが訪れてみたいと思うスポットが、出雲の国の中心部・宍道湖(しんじこ)の北岸に広がっています。

『松江フォーゲルパーク』。
1万株以上もの花々が美を競いあい、たくさんの鳥たちが楽しそうに飛び交う、全天候型のテーマパークです。
32ヘクタールもの広大な丘の上に、花の温室と3つの鳥温室・バードショーが行われる広場・和洋レストラン・可愛いオリジナルグッズであふれたショップなどを配置。季節やお天気を気にすることなく、いつでも花や鳥とふれあえます。

さらに西には出雲大社や古代出雲歴史博物館、東には松江城と松江の中心部、宍道湖を挟んだ南側には、玉造温泉や八重垣神社などなど、島根観光のメインスポットへの交通も便利。旅のプランにも組み込みやすくなっています。

園内でたっぷり遊んでも、まだまだ旅を楽しめる!(パークの全景)

人懐こくて可愛い鳥たちと間近でふれあえる!

『松江フォーゲルパーク』の魅力は、なんと言っても約90種類もの鳥たちに出会えること。そして、各所でバラエティに富んだ鳥たちとふれあえることです。
“フクロウカフェ” などで人気のフクロウ22種類40羽をはじめ、大きなクチバシがキュートなオオハシなどのカラフルな熱帯の鳥たち、広大な池の上で優雅に泳ぐ水鳥たち、ヨチヨチ歩きで愛嬌を振りまいてくれるケープペンギンなどなど、多種多様な鳥たちが待っています。

また、鳥たちにエサを与えることができる “ふれあい体験” も人気。ちょこちょこ、スイスイと近寄ってきておねだりする姿は、癒し効果たっぷりです!
心やすらぐバードセラピーが体感できる空間です。

カラフルな熱帯鳥のオオハシ・エボシドリがたくさん。餌のカップを手に持つと腕や肩に飛び乗ってきて、息遣いや体温まで感じることができる。

至近距離で珍しい鳥たちとふれあえる!

『水鳥池』での “餌やり体験”。身近なカモ・アヒル・コクチョウなどの自然な姿を観察しよう。

賢くて芸達者なフクロウによるフクロウの飛行ショー。頭スレスレを滑空する大迫力のパフォーマンスに、拍手と歓声が上がる。

可愛いだけじゃない、凛々しさあふれるバードショー。

さらに動物の凛々しさを見せつけてくれるバードショーも、『松江フォーゲルパーク』の大きな魅力です。以下のような多彩なショーを開催しているので、ぜひ見学してみましょう。

●フクロウの飛行ショー(会場:センターハウス・フクロウショー会場)
 1日2回 / 11:00~ 15:00~

様々な種類のフクロウが、会場を所狭しと飛び回ります。ゲストの頭スレスレを、時には羽が触れるほどの近さで滑空するフクロウは、その意外な大きさも相まって大迫力!
フクロウの生態などの解説も必聴です。

もしもショーの時間を逃してしまっても、常設エリアの

●ふくろうハウス(フクロウの展示・ふれあい施設)

にて、様々なフクロウを手に乗せてふれあいや記念撮影ができます。飼育員による豆知識や面白ネタを聞くこともできます。

平日 1日2回 /  10:20~10:50 ・ 14:00~14:50
休日 1日2回 /  10:00~10:50 ・ 13:30~14:50

●バードショー(会場:芝生広場)
 1日1回 / 13:30~

爽快な大空の下で行われる、タカやハヤブサのショーです。
屋外ならではのダイナミックな飛び方が見所で、時には「このまま遠くに飛んで行ってしまうんじゃないの!?」とハラハラさせられることも。サプライズ演出もあり、ギッシリ充実した大満足のショーです。
※雨天時は屋内(トロピカルエイピアリー(熱帯鳥温室))で開催

●ペンギンのお散歩(会場:トロピカルエイビアリー(熱帯鳥温室))
 1日2回 / 10:30~ 14:00~

人によく馴れたペンギンたちが、お尻をフリフリしながら可愛らしく行進します。サンタクロースや浴衣・ハロウィンなどなど季節ごとの、飼育員手作りの衣装も見どころ。一緒にお散歩や、記念撮影することもできます。

●わくわくふれあい広場(会場: トロピカルエイビアリー(熱帯鳥温室))
 1日1回(土日祝のみ) / 14:15~14:45

土日祝限定のイベントで、ペンギン・コールダック・ウサギなどの膝乗せ体験ができます。他にも「おみくじインコ」のひよちゃんや、オシドリも登場します。

●フォーゲル牧場(常設)
“飛べない鳥” として有名なエミューや、ヒツジ・ヤギなどの大人しく人懐っこい動物たちとふれあえます。
※体験内容や登場する鳥は、鳥の体調などにより変更になる場合があります。

色とりどりの熱帯の花々に見入る。

『松江フォーゲルパーク』のもう一方の主役である、1万株を超える花々も見逃せません。
ベゴニア・フクシア・ゼラニウムなどを中心とした花々と観葉植物は、1年中いつ訪れても華やかな彩りを見せてくれます。

そしてただ観賞するだけに留まらず、やはり忘れられない「体験」も可能。
パーク内の名所となっている『幸せの椅子』と『幸せのハート』は、絶好のインスタ映えスポット。大切な人や友達や家族と一緒に、ぜひ記念写真を撮っておきましょう。

そして気に入った花があったなら、お土産として購入することもできます。入り口ゲート近くのショップ

●花売店

では、以下のような花を購入できます。

・ストレプトカーパス

スミレに似たポップでキュートな花々を次々に咲かせます。並べると壮観なので、多数まとめ買いするゲストや、リピート購入するゲストが多いそうです。

・球根ベゴニア

大輪のゴージャスな花を咲かせ、松江フォーゲルパークのシンボルでもあります。花弁の形や並びが端正なローズフォーム、波打つ花弁がフリルのように華やかなラッフルドフォームなど多くの種類があります。さらに独自の交配を重ねて厳選したオリジナルの品種を販売しているため、まさに「ここでしか買えない」お土産です!

・トラディスカンチア

透明感のある葉が美しい、育てやすく増やしやすい観葉植物。長く伸びる茎を垂れ下がらせて、吊鉢仕立てにするとより美しく楽しめます。

『センターハウス』で咲き誇る球根ベゴニア。バラのようなゴージャスさが気に入ったらぜひお土産に買って帰りましょう。

鳥たちとの想い出も持ち帰られる!? キュートなぬいぐるみやグッズを販売。

「花は購入することができるけど、鳥はさすがに連れて帰られないでしょう?」
「可愛い鳥たちとお別れするのが寂しい・・・」

といった鳥ラバーたちにも、格好のお土産があります。
『花売店』の向かいにある

●フクロウ売店

では、可愛い鳥たちをかたどったぬいぐるみやグッズを豊富に用意。
“ふれあい体験” で大人気の可愛いオオハシのぬいぐるみや、様々な小鳥たちの顔をデザインした缶バッジ、『松江フォーゲルパーク』のマスコットキャラクター『パッくん』がプリントされたオリジナルの『パッくんクッキー』などなど、多数の人気商品があります。
お気に入りの鳥たちのグッズを、ぜひ連れて帰ってあげましょう。

和洋レストランとバリアフリー設計でゆったりのんびり長時間滞在。

「これだけ盛りだくさんなテーマパークなら、ここだけで丸1日過ごしたい!」
と思うゲストも多いかもしれません。
そんな時は、昔ながらの出雲蕎麦が味わえる『そば亭不昧庵(ふまいあん)』と、『レストラン フローラ』を活用しましょう。

さらにパーク内は、1ヶ所のみの階段を除いてバリアフリー設計。その階段も、車椅子・手押し車・ベビーカー等の方は車で送迎してもらえます。小さなお子様やお年寄りと一緒でも楽しめるので、安心して家族で訪れましょう。

『松江フォーゲルパーク』は、花と鳥に満たされた美しいロケーションだけでなく、あらゆる世代の人々が楽しめる気遣いも秀逸。
暑い夏でも、寒い冬でも、お天気の悪い日でも満喫できるので、出雲旅行のコースにぜひ組み入れてみましょう。

1年中咲き誇る花の下で、軽食や喫茶メニューを味わえる『レストラン フローラ』。平日は軽食とカフェメニュー、3月中旬~11月の土日祝は約30種類の和洋中+ソフトドリンクの “華花バイキング” が味わえる。

営業時間内ならいつでも食べられる『松江フォーゲルパーク』名物の “ベゴニアソフトクリーム”。人気の花・ベゴニアの色と香りをイメージしたここだけの限定フレーバー。

『そば亭不昧庵』。松江藩7代目藩主で茶道 “不昧流” の祖としても知られる松平不昧公が、奥出雲を訪れた際に当地の有力者・櫻井家で振舞われたという蕎麦膳を再現した出雲そばを提供。

つなぎを一切使わずに水だけでこねた十割蕎麦が自慢。甘皮の粒々が入った粗挽きの蕎麦を濃い目のツユで頂く。

順路の始めにある『くにびき展望台』からはパークの全体や宍道湖を一望できる。絶景を眺めながら後の旅の計画を立てるのも一興!

- DATA
松江フォーゲルパーク

HP:https://www.ichibata.co.jp/vogelpark/
住所:島根県松江市大垣町52

電話:0852-88-9800

<営業時間>
9:00~17:30 (4月~9月)
9:00~17:00 (10月~3月)
※最終入園は45分前まで

<入園料>
大人(高校生以上) : 1,500円
小・中学生 : 750円
幼児(小学生未満) : 無料

<年間パスポート>
大人(高校生以上) : 4,000円
小・中学生 : 2,000円

- 関連記事 -

【境港のベニズワイガニ/鳥取県境港市】上品な甘みと繊細な食感が素晴らしい「カニの女王」。

その名の通り、鮮やかな紅色をした細身で優美なカニ。鳥取県の境港(さかいみなと)が日本一の水揚げ量を誇っている。 ~ 目…

 

【白バラ牛乳/鳥取県琴浦町】あなたへ贈る「白の一滴、心の一滴」~酪農家の心を食卓へ~

「牛乳ってこんなに美味しくて自然な味なんだ!」 そう気づかせてくれる、酪農家が牛の食べる牧草づくりからこだわった、鳥取…

 

【サントリー奥大山の天然水/鳥取県日野郡】中国地方の最高峰と、それを取り巻くブナの森の恵みの結晶。

サントリー天然水の森『天然水の森 奥大山』 6分32秒 サントリー 中国地方の最高峰・大山(だいせん)の土壌にろ過され…

 
page top